2月27日(土)

 

盛岡市へ。

県立図書館にゆく。

大通り。映画「国葬」「樹海村」をみる。

ドトールコーヒーでコーヒーを飲む。

魚民で瓶ビール、シーザーサラダ、若鶏唐揚、角ハイコーク、もつ鍋、ご飯、角ハイボール。

図書館の本を読んで。

 

『トポロジーの絵本』(G.K.フランシス著 笠原晧司監訳 シュプリンガー・フェアラーク東京)

 

絵本といったってわかんなそう。

図書館の本を読んで。

 

『新版 太陽系の科学』(小尾信彌ほか著 放送大学教材)

 

太陽と惑星が同一平面上にあるとしたケプラーがすごい。

図書館の本を読んで。

 

『出隆著作集(1)哲学以前』(勁草書房)

 

ゾーンに入る、とでもいったものが、哲学の領域である。「知識」になってしまえば堕落だ。

 

「これは何か」というベクトルこそアプリオリである。アダム以来の。

図書館の本を読んで。

 

『鏡花小説・戯曲選 第五巻/怪異篇(1)』(岩波書店)

 

「龍潭譚」「清心庵」「高野聖」「註文帳」「女仙前記」「きぬぎぬ川」「春昼」「春昼後刻」を読む。

 

よかった。読みづらいところがよい。