MOUNTAIN SURF

テーマ:
週末15日に開催するKeison LIVE in
ASPIREで同時開催する展示会の一つ、スノーウェアブランドの
MOUNTAIN SURFをご紹介

先日紹介したGENTEM STICKとジャンルは同じになるのでしゅなうか。ブランド名からもわかるように、スノーサーフをバックグラウンドにもつ湘南発のブランドです。

今回のイベントでなぜウェアブランドまで展示紹介するかというと、やはり他のブランドにはない紹介したくなるような個性があるからです。

サーフィンのメッカ、湘南発と紹介しましたが、サーフィン道具で思い浮かぶのが、サーフボードとウェットスーツ。

サーフボードがGENTEM STICKならば、MOUNTAIN SURFはウェットスーツ。
サーファーなら経験ありますが、ウェットスーツはオーダーをして買うのが一般的です。
使う生地、生地の色、その生地を縫い合わせる糸の色、ファスナーそして体の寸法。
その過程を踏んで自分にピッタリフットした自分好みの世界に一着しかないスペシャルな物を作っていきます。

その仕組みをスノーウェアに取り入れた、オーダーでバッチリ自分好みのウェアを作れるのがMOUNTAIN SURFになります。

そをな業界初のシステムを採用したMOUNTAIN SURFのウェアは、ジャケットだけでも128パターンの中から作れる、スノーサーファーのためのスノーウェアです。

サイトからはカラーシュミレーションなどができ、購入前に確認することもでします。

是非気になる方は会場でメーカーさんの説明を詳しく聞いてみては!
photo:01



MOUNTAIN SURF
http://www.mountainsurf.jp/




photo:02



iPhoneからの投稿
AD

GENTEM STICK

テーマ:
週末15日に開催するKeison LIVE in
ASPIREで同時開催する展示会の一つ、スノーボードブランドの
GENTEM STICKをご紹介。

皆さんはスノーサーフというカルチャーを知っているでしょうか?
この言葉を知っている人は、すでにGENTEM STICKを持っているか、いつの日かはGETする!って方もいるのではないでしょうか?

GENTEM STICKはそのスノーサーフカルチャーのパイオニアブランド。

スノーサーフとは何ぞや?って方にご紹介。

まぁ、そのままなんですが、スノーボードなんだけど、サーフィンみたいなスタイルで遊べるボードです。
トリックを入れてクルクル回ったりももちろん出来るとは思いますが、やはりそこはスタイル。スキー場で滑るのももちろん楽しいですが、やっぱりバックカントリーでガイドさん達と山をのぼり自然の地形を使い、波にみたてた壁に当て込む!→スプレーが飛ぶ→テンション上がる→最高!
こんなイメージがつよいです。

なにより他のボードと違うのは、スノーボードの形です。皆さんがスノーボードをイメージした時に一般的なのが前後が丸い形をイメージすると思いますが、GENTEM STICKは先がとんがってたり、テールが割れてたりさはます。

ボードのラインナップは沢山ありますが、サーフィンをやっている方ならレトロツインフィッシュをイメージして下さい。
あんな感じのラインです。

体重移動やレールの入れ方、肩の入れ方などサーフィンそのままなんです!
このボードで滑った後のサーフィンは調子いいです。

雑誌などでもよく見るGENTEM STICKの創設者の玉井太郎氏のスタイルや感性が際立つブランドです。
photo:01



イベント当日は、最高のパウダーと最高でメロウなラインを求めて、スノーボードの聖地、北海道はニセコに街を離れフェリーに乗り旅をするドキュメントムービー「メロウライン」の短編版をライブ前に上映。
普段は仕事をこなすごくごく普通な人達が極上の雪を求めてゲレンデから離れて山を登れば、太平洋と日本海を見渡せる絶景がそこにあった!
シーズンinから二ヶ月間晴れることなく降り続いた雪は、我々を待っていたかのようにグッドタイミングで青空を見せた。
条件は言うまでもなく最高のコンディション。

このトリップには、ニセコのガイドの名門パウダーカンパニーを迎え、安心した登山と最高のコースに導いてくれてます。

是非チェックして下さい。
photo:04




GENTEM STICK
http://www.gentemstick.com/

POWDER COMPANY GUIDE
http://www.powcom.net/guide/

aspire outdoor fitness park
http://www.surfwedge.com/aspire-ofp/

photo:05



iPhoneからの投稿
AD

TAKASHI SHIMIZU

テーマ:
皆さんこんばんは。いかがお過ごしでしょうか?
今日は寒いですね~!

そんな寒い今日ですが、来週の15日、土曜日開催のKeson Live in ASPIREのイベントに展示する地元アーティストで絵の展示をするSHINSAKU MATSUO氏に続き、Photoの展示をしてくれるTAKASHI SHIMIZU氏のご紹介。

活動のベースを地元でするPhotographerのTAKASHI SHIMIZU氏ですが、元々が根っからの旅人の彼の今回の展示のテーマは旅の風景。
数カ国を旅し、その中でもお気に入りの作品を持ってきてくれるそうです。

旅のなかで感じた何かを表現しているので、何を感じて撮影したのかを考えながら作品に目を向けるのも面白い見方かも!

TAKASHI SHIMIZU氏の作品を少しご紹介。
$temporarily100さんのブログ
$temporarily100さんのブログ




会場の中には音楽や絵・写真や、その他のスノーボード関連も全て人が考え形にした作品です。
その作品達を感じてもらえればサイコーっす!

明日以降は同時開催のスノーボード関連のご紹介をしていきます。

サーフミュージックみたいなメローな音楽を届けてくれるのKeisonがメインのイベントですが、その雰囲気にマッチしたスノーボード関連のブランドなので、見所まんてんです!


$temporarily100さんのブログ-image
AD