枠取り | 不確かな未来へ舵を切る

不確かな未来へ舵を切る

日々思うことを、のんびり書いていこうかな


テーマ:

さっき、羽生さんのファンの方のブログを読んでいて、宇野さんや、田中さんや、友野さんに対して、来期の枠取りなど気にせずに自分らしく滑ってほしい、と書いてあったので、

 

それは違うと思うのよ。 

 

私も、枠取りに関しては、選手が何よりも責任を感じていると思うので、3枠とれとれ、とは書きたくないタイプ。

ただ、枠取りのプレッシャーに負けず、自分の最高の演技ができれば、と思う。                

                                                                  

でも、今回、羽生さんのファンがこれを書くと、「?」と感じてしまう。

羽生さんがワールドを欠場し、枠取りの責任を負わないから、他選手にそれを負わせるのは気の毒、羽生さんが責められると大変、という気持ちで書いたのかもしれないけど、

 

ワールドの枠取り、出る選手は自分のために、頑張らなければならないのです。

 

羽生さんが来年のワールドに出たいといったら、確実に一枠は羽生さんのもの。

たとえ、GPSをスキップし、全日本を欠場したとしてもです。4Aを習得しない限り、私はその可能性が高いと思ってる。

(たぶん、選考基準は、今シーズンと変わらないと思う)

 

だから、単純に言うと、最低でも考え方としては

宇野さんは自分のために2枠目を、田中さん、友野さんは自分のために3枠目を、獲らなければならない。

 

そのこと、羽生ファンは、わかっているのかな~と思ってしまった。

 

枠は、出場選手の合計のポイントで決まるし、獲ったとしても自分が行くかは決まってないので、

実際には、こんな単純ではないですが。

出場選手は、羽生さん欠場でも、そうでなくても、当然3枠狙うものでもありますが。

 

まっ、羽生さんのワールド欠場に、別に不満はないですけど、

羽生さんしか見えないファンに、他の選手のことも、ちょっとは見えてほしい、と思うことが多いので。

 

書いてしまいましたスミマセン。

 

 

 


にほんブログ村

 
人気ブログランキング

 

 

 

六花さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス