パソコンで人生を100倍楽しめ!未来を変える第一歩

文書作成/3DCG/ビデオ/音源…作成と編集、投稿、送信。プログラミング以外、自在にパソコンを扱っています。自作PCです。


テーマ:
 デスクトッ■プパソコンを見直す パソコン選び方「電源」の重要性です!…大げさなタイトルになりましたが、意識してください。

パソコンの「電源」は、重要度が高い割には見落とされています。いくら、他のパーツが良くても、電源が弱ければPCの健康な状態は望めません。電源が足りず、アプリケーションの作動が不安定になったり、最悪は強制シャットダウンしてしまう事があります。これを防ぐために、パソコンは一時的に不安定になったり、動きが鈍くなります。これらが、頻繁に起こるようでは、作業ははかどりません。

パソコンに繋いだ機器を、一度に全部作動させることはありませんが、自作PCでは搭載した機器の電気使用量の合計×2倍以上で電源を選びます。
PC_Power02PC_Power04

プロは どんなパソコンを使っているか

クリエイターと呼ばれる人達は、電源容量の多いデスクトップパソコンを好んで使っています。その他、見やすさから来る作業のしやすさ、そして、多くの機器を繋げ、マシーンをフル活用できること。何よりもレンダリングの質と速さを求めているからです。

PC_Power05

Webディザイナーやプログラマーの作業は基本的に文字中心で、画像や動画は、基本的に他の人が作ります。その辺から、ノートパソコンを好む方も多いようですが、仕上がりが、どんなふうに見えるかは重要で、いくつかのデバイスを持ち合わせ、表示を見比べていると聞いています。そしてまた、画像データを中心に扱うディザイン系の人デスクトップPCを好んでいます。

重いデーターを扱う時や、動画作成で電源を必要とする作業は、やはり、従来のノートPCでは物足りず「落ちないかな~」と、誰もが、電源を気にしています。途中で落ちたら、最初からやり直しになってしまうから、電源が重要なんです。

PC_Power06

電源の強いデスクトップパソコンを選ぶ

外付けHDD、プリンター、スキャナー…などは、機器が独自で電源を持ち合わせていますが、USBを介しPCに機器を接続すればするほど、また、PCの内部に取り付けた、内臓の記憶装置や機器が多ければ多い程、比例して電気の量が必要になります。

PC電源は、人に例えると心臓です。
人は激しい運動をすると、心臓を早く動かして血液を多く体内に循環させます。反対に、休んでいるときは少量の流れで安定させます。POの電源もこれと同じです。常に高圧状態だったり、少ないとなると、搭載部品にも悪影響が出ます。最初はどこかしらの欠陥が出はじめ、最終的には、寿命の短いパソコンとなってしまいます。

グレードの高い電源ほど、作業量に適した、一定量の電流と電圧を、保ってくれます。
PC_Power03

電源にはグレードがある

これらのステッカーを見たことがあると思います。下の図は、左に行くほどグレードが上がり、最後の「GOLD」は最高峰です。

電源を選ぶときは、極力ゴールド、妥協してシルバーマーク辺りの電源を強くお薦めします。

PC_Power01

※グラフィックボードの増設、内臓HDDの増設では、500w~600W以上の容量が必要です。下手をすると500Wでは足りないかもしれません。


必見 出力アンペアー(A)

■電源に、最高500W(ワット)出力と書いてあっても、500wを欠けるものだと計算してください。消費電力が500Wなだけで、出力アンペアーが低い物もあります。これでは、電気の供給は安定せずパワー不足になることが多々あります。上記で述べた、電源のグレードが、それを物語っています。値段の安い高いは、この差があるので、購入する時は「ワット数」と「出力アンペア」と「値段」の3つを比較して選ぶと良いでしょう。

 編集後記(PS-1)
電源に関して、この程度 分かれば十分なはずです。

更に、詳しく知りたい時は、ビッグカメラやドスパラなど、専門店の販売員に聞いて下さい。TELでも対応していただける事があります。最近の店員さんは、とにかく知識と経験が豊富です。

電源は、重要度が高い割には、広告でうたわれる事はなく、特にノートパソコンに関しては、仕様欄に小さくしか書かれません。おおよそ220W程度~が搭載されていると思います。

とは言え、最近のPCは、省電力⇔高パワーを目指しています。少ない電源で高いパフォーマンスを叩き出す日も、そう遠くないでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

青山天治 起業 コピーライティング さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。