世界最多出品酒数を誇る世界一美味しい市販日本酒を決める品評会「SAKE COMPETITION 2019」の表彰式が先日6/10(月)ザ・ペニンシュラン東京にて開催され、当社の「天上夢幻 大吟醸 山田錦」が「吟醸部門」おいて第1位を獲得いたしました!!!

蔵人一同喜びと驚きで感極まる思いです。当社社長が常々語っている理念として「地元に誇れる地酒、地元の方が胸を張って他県の方に渡せる地酒を目指す」この思いを最高の結果で実現することができ、これからも、地元宮城県や生まれ育った加美町に貢献できる喜びを噛みしめております。また、今までずっとご愛飲頂き天上夢幻を応援してくださった全国の皆様、そしてこれから初めて天上夢幻を口にする皆様、全てのお客様に期待を越える日本酒をお届けできるよう精進して参ります。皆様今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

~SAKE COMPETITIONとは~

SAKE COMPETITIONは、「ブランドによらず消費者が本当に美味しい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとに、2012年から始まりました。そのため、審査対象は市販日本酒のみとなっており、審査方法は、完全に銘柄を隠し、日本酒の酒質のみで競うことに徹底しています。ブランドや銘柄に左右されることなく、どんなブランドでも1位をとるチャンスがある品評会となっています。

2019年は、「純米酒部門」、「純米吟醸部門」、「純米大吟醸部門」、「吟醸部門」、「Super Premium部門」、「スパークリング部門」、「海外出品酒部門」の計7部門に昨年を大幅に上回る1919点が出品。審査は、浅草の東京都立産業貿易センター台東館にて、5月14日(火)に予審会、5月16日(木)に決審会が行われ、6月10日(月) ザ・ペニンシュラン東京にて最終結果の発表及び表彰式が行われました。https://sakecompetition.com/index.html