パソコンで人生を100倍楽しめ!未来を変える第一歩

文書作成/3DCG/ビデオ/音源…作成と編集、投稿、送信。プログラミング以外、自在にパソコンを扱っています。自作PCです。


テーマ:

タブレットPCの不具合で、Amazon kindleで同じ本を2冊購入。返品は、下記の手順を追ってください。


◇amazon Kindle本の返品方法
返品は7日間以内です!

①注文履歴ページを一番下まで行き>「カスタマーサービスに連絡」をクリックします。


②「カスタマーサービスに連絡」をクリックします。

③他の商品が出ていたら「他の注文を選択」をクリックします。



④返品したい本をクリックしてください。

⑤表示が変わったら、左側の「□」にクリックで チェックマークを付けます。

⑥問い合わせ内容の「▽」をクリックして「Kindle本について」を選択します。

⑦もう一つ項目が登場し「Kindle本の返却」を選択します。


⑧「電話」をクリックします。


※メールやチェットでもでも対応できます。

⑨表示上部に返品したい本が表示されます。>「電話番号」を記入してください。東京なら「03」から書き込みます。>「今すぐ電話が欲しい」か「5分以内に欲しい」 いずれかをクリックして待機します。

⑩自動キャンセルされて、つながらない時もあります。

その場合、こちらから掛けてみると早いでしょう。>着信したら「音声案内」に従い、「オペレーター」につながったら 主旨を伝えれば完了です。早い時は数時間、または数日で、返金の案内が登録のメールアドレスに届きます。



◇amazonの返品サービス
別な商品を返品をしたことがありますが、amazonは対応が早く、商品の不備などは、着払いで受けてくれます。

◇追記:返金の通知(即日)
amazonは対応が早いです。

◇編集後記

駅に隣接した、普段は立ち寄らないスーパーの書籍コーナー、そこで、堀江貴文さんの「多動力」を発見。それからと言うもの、気になって気になって仕方なく、今朝kindleから購入した。スマートフォンで読める、kindle本はとても嬉しい。


究極に無駄を省いた本書の考え方は、人の感情をも省き かなり合理的、ここまで徹底出来たらすごいと思わされる。「そういう立場になったらやるのか」 「やるから そうなれるのか」。徹底するから「そうなれる」のだと思う。
 

話の一説に、会社やバイトをやめる時、LINEやメールで告げてくる若者たちを奨励している。その手の愚痴は、私生活でも 何度も聞かされているけど、抽象度を上げれば、本書の通りで気持ちの対象法としては正しく思える。

この件に関して、自分もされる側であるが、同じように、後追いはしたことがない。「言い難かったのだろう」と処理してしまう。日頃から、考えても仕方ないことは、極力省くようにしていからだ。その後も、こちらから連絡をする事はない。

 

これが無断欠勤の場合、理由があいまいであれば、ほぼ辞めてもらうことにしている。小さな嘘をつく者は、端から厄介者であり、なるべく 距離を置くようにしているからである。

日頃からそうならないように、付き合うようにしてはいるものの、堀江さんから言わせれば、それ自体が無駄だと言う。
 

集団で物事を始めると、「2:4:2」のピーターの法則や「2:8」の法則と言われるものを意識している。極めつけは 養老 孟司の「バカの壁 」が いつも頭をよぎってゆく。 


また、自分がプロジェクトを去って行く場合は、先方の都合や、引き継ぎ、後処理などを考えて、前もって伝えることにしている。

しかし、そこまで丁寧にしても、去る者には冷たく、煮え湯を飲まされることは少なからず、皮肉な結結末はよくあることだ。

 

 

ここ10年間でも ITの進歩は 目を見張る勢いがあり、物がインターネットとつながり始めている。Wi-Fiがそれにあたる。

本書でも語っているように「水平分業型モデル」の時代だからこそ、パラダイムシフトが必要になってくるのだ。

 

いろいろな方のブログで

「断捨離」や「引き寄せの法則」を見かけるが、この「多動力」のこそ、それらの実践に値しているのではないかと言える。

人や物は、追えば逃げ、逃げれば追いかけてくる。衝動的な感情に流されず 冷静に物事を見つめる事ができれば、よりよい人生が送れるに違いない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青山天治 起業 コピーライティング さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。