ロシア大会と全日本ジュニア選手権、どちらもテレビ放送があったのは女子でした…。
今まで開催されたグランプリシリーズで唯一地上波で放送されたのがロシア大会女子。
全日本ジュニア男子は表彰台3選手はやってくれましたけど…。
いずれにせよ男子受難!

スポーツの面白さという点で、男子は決して劣ってはいないのですが…「一般に受けるのは女子」という思考が未だメディアにあり(実際視聴率に差があるのか、スポンサーの認識なのか?)、
世間とスケオタの温度差を感じることとなりました。

世間ではフィギュアスケートはスポーツとして観られる空気は熟してないのだな。メディアやスポンサー企業はフィギュアスケートの隆盛まで考える余裕はないのだな。
でもこれが精一杯で、頑張ってくれている方なのか…?

このご時世にスポンサーに名乗りを上げてくださる企業やスケーター育成の環境を整えてくださる木下グループさんには、足を向けて寝られません。


男子もあるかなあ…?↓
全日本ジュニア 地上波
   12月1日(火) 深夜2時05分~4時00分
    ※関東地区ほか


点点点点点点点点


若い選手が台頭しつつあると思われたロシアで、トゥクタミシュワさん、コリヤダさんが優勝したことは感慨深いことでした。

プルシェンコさんの元に移籍したトゥルソワさん、コストルナヤさんに笑顔が見られたことは、やりたいことができているんだなと感じられました。良かったな。

病気で欠場となった選手の健康回復を祈ります。


点点点点点点点点


ジュニア(&ノービス)の皆さんも、素晴らしかったですね。世界選手権が中止になって悲しいだろうな。
全日本ジュニア、開催されて本当に良かった。
全日本に推薦された選手はのびのび力を発揮できますように。


点点点点点点点点


羽生さんが全日本にエントリー、このコロナ情勢では難しいと思っていたので、
全日本に出なくても世界選手権に選ばれる権利のある羽生さんが、出たいと思ってくれたことが嬉しいです。
きっと、他の選手も嬉しい。去年のように。
全日本は、日本フィギュア界における最高峰、全選手の憧れであり、一番緊張する試合です。
その場に羽生さんがいることは、自然なことであり、継承の機会にもなります。

羽生さんは全日本王者奪還を狙っているでしょうし、
新プロのショートを披露したいでしょうし、それがオリンピックに使えるかどうかもチェックしたいかもしれませんね。

まあ、試合に出たいと思う羽生さん、それでこそアスリート、私は嬉しい。


そして宇野さんはいつものように俯瞰でみて「観る人は面白くなる」と燃えているでしょう。

年末に熱い戦い、楽しみだな。
私はチケット全滅して…トレードも頑張りますが…、
とにかく全選手、ありがとう!です。



2020-2021 シーズン
フィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準