再会の時☆人生の節目 | 呼吸瞑想アカデミー代表 天毛絵美子オフィシャルブログ 「エネルギーを高め、最高の未来を開く」

テーマ:

 

 

いつのまにか、

少し寒く感じる季節に

なってきました。

 

気温はそうなんですが、

お天気の良い日の青空は、

澄んでいてとても綺麗です。

 

この写真は、訪問の時にお客様の

ご自宅前の公園で撮ったものです。

 

大きな柳の木が風になびいて、

光が差し込んでキラキラしていました。

 

現在受講中の主任介護支援専門員は、

スーパービジョンの学びが始まりました。

 

今回の研修では、

何度もグループワークがあり、

お互いに顔見知りの人が増えてきました。

 

この度の研修は、

私にとってとても嬉しいサプライズが

ありました。

 

2009年にヒーリングを学ぶために

渡米する直前まで勤務していた

P訪問看護センターで一緒だった

Sさんとの再会です。

 

Sさんとは、

P訪問看護センターの前に、

T事業所でご一緒していました。

彼女は訪問介護(ヘルパー)の

サービス提供責任者で、

私は居宅介護支援事業所の

ケアマネジャーでした。

 

2006年11月にシータヒーリングに出会い、

15日間のセミナーに参加するために

T事業所を退職し、少ししてから

P訪問看護センターの社長に

声をかけて頂いて勤め始めました。

 

Sさんはその約2年後にP訪問看護センターへ

来られました。

 

私もSさんも特殊な条件で

P訪問看護センターで勤務していました。

 

二人とも自分が実現したいことがあって、

それを理解してくれるP訪問看護センターの

社長(女性)の理解と応援があって、

勤務させてもらっていました。

 

Sさんと9年以上ぶりに話しました。

 

彼女はとても優しいあたたかい人で

T事業所では利用者さんに信頼される

素晴らしいヘルパーさんで、

敏腕の管理者でもありました。

 

2009年、

彼女は仲間と3人で自分達で

訪問介護事業所を立ち上げたばかりでした。

 

自分達の事業所の責任者をしながら

軌道に乗るまでケアマネジャーとして、

一部P訪問看護センターで働いていました。

 

私はシータヒーリングのセミナーの活動を

始めて2年目になっていました。

その年の7月にさらなる勉強のため、

アメリカ、アイダホへ行くことを決めて

退職の準備をしていました。

 

私はT事業所を退職する時も、

P訪問看護センターを退職する時も、

自分がしたいことを伝えて、

皆さんに応援して頂きながら

職場を離れました。

 

その頃の私の思いは一貫していました。

 

医療現場で看てきた患者様達から

心のケアの重要性を感じ続け、

 

現代医学と協調しながら、

心のケアや代替医療などを取り入れる

ホリスティック医療、

統合医療を行うことでした。

 

Sさんは、

とても応援してくださった方の

お一人でした。

 

いつだったか、

シータヒーリングの活動を盛んに

行っていた時、

実家に戻る電車に乗っていて、

ある駅で立っているSさんと

ドアが開いて目が合い、

 

彼女は私が乗っている電車が去るまで、

深々と頭を下げてくださっていました。

 

その時、サービスを依頼する

ケアマネジャーとして

彼女と一緒に仕事をしていた時のことを

思い出しました。

 

どのお客様にも真剣に向き合って、

サービスを提供させて頂いていたこと、

 

Sさんも含め、様々な場面で出会う

各事業所の方々とやりがいを持って、

信頼を持って協同で働いていたこと。

 

Sさんに「統合医療をされるって

言われてましたね。」と言われて、

当時の自分を思い出しました。

 

その頃の純粋な自分の思いを思い出し、

約10年で自分が大きく変化したことを

実感しました。

 

2016年6月に、

自分が開設したセンターの閉鎖を決め、

大きく体調ダウンする直前に

ケアマネジャーの再研修受講を決め、

 

2017年9月にはケアマネジャーとして

現場復帰し、そこで現場を思い出し、

主任ケアマネジャーの受講用件を満たし、

 

地域包括支援センターで学びたいと思ったら、

予想以上に早くそこで勤務することになり、

 

地域の方々の相談窓口、

地域の方々とつながり支援すること、

徘徊で帰れなくなる認知症の人を

地域で支えるネットワーク作り、

健康維持、介護予防の学び、

それらの啓発活動など、

 

学びたい、吸収したい、実践したいと

思うことばかりが、今ここにあります。

 

そして今、地域に根付いてきている

お互いの集まり、つながり、助け合う

ネットワーク作りから、

 

人と人が出会い、交流することの

素晴らしさを感じています。

 

人が心も体も健康であるためには、

人と人の交流は欠かせないものである

と感じています。

 

フレイル予防も

認知症予防も、

いずれもそのことをうたっています。

 

人と人が交流する場所には、

お互いの生命エネルギーが循環し、

交流し、活気が生まれます。

 

心の交流が生まれます。

 

それはまさに愛のエネルギーです。

ただそこに愛があります。

 

つい先日は、ネスレのコーヒーマシンを

置いている介護予防カフェにお邪魔しました。

 

毎月センター職員が交代で参加させて

頂くのですが、今月は私の当番でした。

 

ちょうどネスレの会社の人が撮影に

来られている日でした。

 

そこは無農薬、減農薬のお米やお野菜、

自然のお菓子などを販売されている

農園のお店があるところで、

とてもほのぼのするスペースです。

 

手作りのおぜんざいをいただき、

お団子も手作りで、

ものすごく美味しかったです!

 

そして、皆さんと身体を動かす

脳トレゲームで大爆笑したり、

みんなで歌を歌ったり、

ハンドマッサージをして頂いたりで、

とても楽しい時間でした。

 

私は今、

人生の節目にいる気がします。

 

医療の患者様という一場面から、

地域で、住み慣れた自宅で

生活している人を支援する

という視点で観ています。

 

その中で、心も体も元気で、

生き生き生きられる社会の創造を

思い描いています。

 

楽しみながら、

笑いながら、

喜びながら、

健康寿命を伸ばすこと。

 

Sさんに、

これから私がやっていきたい

呼吸瞑想のことを話しました。

Sさんは変わらず笑顔で聞いてくれました。

 

約2カ月前の9月、

シータヒーリングの元受講生さん達に再会し、

残っているセミナーのマニュアルを

すべてお渡しししました。

 

お二人とも、

何度もセミナーをアシスタントしてくださり、

実際の個人セッション数の経験も多くおありで、

 

お一人は初期の頃のお客様で

医療現場でのカウンセラーとしても

数年以上活躍され、

もうお一人の方もここ数年の個人セッションで

かなりの経験数を持たれており、

 

純粋にシータヒーリングを愛している

素晴らしい方々です。

 

センター閉鎖後、彼女達以外の方々にも

元受講生さん達とお会いして、

色々なお話しをする機会がありました。

 

ブログで多くのことを書くことは

できませんが、

私は今も純粋なシータヒーリングは

素晴らしいと思っています。

 

それを実践されている方々も

素晴らしいと思っています。

 

そして、いつも応援しています。

 

私も、皆さんも、

それぞれに自由に自分の喜びの人生を生き、

また人生で交わることができれば、

こんなに嬉しいことはありません。

 

大きな宇宙から観たら、
別れはないのかもしれませんが、

人としての再会は嬉しいですね。


また会えたね!

嬉しいね!


きっと魂は最高に喜んでいることでしょう。

 

今、地域でたくさんの方々に出会い、

あたたかい方々とのつながりの中で、

次のステージが見え始めています。

 

呼吸瞑想アカデミーの構想も

ふくらんでいます。

 

すべての皆様との出会いに感謝です☆

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます!

 

心からの愛と感謝をこめて☆

呼吸瞑想アカデミー 天毛絵美子

 

 

呼吸瞑想アカデミー代表 天毛絵美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります