テレワークのコツ | パソコンで人生を100倍楽しめ!

パソコンで人生を100倍楽しめ!

動画を作り 配信したくて 自作PCへ!
文書作成/3DCG/ビデオ/音源…作成と編集、投稿、送信。プログラミング少々。

◇PCはちゃんとしていた方が良い

 

パソコンのスペックは、事務所の規模や信用と同じです。

パソコンを使えば手軽にテレワークできるというのは、半分本当で半分はウソです

カメラで自分と相手を映しながらの音声通信は、思った以上に、PC本体にも通信回線にも負荷がかかります

WindowsXPやVista搭載の古すぎるPC、100円パソコンと言われた廉価版は、画面のフリーズ、アプリケーションの機能が満足に使えないなど、下手するとスマートフォンより通信速度が遅くなりがちです。

メモリが足りない場合も、上記の不具合を含め、PDFやワード、画像や動画などの転送が困難になり通信に重さを感じさせます。何かをしながら、ほかの作業ができるのは、CPUのスペックと、メモリの容量の容量が物を言い、メモリは8GB~以上あると安定します。

◇通信回線

携帯からのデザリングは不利です。デバイスが発熱して長時間通話には向かず、契約によってはパケット料金もかかってしまいます。お勧めは、プロバイダーと契約して屋内に引き込んだ一般回線なら、ストレスなく事が運びます。


ポケットWi-Fiは、デザリングより良いですが、バッテリー不足に陥りやすく、長時間通話では不利になります。ポケットWi-Fiは、外出時用のちょっとしたアイテムだと捉えてください。しかし、ポケットWi-Fiしかない方は、デバイスを金属の上に置いたりして、放熱を促すと良いでしょう。

PCは極力LANケーブルで繋いだものを使い、そこに携帯電話タブレットPC併用させると良いでしょう。携帯電話はWi-Fi回線でよいです。


通信トラフィック(渋滞)は、各プロバイダー(回線業者)によって異なりますが、

基本的に考えられる原因は、PCのスペックの低さ(CPUの弱さ、メモリ不足)をはじめ、通話中に、OSがバックグラウンドで、アップデートを探し始めたり、アップデートが始まったりする事も要因となります。普段、何時間も起動させたことのないパソコンに起きやすい現象です。

解決方法は、TV電話通話をする前に、手動でアップデートしておくと良いでしょう。

◇家屋の配線を疑う

家の外から住宅に引き込まれているケーブルの劣化、または、屋内に配線されたケーブルの劣化&断線が原因で、回線に不具合が出ることがあります。これは、回線業者や不動産屋に連絡して配線工事をしてもらってください。また、通信速度の快適さは、LANケーブルにも要因があります。PCとモデムを繋ぐケーブルは、極力「カテゴリ5」以上を使用すると良いでしょう。

(NUROの写真拝借)

 

◇通信不具合の対処法

①モデムやルーター、Wi-Fiなどの機器の電源を一度落として、1分ほど停止。

  再び電源を入れて再起動させる。

②PCを再起動させる。

③PCに熱を持たせない環境を作る。

 

◇動画資料は メッセンジャーソフト内から送らない。
動画ファイルは基本的に重いです。メッセンジャー内から送ると、送信が詰まったりダウンロードに時間がかかります。


◇動画は Youtubeにアップロードさせる
通話中に動画を見せたいときは、あらかじめ「限定公開」でYouYubeにアップロードさせておき、そのURLを相手に送るのが最善です。
 

秘匿性の高い動画は、限定公開設定にする。

URLを相手に送る

◇重いデータは大容量送信サイトを使用

 

数ページあるPDF・ワード、エクセルの原稿や画像は、ギガファイル便などでやり取りをすると効率が良くなります。

・ギガファイル便 https://gigafile.nu/

・データ便    https://www.datadeliver.net/

 

◇画像は圧縮させてから送信
画像も重い容量のままでは送らず、圧縮し軽くしてから送ると良いでしょう。目安は「80MB」前後でよいと思いますが、キッチリそのサイズにしようと神経質にならなくて大丈夫です。


アプリケーションをPCインストールするなら「縮小専用」を勧めます

圧縮専用 ダウンロードURL

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/shukusen/

 

ブラウザ上で圧縮を行うなら「TYNI PNG」(jpg。jpeg。png)を勧めます。圧縮したい画像を、ドラック&ドロップして、処理の終わったデータは、 downloadをクリックで入手できます。

・TYNI PNGサイトURL https://tinypng.com/

 

◇捺印した書類を送る

下記のURL 別ページにいろいろ書いてありますが、面倒な方は、捺印した原稿を再度コピーしなおして、それをさらにPCに取り込みます。PDFに変換させて、先方に送信してください。
手書きの署名、捺印した原稿をPDFで送る24

https://ameblo.jp/tenjiaoyama/entry-12175977194.html?frm=theme

 

◇PCのLANが壊れてネットにつながらないときは USB変換アダプターを使う
LAN USB 外付け

https://ameblo.jp/tenjiaoyama/entry-12084552694.html

 

「モデム」や「Wi-Fi ルーター」も、たまには、30秒~1分程度 電源を切って休ませ、再起動させてください。

 

快適なテレワークを!