パソコンで人生を100倍楽しめ!未来を変える第一歩

文書作成/3DCG/ビデオ/音源…作成と編集、投稿、送信。プログラミング以外、自在にパソコンを扱っています。自作PCです。


テーマ:

◇PCメモリ はじめに
CPUの性能を発揮させる為に、記憶装置との中継を担うメモリーカードをどれくらい積もうかと考えます。パソコンのスピードと安定感は、部品やアプリケーションとの、総合的な組み合わせで成り立っています。


◇アプリケーションと搭載量/4GB/8GB/16GB比較

メモリを、4GB/8GB/16GBと積んだ時、どのような差になるのか、テストを行ったサイトがあります。記事元:TECHSPOT http://www.techspot.com/article/1043-8gb-vs-16gb-ram/

参考にして下さい。


Adobe Premiere CC/ビデオ編集ソフト/テスト内容:エンコード/


「8GB/16GB」と「4GB」を比べると大きな開きがありますが、16GBと8GBでは、ほとんど差がありません。


Blender/3DCG作成ソフト/テスト内容:ベンチマーク


3DCGのレンダリングは4GB/8GB/16GBに差がほとんどありません。

※3DCGソフトの「Blender」はバージョンアップ毎に進化しています。ついこの前の事が、今は、そうだと言えなくなるほどの進歩です。以前の経験では、8GBから16GBにする事で、アプリケーションの作動や、ソフト内の表示スピードと正確さがアップしました。細かい部分では、物理演算の結果が良くなる変化を体験しています。Blenderは、低スペックなPCでも使える、秀逸なアプリケーションです。
 

7-Zip/圧縮・解凍ソフト/テスト内容圧縮

512MBの辞書ファイルを圧縮


◇メモリは、どのくらい積めばよいか

ワード、エクセル、パワーポイントと、文書主体でパソコンを使うのであれば4GBで十分です。画像や動画を扱うには8GBあると良い結果が得られ、16GBの場合は用途によります。

 

個人的には、現在16GBにしています。Windows7/64bitの環境で増設した時の事ですが、TVチューナーが復活し、IEの作動が改善され、アプリケーションの起動や操作が素早く確実になりました。このメモリの増設は、PCを早くすると言うより、アプリケーションの作動を安定させると言ったイメージです。

 

◇メモリカードの役目(おさらい)

メモリは、パソコンの処理をスムーズにさせる為、CPUと「HDDやSSD」の記憶装置との橋渡しをしています。このメモリは、足りなければパワーを発揮せず、積み過ぎても、それ以上の効果がないとされています。


パソコンに搭載されたメモリは、電源が入っていれば、キャッシュとして記憶を保っていますが、電気を切ればすべて消えてしまいます。これを「揮発性メモリ」と言い、電源を切った状態でも残せるものを不揮発性メモリと言います。


・不揮発性メモリ

電源を切っても記憶を保持できるメモリの総称
HDD、SSD、SDカード、フラッシュメモリ、USBメモリ、磁気テープなど

・揮発性メモリ

電源を供給しないと記憶が保持できないメモリ

PCに搭載するメモリカードなど
 

※揮発性メモリは、不揮発性メモリより処理が高速です。

(例:PCメモリは、USBメモリより処理が高速。)
 

Optane (オプテイン) PCを高速にするメモリとの組み合わせ部品


概要:Optaneは7世代コア「Kaby Lake」からのサポートとなり、メモリーカードと組み合わせる事で、HDDが、SSD並みの速さになると謳っています。8TBなど大容量化するHDDを搭載する時、ぜひ使いたい一品です。

また、従来よりメモリの単価が安く、IntetのOptane(オプテン)のSSDも登場しています。


※CPU: Kaby Lakeとは

新しいGPUを搭載し、3Dグラフィクスや4Kビデオ向けのパフォーマンスを強化しています。※GPUとは、グラフィック機能の事


※4Kサイズとは、モニターの大きさの事ではありませんが、分かりやすくイメージすると、下の様な差になります。(大きくて綺麗、それだけデータも重くなる→性能の良い機器が必要)

写真抜粋
https://enechange.jp/articles/comparision-tv-electricity-costs

 

◇備考
Intel(インテル)のCPUは、2016年、6世代コア「Sky Lake」の登場で、主力メモリが「DDR3」から「DDR4」へ進歩、さらに2017年1月、7世代コア「Kaby Lake」の登場で、今後も進化します。

つまり、送受信するものを、より綺麗に見せるためには、より大きなデータが必要です。その為には、より大きな受け皿(HDD)も必要で、受け取った物を正確に再生する為に、CPUの性能が向上、それにつれて、メモリも性能アップします。
 

 編集後記 PCに増設するだけで、HDDがSSD並みの速さになる「Optane」が気になります。しかし、自分の場合、PCを作ってまだ3年目。おまけにCPUはIntel Core i7のHaswellで、サポートされていません。導入は、先の話になりそうです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青山天治 起業 コピーライティング さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。