オリジナルシューズ 52回目 | 天神山メンズスタイル

天神山メンズスタイル

天神山は、手抜きをしない本物の洋服を作り続けて40年、長く愛着を持ってお付き合いできる、時代に左右されない洗練された普遍のモデル、こだわりの正統派スタイルを提案し続けています。京浜急行青物横丁駅より徒歩2分、赤煉瓦の建物です。

今回は、“天神山オリジナル”で作製した、クラシックモデルの「Uチップ」「Uチップ+ウイング飾り」2足の紹介です。

 

今年は夏になったと思ったら暑すぎて、雨が多くなったらと思ったら降り過ぎて、台風の季節になったら直撃しすぎて被害が拡大してと、近年の傾向になっている異常気象が続き、普通の天気に恵まれないまま今年も早や残り2ヶ月となり、やっと平年の気温に戻り朝晩の冷え込みが増してきたのに伴って、私の服装も先週からやっと毛羽立っている素材へと進み、「サージ」「シャークスキン」のクリアな素材の出番があっという間の3週間で終わりそうです。

 

上のUチップをお借りした方は、2005年の11月にジャケットを作られてから長いお付き合いをさせていただいていて、靴は「九分仕立て仕様」を加えた5年前にスエードでセミブローグを作られていて、前回紹介した「スムースレザー」(表革)の在庫“処分価格”のブログを見て、今回は「九分半仕立て仕様」で、“古き良き時代のアメリカ靴”を再現させた「Uチップ」モデルを加えていただくことになりました。

 

このUチップの特徴は、甲ステッチを今までの2本から4本に変更して、コバのステッチの部分を木地仕上げにして、コバの張り出しを大きくして白で外側に限りなく細かいコバステッチで、1950年代の古き良き時代のアメリカで流行ったモデルに限りなく近づけた仕上がりになりました。

 

下のUチップ+ウイング飾りは、前回紹介の「クオーターブローグ」に続き15足目を作ってしまった私自身のもので、前回お伝えした工場の諸事情で靴オーダーの今後の継続が難しくなりそうな中で、いつかは最後に作ろうかと思っていたモデルを、残っている革で加えることにいたしました。

 

このモデルは、7年前にも書いていますが、“SILVANO LATTANZI”(シルヴァノ ラッタンジ)社製を“信濃屋”が日本で一番最初(1986年)にラッタンジに注文をした思い出深いモデルの「ANTIQUE」(アンティーク)(http://blogs.yahoo.co.jp/ginza645/48169705.html)をベースに、“天神山オリジナル”最大の特徴でもある甲の縫い目を手間のかかる「リボルターテ」(革の切り目を薄く梳いて内側に織り込んで縫う)仕様と、外側と内側の張り出したコバから角度のある削りからのベベルトウエストの絞りを強くして、コバ&ソールは甲革の色とバランスを合わせ木地仕上げ、白のコバスッテッチを限りなく細かくして外側にして、真鍮の外鳩目を付けて、クラシックでエレガントな“古き良き時代のアメリカ靴”を限りなく再現させました。

前にも同じことを書いていますが、この靴を実際に試された方やご覧になられた方に“より立体的になったね”と言われて気付かされたことで、弊店が“TENJINYAMA”がメインで扱っている洋服のパターン・オーダーの特徴として紹介している、体に馴染み易くさらに柔らかさと立体感が増し長く愛着を持って付き合えるのと同じで、上質な素材を使って職人の気持ちの入った手間のかかるモノつくりは出来映えにハッキリ差が出てくるものだと思っています。

前回のブログで「スムースレザー」(表革)の在庫“処分価格”をお伝えしてから、皆様のご協力で表革はほぼ無くなり、今回のような難しいモデルもこなし、職人の技も上向きになってきているので、新たに限りなく黒に近い濃い茶を仕入れる予定で、作りたい病が止まらない私も16足目を考え中ですので、もう少しの間(年内ぐらい)は“お値打ち価格”を継続させたいと思っているところです。

 

 

 

 

 

<新店舗のご案内>

※昨年9月に12年間過ごした銀座より品川へ移転しましたのでご案内させていただきます。

 

新店舗住所:〒140-0004 東京都品川区南品川 5-8-21 

電話番号&FAX:03-6228-7321 *今までと同じで変更ありません

定休日:日曜、祝日 *今までと同じで変更ありません

営業時間:10:00~18:30

※相変わらず私1人ですので、ご来店日時をご連絡いただけると助かります。

 

11月3日(日)、4日(月、祭)、10(日)、17日(日)、23日(土、祭)、24日(日)、12月1日(日)、8日(日)、15日(日)、22日(日)、29日(日)~1月5日(日、冬季休暇)をお休みさせていただきます。

 

 

※最寄駅は京急青物横丁より徒歩3分、JR大井町より徒歩10分です。

 京急青物横丁駅からは、改札出て大井町方面の歩道橋を渡り、左階段を降りて、20mで最初の曲がり角右折、突き当り左折、少し進み右手角に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 JR大井町駅からは、横浜からは一番前、東京からは一番後ろの車両に乗り、東出口改札を出て左に20mほど進み、左折してすずらん通りを抜け、ゼームス坂を下り、右手の高級マンションを越えたところ右折し遊歩道を進み階段を降りて、右手に坂を下って突き当り左折、突き当り左折で少し進んで赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

※建物脇に駐車場もございます。

お車でのお越しは、横浜方面から青物横丁交差点を越え、角のりそな銀行脇の道左折、突き当り左折、直進してまもなく右手に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

 

弊店“TENJINYAMA”のHPが一昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。

アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/

今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。