”根性論は病気には不必要だと思う。”+ 私の気持ち | tencoroのブログ

tencoroのブログ

祈りながら、中途半端な病気と闘う私の日々

「私みたいな人が
  どうか1人でも減りますように」

 
この言葉を読んでリブログ決定😋

私が彼女を知ったのは、
1ヶ月と少し前、ブログにコメントをもらった時だ
離れた土地に暮らす友達に顔が変になる話をすべきか…そんな私の泣き言に、


彼女からコメントがついた

体が片方に傾いてしまい、肘まである杖がないと歩けない状態で過ごしています

ご自身の今を説明してくれ、 その上で、

話すと去ってく人、そっとしてくれる人、
    ……いいきっかけに私はなりました
』  (抜粋)

と、真実に満ち溢れたコメントをくれた。


読めば読むほど、涙が込み上げる
そんなメッセージ
表面的にはサラッとしているものの
苦しみと葛藤は、にじみ出ていて

私への、優しいコメントの裏側にある、何かが、
心を掴んで離さなかった
どんな経験をしたのか…
コメント欄の彼女が気になった

その後、何度となく訪問したブログは、
多分、ご自身の体調に合わせてなのだろう
少しずつ更新されている


"お墓まいりと歩くスピード。"  
に、泣き

"私は何をしている人間なのか。"
に、心が立ち止まる

しにもしないがしんどい、と本人が綴っている
勝手なリブログは控えたい 🙄 許可をもらう事にした

OKでた♡

回転性めまいと違って動揺性めまいで苦しんでいる  情報って意外に少ないんです…常に平衡感覚の数割がないと、日常生活がとても不便で…」 
(メール一部)

彼女の病名は未だハッキリわかっておらず、
取り敢えず自律神経失調症と名前がついたそう
今朝、教えてもらった

今の医療ではこれが現実なのだ…

彼女もまた、医者を変え、やっと今の担当医に落ち着いたとあった。


10年もの長い間ご自身の辛さを放置
娘さんが連れて行ってくれた病院
大病にかかる前の未病の段階で病院へ、
もっと早く病院へ、
そう促す彼女の気持ちが1人でも多く伝わると良いな、リブログには、そんな祈りの気持ちがあります


"しんどい"日常の中、幾度となく玄関のチャイムを鳴らすボランティア⁈の方とのやりとり"思い切って聞いてみた。""あなたを救ってあげたい。"ご本人が面白いと思っているかは別として、、私は読み易いし、面白かったし、興味深く読んだ。


彼女の一見辛辣そうにみえるこの視線は

とてつもなく温かい彼女の心からの本音

そして温かい彼女は周囲が思う以上に

この心境にたどり着くまでに傷ついたのではないか
(…と勝手に思う)
😑←お会いした事ないけど、こんな顔されそうw

"治らないって思ってたら治らないよ、が嫌い。"
こちらも好き


私の綴るダークサイドな気持ちの一面は
私のブログだもん、書いてもイイよね
そんな気持ちがある

彼女のブログを読んで出た

私のアンサーでもあるのだ


読み手側の、好き嫌いは別れるかもしれない
でも、彼女はそこを気にしない …気がする…😋

最新記事"ドリーマーさん。"
人生を、結婚した人と、してない人を、そこに例えるユーモア😋間違いなく私は彼女の大ファン
(※ご本人の病気の始まり時に、一本のうどんを口に入れることの難しさの体験から、ダイエット中の方は読まないで欲しいと綴ってありました)



さて話は変わり
オキュロフェイシャルクリニック鹿嶋先生
この先生を、何度も何度も、応援するのは
リブログ先の彼女と全く同じ気持ちだから

「私みたいな人がどうか1人でも減りますように」





講演会申し込み
https://oculofacial.page.link/p5LP

youtube Live   
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A


まだまだ拡散希望だ!口笛 (たぶん)



『タンポポの綿毛のように…
  小さな可愛いコがちょこんと掴まって
  みんなのいろんな『思い』や『願い』を
  届けてくれる』


記事"繋ぐこと"をリブログしてくれたブロ友さん、訪問した彼女のブログにコメントを残したら、返信で素敵な言葉を貰えたので…勝手に頂き♡
想像したら可愛くて♡素敵な言葉ありがとうございます😊