今日の3時のおやつは、昨年ギリシャ・キプロスへ行ってきたスタッフのお土産で、コレ下矢印ですおねがい




 

キプロスの空港で売っていたチョコレートチョコレートのようで、「Carob ChocoBar」と書いてありますニコニコ

つまり「イナゴマメチョコバー」!!


いなご豆は、地中海地方原産の植物で、新約聖書にも何度か登場しますね。



有名な個所では、バプテスマのヨハネは「いなごと野蜜とを食物としていた」とありますが、その「いなご」とは、いなご豆だったと考えられています。


小さいころ、祖母ががいなごの佃煮を作ってくれたものを食べたことがありますが、ヨハネさんも食べていたんだと思っていましたが、いなご豆だったようです。


また放蕩息子が、相続した身代を食いつぶし、食べるものがなくなったときに、豚豚が食べるいなご豆を食べようと思った、とルカ伝にも記述があります。

 

ちなみに、いなご豆は種ではなく、種の入ったさやが食べられます。

さやは、干し芋のような感じの味がしますが、いなご豆チョコレートがどんな味なのか!?

 

A healthy Snack !とありますが、なんと砂糖は使われていないのです。


一口食べました・・・

んお!何だこの味は!!!!びっくり

なんとも言えない味で、粉っぽくて、二口めになかなかいけない・・・


いなご豆のさやを乾燥させて、チョコレートに混ぜただけガーンですね、間違いなくポーン


しばらく、一口食べた後のいなごまめチョコレートと睨めっこしてましたキョロキョロ


なかなかクセのあるチョコレートでした。

好きな人はクセになるかもしれませんニヤリ