天の氣と地の氣をとり入れる | 呼吸瞑想アカデミー代表 天毛絵美子オフィシャルブログ 「エネルギーを高め、最高の未来を開く」

テーマ:

 

 

皆さん、こんにちは!

 

約1カ月ぶりの更新となります。

この間ご訪問くださった皆様に、

心から感謝申し上げます。

 

私は、現場のお仕事と

主任ケアマネージャーの研修で、

充実した日々を過ごしています。

 

今のお仕事についてから、

早くも半年が過ぎました。

 

地域包括支援センターのお仕事は、

市から委託を受けて65歳以上の方の

相談窓口として業務を行っているのですが、

内容が多岐にわたり、

初めは慣れるのに精一杯でした。

 

9月には数カ月間いなかった

主任ケアマネージャーさんの席に

男性の主任ケアマネージャーさんが

入って来られて

(私は今は看護師として勤務中)、

 

この方がとても良い方で、

職場のエネルギーもさらに良くなり、

笑顔の多い職場になっています。

 

また地域の方々や民生委員さん達とも

何度かお会いするうちに、

私のことも覚えていただけるように

なりました。

 

市や区と連携をとりながら、

地域の相談窓口となり、

地域を支援することも

とても大切なお仕事なんですが、

 

この仕事に携わって、

地域の方々がこんなに協力して

色々とがんばっておられるんだと

驚くことが多々あります。

 

人と人の助け合いやつながりを感じて、

あたたかいなぁと感じることがよくあります。

 

また、他の地域包括支援センターの

保健師・看護師さん達とも毎月お会いし、

話し合ったりしているのですが、

 

介護予防、健康寿命の延伸が主なテーマで、

ちょうど学びたいこと、実践したいことで、

嬉しいです。

 

11月はセンターに市の看護大学の

学生さんを実習でお迎えしました。

 

21歳の学生さん達は、

純粋で優しくて、

目がキラキラして、

学ぶ姿勢が誠実で、

とても素敵でした。

 

看護短期大学時代の同窓会もあり、

21歳の頃の自分を思い出しました。

 

看護師長さんや訪問看護のベテランさん、

デイケアナースやクリニックナース、

県の保健師さん、市役所の保健師さんなど

それぞれ自分の持ち場で活躍していて、

とても楽しくて良い刺激になりました!

 

その翌週には、地域包括支援センターの

保健師・看護師さん達との食事会で、

こちらも仕事場以外でお話しできて、

とても楽しかったです!

 

センターまで距離があって、

なかなか来れない地域を対象に、

毎月出張相談会を開催しています。

 

11月は

私ともう一人の看護師さんが担当で、

毎回来てくださる方々もいるので

その時によってテーマを決めて

お話しもさせていただくのですが、

 

冬に向けて身体を冷やさない食事と

入浴の工夫などについて話しました。

 

身体をあたためるお話しの中で、

簡単な呼吸法をお伝えすることになり、

皆さんにポイントをお話ししました。

 

メモをとりながら、

聞いてくださった方もいました。

 

相談会なので、

実践まではしなかったのですが、

いつか実際にやりながら

お伝えできたらいいなと思いました。

 

後日、一緒だった看護師さんが、

あれから呼吸法やってますと

言ってくれて、嬉しかったです!

 

今日のブログのテーマの

「天の氣と地の氣をとり入れる」

ですが、

 

これは私が大自然の中で旅をしていた時に

実際に体感したことでもあります。

 

写真は4年前に訪れたセドナです。

ここは大地のエネルギーがとても強くて、

ボルテックスがいくつもあります。

 

私はセドナで、

地球のエネルギーをダイレクトに感じて、

地球から

生命を育む大きな慈愛のエネルギーを

感じました。

 

私が一番最初に地球のエネルギーを感じたのは、

20代半ばにオーストラリアに滞在した時でした。

 

エアーズロック(ウルル)へ

行くまでの道中のある町で、

4WDツアーに参加しました。

 

ただただ広い赤土の大地と

雲一つない真っ青な青空に立っていた時、

 

全身に突き抜けるような

エネルギーをを感じました。

 

その瞬間、

「宇宙」、「地球」、

その間にいる自分を感じました。

 

まさに「今ここ」

 

「宇宙と地球と、

 すべてと、

 今ここにある」

感覚です。

 

毎日呼吸瞑想法をやっている中で、

 

私は自然に、

「宇宙・天」と

「地球・大地」を

意識して呼吸し、

 

自然に全身に

エネルギーを取り入れたり、

流したりしています。

 

ただそれを

心地良く行う時もあれば、

 

量子レベル、

チャクラ・エネルギーレベル、

細胞・DNAレベル、

各器官・臓器レベル、

肉体レベルで行うこともあります。

 

高齢者の方々をたくさん拝見して

感じることは、

 

人間の全身の骨格、背骨、

それに付随する筋肉、

血管、神経系統は

とても重要であること。

 

背中が曲がってくる、

足が弱ってくる、

このような現象は

加齢とともに起きやすくなるのですが、

 

生理学的現象とともに、

流れるエネルギー(氣)の低下も

要因ではないかと感じています。

 

私のひいおばあちゃんは、

30年位前に、90歳代で亡くなる

2間位前まで畑仕事をしていました。

 

土の上を歩いていたことも

良かったのではないかと思います。

 

今は街は舗装された道路ですが、

自分の意識を向けることで、

エネルギー(氣)は取り入れられます。

 

時には土の上や砂浜を歩くのも

とても良いと思います。

 

また、

地球は大宇宙の中の一つの星であり、

宇宙空間には宇宙を創造する

エネルギーが満ちています。

 

私達の肉体も、

宇宙の星々と同じように、

宇宙の中で生まれました。

 

宇宙・天からエネルギー(氣)を

とり入れることと、

 

大地・地から、

エネルギー(氣)をとり入れること。

 

この二つを意識して呼吸してみるのも

良いと思います。

 

呼吸する、
息(いき)をする

ことは

生きる(いきる)

ことにつながっています。


心地良い呼吸で一日を過ごし、

心地良い呼吸で眠りにつきましょう。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます!

 

心からの愛と感謝をこめて☆

呼吸瞑想アカデミー 天毛絵美子

 

呼吸瞑想アカデミー代表 天毛絵美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります