パソコンで人生を100倍楽しめ!未来を変える第一歩

動画を作り 配信したくて 自作PCへ!
文書作成/3DCG/ビデオ/音源…作成と編集、投稿、送信。プログラミング以外、自在にパソコンを扱っています。


テーマ:

◇Wise Registry Cleaner Free(ワイズ レジストリ クリーナー 無料)

・不要なレジストリの削除/Windowsのエラーの修復/PCの最適化
・対応 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビット/64ビットOS両対応)


<内容>

作動の重くなったPCを改善。レジストリ削除で、不調が出た場合でも、ワンタッチで、元に戻せます。

<注意>

インターネットの不具合を PCの不調と勘違いして、このアプリケーションを使いまくらないようにしてください。また、これは 頻繁に使う物ではありません。使いすぎは、PC不調の原因となります。

 

>>ダウンロードURL

http://jp.wisecleaner.com/products/wise-registry-cleaner-free

 

◇使い方 
①レジストリクリーナー

※IE/edgeなど ブラウザを含め、アプリケーションを すべて終了させてください。

 

使われていない古いレジストリ、壊れたレジストリを削除します。インストールが終了し、アプリケーションを立ち上げます。初めに行う作業は、現状のバックアップを行います。最初の項目「レジストリクリーナー」になっているので、「はい」をクリックしてください。

「システムの復元ポイントを作成」をクリックします。ディープモードを試すときは「完全なレジストリ・・・」を選ぶと良いでしょう。

今回は、復元ポイントにしてみました。 PCが復元ポイントを作成開始します。

このポップアップウインドウが出たら、最小限の設定が終了です。

 

「セーフモード」「ディープモード」「カスタムモード」とありますが 基本的には「セーフモード」で良いでしょう。「ディープモード」使用するときはレジストリのバックアップを取ったほうが良いでしょう。こちらは、深いところまで、修正箇所の候補を検出します。しかし「ディープモード」の実行で不具合がおきることもあります。

いずれかをクリックすると、PCの状態をスキャンを開始します。そして、スキャンが終了したら。右上の「クリーンアップ」をクリックします。


②レジストリの最適化

下図は、インストール直後のみ表示される画面です。以降は、通常表示になります。「分析」をクリックすると、問題個所のスキャンを開始します。

最適化開始をクリックしてください。

この作業を行った後、PCが再起動します。

 

③レジストリの復元&システムの復元

アプリケーションの使用で不具合が出た場合、「復元作業」を行います。

・レジストリのバックアップ

以前の状態を、クリックすると青く反転します。ウインドウ下に「復元」と出たら、そこをクリックしてください。尚なお、バックアップの日付は直近が一番上に、過去は下に表示されます。

・システムの復元

システムの復元も 方法は上記と同様です。

④設定改善

※個人的には、SSDのデフラグ中止を除き、アプリケーションのデフォルト設定で実行しました。

 

「最適化を適用」をクリックします。実行が終了すると「改善済み」と緑色に変わります。

※この設定も、元に戻すことができます。

一つ外した部分が、このSSDのデフラグ解除は残しました。その部分は「非最適化」となっています。

 

◇編集後記

昔に比べ、レジストリのメンテナンスが手軽に行えるようになりました。ほとんどの場合、調子のよさを体感できますが、不具合が起きることも、まれにあります。自己責任でお願いします。不調が続くようであれば、Windowsの再インストールをしたほうが良いでしょう。再インストールは、下記URLの記事、最後の辺りを参照してください。

https://ameblo.jp/tenjiaoyama/entry-12347668413.html

 

前回紹介した「Cclener(シークリーナー)」との併用も可能できますが、このアプリケーションを導入たら、「Cclener」はブラウザのクッキー&履歴削除のみに使い、レジストリは、こちらの「ワイズレジストリクリーナー」で行ってください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◇レジストリを削除して不具合が出た!

Cclenerを使い レジストリの掃除」した後、何かしらの不具合が出た時の復元方法です。

※この方法は、レジストリのバックアップを保存してある場合に限ります。もし、保存していない場合の不具合対処は、この章の最後「システムの復元」を試します。

※レジストリを復元することにより、現状より更に状態が悪化することがあるかもしれません、自己責任でお願いします。メンテナンスの最高峰は、再インストール(クリーンインストール/リカバリー)です。

 

◇レジストリの復元方法

保存してあるレジストリを、右クリックします>統合(G)をクリックしてください。>

>「はい」をクリックします

>はい(Y)をクリックして終了です。


レジストリのバックアップができずに、先に進まないこともある様です。その場合、作業を中止して、一度、PCを再起動させます。もう一度チャレンジしてください。どうしても進まず、尚且つ不調が続くようであれば、「システムの復元」 もしくは「再インストール(リカバリー)」をして下さい。

 

◇その他の復元方法

スタート>検索(S)をクリックします。タスクバーに「コルタナのアイコン」を表示させてある場合は、そこをクリックします。

空白の検索欄に「regedit」と記入します>表示された「regeditのアイコン」をクリックします。

 

>「はい」をクリックします

レジストリエディターが開きます>ファイル(F)>インポート(I)....をクリックします。

レジストリの保存場所へ到達したら、レジストリをクリックします。※ここでの「cclenerというフォルダ」は、自分で作成したものです。ご自身の保存場所から、目的のレジストリを見つけます。

拡大図:復元したいレジストリを見つけてクリックします

バックアップが終了したら「OK」をクリック>PCを再起動させてください。


レジストリはプロでも触らないと言われる領域です。それだけ、復元に手間がかかるからです。しかし、Cclenerのレジストリクリーナーは、PCは甦りを体感できます。そして、リスクを伴うことも覚悟してください。

 

◇システムの復元

スタート>ギア アイコン、もしくは、タスクバー右下のアイコンから「すべての設定」をクリックします。

更新とセキュリティをクリックします。


>「回復」をクリックします

>回復:開始するをクリックします。

 

 

「オプションを選択してください」から 下記のいずれかを選びます。どちらの作業を選んでも、インストールしたソフト(アプリケーション)は消えます。完璧に記憶領域を綺麗にするには「すべて削除する」を選びます。但し、ログインするときのアカウントを「メールアドレス」にしておかないと、再インストールに手間取るかもしれません。

アカウント(ID)の再設定は下記から行います。

◇編集後記

Cclenerの使い方はこの記事を参照してください。Cclener/PCを消す前に 履歴やゴミ箱を一発消去。https://ameblo.jp/tenjiaoyama/entry-12335493302.html

 

次回は、もう少し復元作業が楽なアプリケーションを紹介します。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◇Cclener(シークリーナー)
Free(無料版)として使えます。ブラウザの履歴&ゴミ箱、そして、レジストリの不要ゴミを、一発解消してくれる秀逸なアプリケーションです。PCに導入したブラウザは、ほぼすべて反映されます。



◇ダウンロードURL
 https://www.piriform.com/ccleaner/download

 

「Free」と書かれた文字の下をたどり「Downroad」をクリック、ここから、インストールプロクラムを入手できます。

※回線の問題で、ダウンロードが始まらない時は下図の場所をクリックしてください。

日本語化は、インストールを開始するときと、インストール後に設定できます。

インストールが終わったら「プログラムファイル」と「デスクトップアイコン」はゴミ箱へ捨てます!

後の使用方法は、ゴミ箱を右クリックで コンテキストメニューから行えます。


 

◇設定

個人的にですが、必要最低限の機能で使ってます。監視機能や、PCを立ち上げる時「Cclener」が作動すると、重くなりそうなので、これも外しています。

モニタリング機能を生かすと、下図のようにポップアップメニューが表示されます。下図では半透明で消えかかってますが、もっとクッキリと現れます。これが必要な方は、直下の作業はスキップしてください。


オプション>モニタリングと進みます。そして以下の2項目のチェックを外します
・システムモニタリングを有効(S)を外す

・アクティブモニタリングを有効(E)を外す


※アプリケーションのアップデートは、手動で行えます。

ツール>スタートアップ>Cclener Monitoringをクリック>無効(I)をクリックします。

設定が終わったら 次は使い方です!


◇Cclenerの使い方

「Cclenerを実行」一番簡単な ゴミの一発消去方法
ブラウザや使用中のアプロケーションをすべて閉じ、2クリックで清掃が完了します。

ゴミ箱を右クリック>コンテクストメニューの「Cclenerを実行」をクリックして下さい。

 

・「Cclenerを実行」をクリックした場合
クリーナー>解析(A)>クリーンアップ(R)>ポップアップウインドウのOKをクリックします。ポップアップウインドウは下の、「□このメッセージを再び表示しない(D)」そマスの中をクリックしてチェックを入れれば、③の表示が省略されます。


・レジストリクリーナー

今まで不具合が起きた事はありませんが、あまり頻繁に行わない方が良い機能です。レジストリ関係のクリニングは、システムに不具合が出る可能性があることを考慮しておいてください。使用する場合は、下記の方法で、バックアップを取ることをお勧めします。また、このバックアップ作業は、スキップできます。

バックアップフォルダの作り方
ドキュメントの中に、新規フォルダを作ります。フォルダ名をは「Cclener」とすると分かり易いでしょう。>そこを指定して「保存(S)」をクリックします。

作成した「Cclenerのフォルダ」が開いたら保存(S)をクリックします。

たまに、レジストリの清掃を行うと、ブラウザのスピードが向上します。


◇編集後記

Cclenerは、様々な機能が備わっています。個人的には、基本的な機能のみ使っていますが、これまで、不具合を起こした事はありません。クリーニングの項目を増やした場合、内容によっては、システムのエラーを引き起こしたり、途轍もなく作業時間を要してしまう事があります。他の機能を使用したいときは、インターネットで経験者の記事を参考にしながら行ってください。そして、自己責任でお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。