感謝と共に新時代へ | 呼吸瞑想アカデミー代表 天毛絵美子オフィシャルブログ 「エネルギーを高め、最高の未来を開く」

テーマ:

 

皆さん、こんにちは!

 

ブログの更新が月1回位となっていますが、

訪問してくださっている皆様、

いつもありがとうございます。

 

4月1日、

5月からの新元号が発表されましたね。

 

「令和」れいわ

 

美しい響きですね。

 

この元号から、皆さんそれぞれの

素晴らしいインスピレーションを

得られたことでしょう。

 

4月1日にフェイスブックで記載した

メッセージの一部です。(お友達公開)

 

----------
「令和」
宇宙の根源のエネルギー、神、創造主からの令。


「陰陽和合。
 大いなる和の国よ。
 一つの和となれ。愛となれ。
 和合の龍よ、世界中へ飛び立て。」


Ray(レイ)は光線。

「和の光を放つ。」

 

昨日から今日にかけて感じたことは、

「宇宙時代の幕開け」

「光と闇の融合、統合」

----------

 

この他にも感じたことは、

 

レイという音の響き(音霊)から、

 

「霊性の時代」

 

「麗わしく生きる」
(麗しく:精神的に豊かで気高く美しい。)

 

ハワイ語の「レイ(Lei)」は、
花輪、愛する子供、妻、夫、恋人、

「愛しい人」「絆」「親愛」

を意味するそうです。

 

「和(わ)」は、

日本を現す、

象徴的な言霊であると思います。

 

先週の週末、急に思い立って、

カタカムナの聖地の山にある

神社へ行ってまいりました。

 

神社の境内にあるしだれ桜が、

とても美しく咲いていました。

 

この神社は車で登ることができず、

ちょっとした山登りなのですが、

途中の道も桜が咲いていて、

登りきると街を見下ろす高台で

素晴らしい眺めです。

 

この神社に初めてお参りしたのは、

約20年前で震災後4年目位で、

 

「ここから愛と調和、

 平和が広がりますように。」

と祈っていました。

(当時カタカムナのことは

 知りませんでした。)

 

2度目のお参りは15年前でした。

この山のふもとに偶然住み、

企業の訪問看護ステーションで働き、

一度目の体調ダウンをして実家に

戻る前でした。

 

この時は非常に疲れていたのですが、

二度程命を守られる体験をしていたので、

感謝のお礼と、体調を整え、

もう一度自分の足で立ち上がることを

祈ったと思います。

 

3度目は12年前。

前回のブログで書いた仲間と

金鳥山の本当の頂上に登る途中で、

お参りしました。

 

そして今回4度目、平成最後の時に、

お参りしてお祈りました。

 

子供の頃から見慣れてきた

稲穂が豊かに実る美しい日本が続くように、

 

この国に住む人々が、

豊かな自然の恩恵を受けとりながら、

平和に幸福に生きることができるように、

 

山や森の緑、滝、川、流れる水、海、

空、空気、大気、日本の大地、土壌、

そこに生きる全て生命達が守られるように。

 

物質文明で発展し極めてきた技術が、

 

地球と、

絶え間なく循環して保ってきた

自然の生態系システムを守り、

多様な様々な他の生命達と

人々が調和して共存でき、

 

持続可能な社会への

技術として発展していけるように。

 

神社にいる時間はとても幸せでした。

 

美しい青空としだれ桜と、

心地良い風と木々の間からこぼれる光と、

爽やかな風、鳥のさえずりの中で、

自分自身も洗い流され、癒され、

浄化されるようでした。

 

 

 

持参したおにぎりを木の株に座って

食べました。美味しかったです。

 

過去にたくさんの神社をお参りしましたが、

この神社は山の自然の中にあり、

素朴でとても身近に感じます。

 

境内の表も裏も磐座が残っており、

古代の人々が神に祈り、感謝し、

自然の恩恵である

お米などの作物の豊穣を祈り、

村の繁栄、安全、平和を

祈ってきたことを感じました。

 

 

 

この地は土器、石器も多数出土しており、

古代人が神聖な場所として祈願した

古代祭祀遺蹟地であると書かれています。

 

それよりもずっと以前に

カタカムナといわれる高度な宇宙意識の

文明があったといわれる説もあり、

私自身それはあったと感じています。

 

カタカムナとは別の話しですが、

「ガイアの法則」という本を、

2010年頃に知り、読みました。

この本は、ファンタジー、フィクション

として書かれています。

 

地球のリズムによって、

地球上で発展してきた文明の地のラインが

正確に移動していることが書かれており、

次の文明が発展するラインの地も書かれています。

 

本を読んだ当初は、

そのラインには私の先祖もいた島もあり、

私自身もそのラインの近くで生まれ育ち、

仕事もしていたので興味深く思いました。

 

 

 

2010年春に今の街へ来るまでは、

人生の大半をガイアの法則や

カタカムナ文明に関する土地の

周辺で暮らしてきました。

 

私はこの近辺の町や自然が大好きで、

いずれ戻るつもりでいたため、

ケアマネジャーの登録地も

そのままにしていました。

 

2017年9月に現場に戻りましたが、

実家により近い方へと思い、

すでに多くの時間を

もとの地で過ごしています。

 

ただ、

今の街のお店の人や周りの方々が

とても良い方々で大好きなことや、

 

今のスペースが心地良く、

安定して呼吸瞑想をできること、

インスピレーションを受け取りやすいこと、

 

カタカムナとガイアの法則の

どちらの近くに行くかなどを

考えていることもあり、

 

次の場所を見つけるまでに

もう少し時間がかかりそうです。

最善の流れを待ちたいと思います。

 

2003年の

一度目の体調ダウン時のある夜中に、

中心に瞑想を行う場所がある

ホリスティックなセンターのビジョンを

観ましたが、

 

それは、

今回お参りした神社のふもとに

住んでいる時でした。

 

そのビジョンは

海と山が見える少し高台にある場所で、

このあたりの山系なのか、

あるいはガイアの法則ラインか、

先祖がいた島なのか。

 

その島はすでに何人かのリーダー的な方々が

移住されています。

自然農法をされている方も。

 

ビジョンで観たセンターは、

私一人で創るものではなく、

多くの方々との協力と

公的または民間などからの支援が

あるイメージでした。

 

私自身は、数年先には現場の仕事と

自分のライフワークが融合している感じです。

 

今現在現場の仕事に戻っていますが、

2014年に設立した法人は

まだ維持しており、

私の中で自分がやっていきたいことを

忘れたことは片時もありません。

 

2017年5月のある日、

会社に対する執着は全くなく、

いったん自分の会社を整理しようと

思ったのですが、

 

その翌日、

呼吸瞑想アカデミーと

呼吸瞑想セラピストの商標登録の連絡があり、

続けて残り2つの全ての登録が決まりました。

 

この申請は会社で行っていたため、

登録がおりた時点で、法人継続を

決める流れとなりました。

 

呼吸瞑想アカデミーの内容となるものは、

 

私自身の毎日の実践の中で

発展してきましたが、

一年以上前の段階である程度のものが

できていました。

 

昨年から最近にかけて、

私自身の勤務場所の変更や、

主任ケアマネジャーの研修、

勤務場所内のスタッフの入れ替わり、

私自身の配置移動などもあり

多忙でしたが、

 

ここ一年で、その内容は

さらに大きく更新されました。

 

昨年、

日本や世界で起こった様々な出来事の中で、

 

地球自体が大きな

進化成長の時期を迎えていること、

 

これまでの物質文明を主とした3次元地球から

愛と調和をベースとした5次元地球へ

移行しようとしていること、

 

その中で光と闇が際立って現象として

現れていることを感じました。

 

各個人においても、

新しい時代に向かって、

不要なものを手放す浄化と、

本来の自分の創造力をとり戻す

大きな流れが起きている中で、

 

自分自身の波動、エネルギー、

心身の健康を保つ方法、

高次元のエネルギーを受けとり、

その状態を保つ方法などの

インスピレーションを受け取り、

実践する流れとなりました。

 

現在は瞑想中、

3次元地球にありながら、

5次元地球にもアクセスしています。

 

また、流れるエネルギーは、

宇宙の創造の源のエネルギーと共に、

複数の高次元のものもあります。

 

呼吸瞑想アカデミーの準備は、

ゆっくりとしたペースで

進んできましたが、

 

この2019年内には、

最初の講座を創り、

皆様にお届けする体制を整える

必要があると思っています。

 

今の現場の仕事は6月で2年目に入りますが、

今後現場でも実践していきたいことがあり、

並行しての準備となります。

 

先日、2012年の年末から

2013年1月にかけて開催した

15日間のシータヒーリング

インチュイティブアナトミー(直観的解剖学)

セミナーを受講してくださった

女性の医師の方から電話をいただきました。

 

私のブログを時々見ていてくださったようで、

とても嬉しく思いました。

連絡をくださったこともとても嬉しく、

ありがたかったです。

 

私は、平成元年に看護短期大学を卒業し、

看護師になりました。

 

それから31年目の4月、

「令和」という新たな時代を迎えます。

 

看護師として病院で働き、

がんや病気で亡くなってゆく人達を見て、

この30年間ずっと探求してきたこと、

 

宇宙、自然、波動、氣、エネルギー、

量子力学、素粒子、原子、分子、

神道、呼吸法、食、水、瞑想、

各種セラピー、フラワーエッセンス、

各種ヒーリング、スピリチュアル、霊性、

各種メソッド、コーチングなど。

 

平成の30年間、

医療の体験をベースに様々な体験を

積み重ねてきました。

 

まだまだ途中経過ではありますが、

ようやく私なりの答えを見つけています。

 

いのちとは何か、

魂とは何か、

私達はなぜ地球に生まれているのか、

生きるとは何か、

人生とは何か、

 

病気とは何か、

どんな状態であるのか、

なぜ病気になるのか、

 

どうすれば人が幸福に健康に

生きられるのか。

 

この30年間の中で、

2006年にシータヒーリングに出会い、

2007年にインストラクターとなり、

2016年8月まで自主開催を行い、

2018年2月のリクエスト開催を最後に

活動を終了しました。

 

現場の仕事や

センターの仕事との並行期間を除き、

約5年4カ月シータヒーリングをメインに

活動しました。

 

書類の整理をしている時に、

こんなにも力を入れて

資料を作成していたのか

と自分でも驚きました。

 

先の受講してくださった方も

私のセミナーを選んでくださった

理由を話してくださいました。

 

活動を終了してから、

知らない方で、

私の活動について知っている方々の

お話しを聞く機会もあり、

自分でも驚くことが度々ありました。

 

自分がその時できるベストを尽くして、

セミナーを開催していたことを

思い出しました。

 

私は来てくださる皆さんが大好きで、

セミナーを開催することは

とても大きな喜びでした。

 

探求してきた30年の中で、

シータヒーリングに関わらせて頂いた

数年間はかけがえのない思い出です。


すでに活動を終了しておりますが、

 

2019年4月19日をもって、

シータヒーリング・サイエンスの資格が

終了します。

資格の更新は行いません。

 

多大な影響を与えてくださった

ヴァイアナ・スタイバル女史、

赤松 瞳さん、

(故)大久保 恵さんに

心から感謝を申し上げます。

 

2009年、

一緒に自分達で通訳の方々を依頼して

アメリカ アイダホへ同行し共に

シータヒーリング・サイエンスとなった

三井 ひとみさん、

通訳の豊田さん、長尾さん、あけこさんに

心から感謝を申し上げます。

 

2009年、2013年、2014年

アイダホで共に学び遊んだ仲間の皆さん、

 

2007年は千葉、

2009年、2010年、2012年、

2013年、2014年、2015年は

東京で共に学び遊んだ仲間の皆さん、

 

とてもとても楽しかったです!

本当にありがとう!みんな大好きです!!

 

そして、

シータヒーリングを学んでくださった方々、

 

短い期間でしたがレムリアンヒーリングを

学んでくださった方々、

 

セミナーにお越しくださった全ての皆様に、

心から感謝を申し上げます。

 

皆さんのこと、

今も大好きで、愛しています。

 

本当に本当に、

ありがとうございました。

 

これからも自由に思う存分、

自分の人生を創造していってください。

 

これから先の未来で、

同じ日本に生まれ、

日本を愛する仲間として、

お会いする機会があれば、

大変嬉しく思います。

 

平成の30年間に感謝して、

新たな思いを胸に、

新しい「令和」の時代を生きていこうと

思います。

 

今回もとても長くなりましたが、

読んでくださってありがとうございます!

 

(写真は、お参りした時のものです。)

 

心からの愛と感謝をこめて☆
呼吸瞑想アカデミー 天毛絵美子

 

呼吸瞑想アカデミー代表 天毛絵美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります