昨夜



父が緊急入院しました。



といっても




私は何もしてません。





妹から電話があったみたいでしたが



私はもうその時には爆睡中。



4時半の目覚ましで起きて、携帯アラーム止めて画面見たら



妹からLINEが来てました。




日付が変わるくらいに



吐血して、救急病院に運ばれて、


運ばれた病院では処置ができないと、別の病院にそのまま転院して、そこで最初に運ばれた病院から預かってきたレントゲンなどを見て



先生から



『肺がんの疑いが強い』



と言われたそうです。




写真には



10センチくらいの影があるとのこと。



また、リンパが腫れていたり、腎機能も低下しているそう。





私は愛知に住んでいて、父は埼玉に住んでいて。



このご時世、簡単に行って面会できるわけでもなく。




妹がすぐ近くに住んでいるから



全部妹にやってもらうことになります。





こういう時、本当に離れていることの辛さがあります。




車ででも一時間くらいで行き来できる距離なら妹を助けてあげることもできるのに。







連休明けたらすぐに色んな検査をするそうですが、『先生からは手術はしない』と言われたそうです。






まあ、年齢もありますが、



間違いなく転移していますよね。



10センチにもなるまで父が気づかなかったのか?ちょっと疑問にも思いますが、




愛煙者です。




単純に20歳から吸っていたとして軽く50年越えです。



昔の人ですから20歳ってことはないですよねきっと😅





病状がどこまでひどいものなのか、検査しないとわからないけど



覚悟はしておかないといけないようです。











なんか、、、、




しんどいなあ。





給食のおばちゃんのmy Pick