グレンチェックのジャケット | 天神山メンズスタイル
新型コロナウイルスに関する情報について

天神山メンズスタイル

天神山は、手抜きをしない本物の洋服を作り続けて40年、長く愛着を持ってお付き合いできる、時代に左右されない洗練された普遍のモデル、こだわりの正統派スタイルを提案し続けています。京浜急行青物横丁駅より徒歩2分、赤煉瓦の建物です。

今回は、私自身が今シーズンの1着として選んだウーステッド素材の「グレンチャック」のジャケットを着ての登場です。

 

先週のスタートは極寒で、週半ば過ぎから5月並みのポカポカ陽気で22日の日曜日には東京で“ソメイヨシノ”も満開となり、季節が一気に春へと進むかと思ったら、今週のスタートはまた寒の戻りで北風が身に凍みて、私の服装も「180‘sウーステッド」「ソフトツイード」に戻してと、目まぐるしく変わる気温差に着るものに悩みつつも、来週は4月に突入するので春らしい装いへと一気に進んで行きたいと思っています。

 

このジャケットは、私自身が近年意識して“セパレート・スタイル”のアイテムを増やしている中で、暑がりで異常な汗かきの私の春夏シーズンは5月過ぎからはノーネクタイ通勤も始めてしまうし、ウール素材のスーツを着れなくなると言うことで、6年前に「アイリッシュリネン」のスーツ、3年前に新モデルを試すために「150‘sストライプ」のスリーピースを作った以外は、毎シーズン意識してジャケット&スラックスを増やし続けていて、素材は「三者混」「ウール&リネン」などのサマーツイードや、リネン100%が多く、4月からの春の陽気には良いのですが、3月には早すぎると感じていた中で、今回のウーステッド素材の「グレンチェック」に出会い、まだ寒さの残る春一番の3月に着ることが出来ました。

 

今回のコーディネイトは、白抜きストライプのセミワイドカラーシャツに、“天神山オリジナル”で別注した2色使いストライプのレップタイを締めて、ペーズリーのポケットチーフをスクエアーに飾り、サージのスラックスを合わせ、靴は“天神山オリジナル”で15足目を作ってしまった中茶のスムースレザーの「アンティーク」モデルで決まりですね。

 

今まで16年間「CRCS」(カラチェニ)モデルを一部修正しながら作ってきましたが、その間、全てのモデルを試しながら、3年前から加わった「NCRC」(オールドカラチェニ)を試し始め、私の癖のある体型に一番合ったモデルにやっと出合え、更には腰のバルカポケット(舟底型)も復活して、ナット釦や水牛釦、蝶貝釦、裏地の種類も増えて、作りたい気持ちが納まらない状態が続いています。

 

世界では新型コロナウイルスの感染が拡大し続けていて、終わりの見えない自粛が続き、なんとなく暗いムードが蔓延していますが、都会から外れた青物横丁は普段と変わらず、静かな住宅街の中で爽やかな空気に包まれた煉瓦造りの“TENJINYAMA”では、2020年春夏“オーダーフェア”を開催していますので、気晴らし兼ねて是非この機会にお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

<新店舗のご案内>

※一昨年9月に12年間過ごした銀座より品川へ移転しましたのでご案内させていただきます。

 

新店舗住所:〒140-0004 東京都品川区南品川 5-8-21 

電話番号&FAX:03-6228-7321 *今までと同じで変更ありません

定休日:日曜、祝日 *今までと同じで変更ありません

営業時間:10:00~18:30

※相変わらず私1人ですので、ご来店日時をご連絡いただけると助かります。

 

3月29日(日)、4月5日(日)、12日(日)、19日(日)、26日(日)、29日(水、祝)をお休みさせていただきます。

 

 

※最寄駅は京急青物横丁より徒歩3分、JR大井町より徒歩10分です。

 京急青物横丁駅からは、改札出て大井町方面の歩道橋を渡り、左階段を降りて、20mで最初の曲がり角右折、突き当り左折、少し進み右手角に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 JR大井町駅からは、横浜からは一番前、東京からは一番後ろの車両に乗り、東出口改札を出て左に20mほど進み、左折してすずらん通りを抜け、ゼームス坂を下り、右手の高級マンションを越えたところ右折し遊歩道を進み階段を降りて、右手に坂を下って突き当り左折、突き当り左折で少し進んで赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

※建物脇に駐車場もございます。

お車でのお越しは、横浜方面から青物横丁交差点を越え、角のりそな銀行脇の道左折、突き当り左折、直進してまもなく右手に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

 

弊店“TENJINYAMA”のHPが一昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。

アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/

今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。