ウインドウペインのジャケット 2回目 | 天神山メンズスタイル

天神山メンズスタイル

天神山は、手抜きをしない本物の洋服を作り続けて40年、長く愛着を持ってお付き合いできる、時代に左右されない洗練された普遍のモデル、こだわりの正統派スタイルを提案し続けています。京浜急行青物横丁駅より徒歩2分、赤煉瓦の建物です。

※不在のお知らせ

明日12月13日(金)の昼過ぎまで不在となります。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

今回は、珍しい混紡の上質素材「カシミア&リネン」「ウインドウペイン」柄で作製したジャケットの紹介です。

 

秋を飛ばしていきなり1月初旬の寒さが続いていましたが、一昨日から日中の気温が15度前後まで上昇し11月の陽気へと逆戻りして、「オーバーコート」にカシミアマフラー&手袋の防寒スタイルも一休みで、朝晩は「シルクの大判マフラー」が活躍してと、暑がりで寒がりな私には一番心地よい季節で、クリスマスぐらいまでは続いてくれることを願っているところです。

 

このジャケットをお借りした方は、昨年の7月に「サージのスーツ」でも協力していただいていて、その時にも書いていますが、イタリア製“Brioni”社など「ハンドメイド製品」を数多くお持ちになられている中で、弊店で3年前まで扱っていた拘りの「ハンドメイド仕様」で試していただきながら、だいぶ揃ってきてちょっと作るのをお休みしていたのを昨年のスーツで復活していただき、今回はカジュアル・シーンに最適な素材&柄で加えていただくことになりました。

 

この素材は、イタリアを代表する世界最高峰の生地メーカー“Ermenegildo Zegna”社の、ちょっと軽めのカシミア80%&リネン20%混紡の「ウインドウペイン」柄で、“ゼニア”ならではの素材の特殊な組み合わせと絶妙な配色は、春先まで長い期間コーディネイトを楽しめ気分を高めてくれる優れものの素材ではないでしょうか。

 

モデルは、この方が以前より愛用されている「RESZ」(ローマンイングリッシュ)を使い、シングル3ツ釦段返り、最近復活したバルカ仕様(舟底型)のスラント・チェンジポケットを付けてサイドベンツにして、総片返しのステッチを施し、釦ホールは拘りの「ハンドメイド仕様」にしています。

 

今回のコーディネイトは、白抜きストライプのワイドカラーシャツに、新着“Petronius”のソリッドのウールニット・タイを締めて、ウール&シルクのポケットチーフをスクエアーに飾り、グレーフランネルのスラックスを合わせ、靴は“天神山オリジナル”で作製した中茶のU+ウイング飾りで決まりですね。

 

この生地は10月初めに紹介させていただいた、弊社親会社(生地商)の在庫の中から見つけた“デットストック生地”で、更に追加でスーパー160‘sの4プライのサージや、“LOVAT”社のツイードなど、“お値打ち価格”の限定素材を店頭在庫限りで増やしていますので、ご覧になられてはと思っています。

 

 

 

 

 

<新店舗のご案内>

※昨年9月に12年間過ごした銀座より品川へ移転しましたのでご案内させていただきます。

 

新店舗住所:〒140-0004 東京都品川区南品川 5-8-21 

電話番号&FAX:03-6228-7321 *今までと同じで変更ありません

定休日:日曜、祝日 *今までと同じで変更ありません

営業時間:10:00~18:30

※相変わらず私1人ですので、ご来店日時をご連絡いただけると助かります。

 

12月15日(日)、22日(日)、23(月、臨時休業)、29日(日)~1月5日(日、冬季休暇)をお休みさせていただきます。

 

 

※最寄駅は京急青物横丁より徒歩3分、JR大井町より徒歩10分です。

 京急青物横丁駅からは、改札出て大井町方面の歩道橋を渡り、左階段を降りて、20mで最初の曲がり角右折、突き当り左折、少し進み右手角に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 JR大井町駅からは、横浜からは一番前、東京からは一番後ろの車両に乗り、東出口改札を出て左に20mほど進み、左折してすずらん通りを抜け、ゼームス坂を下り、右手の高級マンションを越えたところ右折し遊歩道を進み階段を降りて、右手に坂を下って突き当り左折、突き当り左折で少し進んで赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

※建物脇に駐車場もございます。

お車でのお越しは、横浜方面から青物横丁交差点を越え、角のりそな銀行脇の道左折、突き当り左折、直進してまもなく右手に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

 

弊店“TENJINYAMA”のHPが一昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。

アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/

今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。