Here Today徹底分析(2) | 音楽研究者 藤野純也のブログ:てるむじか

音楽研究者 藤野純也のブログ:てるむじか

音楽学者、アマチュアキーボーディストの藤野純也の総合ブログです。

Here Todayの構成は [A]-[B1]-[B2]-[A']からなる三部形式として理解できる。

結論を先に言えば、Here Todayが秀逸なのは最初の[A]と、中間部を経て再現される[A']の印象が、和声や旋律が同じであるにもかかわらず全く変わってしまう点にあるのだが、そのことを述べるには、まず冒頭の[A]の特質を理解しておく必要がある。そこで、冒頭[A]の分析譜を譜例に示した。

冒頭[A]は、長調(Key of G)であるにもかかわらず、「メジャー」感がほとんど感じられない点に特徴がある。曲の冒頭から流れを追ってみよう。

曲は悲痛な響きのハーフディミニッシュ #IVm7-5で始まり IVに後続し、主調 Key of Gの主和音Gに導かれるが、変格終止(IV-I)の特質上、全終止(V-I)ほどの力強さはない。

バスの経過音F#を経てコードはVI のEmに進行する。そこからの後半4小節に関しても「マイナー」の印象が曲を支配している。それを決定づけているのが"ooo..."とファルセットで「嘆く」部分に登場するCmである。

メジャーの曲でIVが局所的にマイナーになる、サブドミナントマイナーは珍しくないが、ここで歌われる「嘆き」の旋律に FとEbが含まれることに注目したい。この2音はKey of Gmの固有音であるため、サブドミナントマイナーというよりは一時的にKey of Gmに転調していると考えるのが自然だろう。

そのため、Cmに後続する主和音Gはあたかも短調の主和音がメジャーになるピカルディ終止のように響くため、相変わらずマイナーの印象が強く残る。

今回は[A]が実際は長調であるにもかかわらず、印象としては「マイナー」であることを述べた。

次回はこの構造を歌詞に関連づけて考察する。