キーボードのストリングスをより本物らしく聴かせる方法 | 音楽研究者 藤野純也のブログ:てるむじか

音楽研究者 藤野純也のブログ:てるむじか

音楽学者、アマチュアキーボーディストの藤野純也の総合ブログです。

エクスプレッション・ペダルを用いて、聴感上はほとんど気づかれない程度の音量変化を「常に」付け、弓の入りと抜きを表現すること。

これだけで、平坦でオルガン的になりがちなシンセのストリングスが途端に生き生きと響いてきます。

次の動画は僕が主催するビートルズバンド Malus Pumilaが演奏するYestetday です。ここで僕は上述の方法でシンセのストリングスに呼吸と魂を込めています。