顎関節症について | 東灘区 天上川接骨院 院長の何気ないブログ

東灘区 天上川接骨院 院長の何気ないブログ

読者登録・コメント・アメンバー申請 大歓迎です。
クレーム等の迷惑コメントは受け付けておりません。

昨日は家族で関テレのアナウンサー体験に行ってきた どうも~院長の池尻です。(親ばか)将来はアナウンサーか~♪

患者さんから「顎関節症」について質問があったのでアップしておきます。

 顎関節症は「口を開けるとゴリゴリ音がする」「口を開けると痛い」「口が開けにくい」等を訴えます。軽いものは自然に治ることもありますが再発を繰り返す人がほとんどです。

顎関節症の原因は、あごの関節がずれてしまい関節内の軟骨がずれてしまったり、軟骨本来の働き(クッションの役割)ができずに関節がこすれて音が鳴り、炎症を起こしてしまいます。 

では、なぜそのような事が起こってしまうのでしょうか?
噛み合わせの悪さ」「歯を食いしばり」「物を食べるときどちらか一方で噛む癖」などがあります。 歯並びが悪くてかみ合わせが悪くてもあごに負担がかかります。人間はストレスを感じると知らずに歯を食いしばっています。また、いつもどちらか一方の歯で噛むことや、いつも同じ姿勢でいたりと、日常的に知らずによくやるクセや動作が顎関節症を引き起こします。

あごの周りの筋肉は首や肩とつながっていますので、あごに負担がかかるということは、あごはもちろん首から肩までの筋肉にも負担がかかるということになります。これにより頭痛や肩こりも起きることも… 。 そうなるとあごが痛いだけではなく、身体全体の不調にもつながっていきます。

改善方法:
以前は、歯列矯正で歯並びをかえていたりしてましたが、あまり効果がない事がわかってきて、今現在はマウスピースを使うことを勧めています。しかし、それも歯科によってマウスピースの形状・厚みはまちまち。よって、歯に合えば効果がありますが、合わなければ逆効果になることも…
当院では、関節のズレの矯正及び自分でできるマッサージ法・ストレッチ方法の指導及び生活指導を行っておりますので、顎関節症でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

顎関節症にも有効、肩こりの解消(ストレッチ法)よかったら参考にしてみてください。