I’ll Follow The Sunに関する考察(1) | 音楽研究者 藤野純也のブログ:てるむじか

音楽研究者 藤野純也のブログ:てるむじか

音楽学者、アマチュアキーボーディストの藤野純也の総合ブログです。

・はじめに

あまり指摘されているのを見たことがないが、ポールが16才の時に作ったとされる、I’ll Follow The Sunの元ネタはバディー・ホリーのEverydayではないだろうか。二曲の類似点を以下にあげる。

・形式の類似

I’ll Follow The Sun、Everyday ともに[A][B][A]の三部形式で書かれている。[A]の前に2小節のシンプルなアルペジオのイントロが入ること、間奏に[A]を用いている点も類似する。

・和声進行の類似

[B]の直前に IVのセカンダリ・ドミナント用い、[B] がサブドミナントで開始される点が類似する。またEverydayにおける[B]は後のビートルズサウンドの特徴となる準固有和音 bIII bVI bVIIが中心となっているが、 I’ll Follow The SunにおけるIVmにその反響が感じられる。

 

・[B]のモチーフの類似

Everyday の[B]の歌い出しモチーフと I’ll Follow The Sun[B]の歌い出しのモチーフはアウフタクトの有無を除けば同じである。

・膝パタパタ

ミュージカル「バディー・ホリー・ストーリー」に、クリケッツのドラマーが膝をパタパタ叩いたのを見たバディーがその音を面白がってEverydayに採り入れるという場面がある。

ご存じの通り「膝パタパタ」I’ll Follow The Sunでもリンゴがやっているが、これは一種の「ネタばらし」と解釈することができる。

・おわりに

作曲の初歩の段階では、特定の曲の形式、構成、コード進行を真似て作曲するということは良くある。ポールもそのようにしてEverydayを参考にI’ll Follow The Sunを作曲したというのが筆者の説である。

だが、そのまま真似たのではただの盗作になる。そこで通常、参考にした曲のイメージを残し、意図的に改変が加えられる。I’ll Follow The Sunでは主にコード進行に改変がみられる。そのコード進行が実に不思議なものなので、次回、あたらためて分析したい。