昨日の朝ドラ『スカーレット』を観て、

 

フムフムとうなづく瞬間がありました。

 

 

主人公の貴美子が、夫の八郎にかける言葉です。

 

 

「ぶち壊して前に進もうや」

 

 

フムフム。

 

 

そうなんです。

 

 

前に進むためには、これまでの成果や評価をぶち壊して前に進むことも時には必要だなと。

 

 

これまで培ったキャリアを捨てて転職するのもそういうことですし、

 

もっと上を目指すためには、これまで正しいと思ったやり方ではない新しい方法に挑戦したりとか。

 

 

スポーツで言えば、

 

イチロー選手は、

 

現役時代、毎年毎年トップの成績を挙げていたにもかかわらず、

 

翌年にはバッティングフォームをあえて変えたり。

 

それもこれも、

 

今だけではなくて、その先も常に見据えて、

 

人生を長いスパンで俯瞰しているんですね。

 

 

 

ぶち壊して前に進む

 

それができて、結果、成功できたらカッコいいし素晴らしいんですけど、

 

人はそんなに大胆になれないんですね。

 

 

 

夫の八郎さんは、

 

「僕は貴美子とちゃうで・・・」

 

そう言って悲しい目をする。

 

 

 

そう、私も貴美子とは違う。

 

 

「才能のある人の無意識の言葉は人を傷つける」

 

 

わかる〜。

 

 

才能のある人は気づかないんです。

 

 

なぜなら、

 

「どうしてぶち壊して前に進めないの?前に進めばいいだけやん」

 

と、思っているから。

 

 

才能のある人間は、

 

そもそも自分に才能があるなんて微塵も思っちゃいない。

 

 

自分がこれまで残した成果なんて今さらどうでも良くて、

 

そんなことより、

 

今、自分が目指している場所に到達するために足りないものは何かを考えて、

 

そのために必要な方法を考えて実行することだけを考えているんですね。

 

 

だから、

 

「自分に才能があるかどうかなんて、考えたこともないよ」

 

て、しれ〜っと言えちゃうんです。

 

 

でも、

 

才能のない人間は、

 

 

どうしても過去の成果や人の評価にすがってしまう。

 

 

それらを宝物のように引き出しの奥に仕舞い込んでいるから、

 

埃をかぶっていても捨てられない。誇りだけに・・・・。

 

 

 

 

 

八郎さんは苦しそうにつぶやきます。

 

「貴美子と一緒におるんはしんどい」

 

 

才能のない人が、

 

才能のある人と一緒にいられることをありがたいと感じられる限り成長できますが、

 

しんどいと感じたら、それはもう嫉妬ですから成長は止まりますわな。

 

 

 

その嫉妬は、

 

「そもそも自分の方が上だったはずだ」

 

と、いうプライドを捨て切れないからで、

 

そのプライドを持ち続けている限り、

 

成長は止まりますよね。

 

 

 

私も嫉妬し続けた時期がありましたよ。

 

 

 

34歳の時、病気をして1年間リハビリして職場に復帰した時。

 

その間に、自分より全然仕事ができてなかった若手が成長していて、

 

運動機能も衰えてしまった自分に比べて若々しくて、

 

機動力もあって、

 

当然、使う側の評価も彼らの方が高くて。

 

 

嫉妬しましたよ〜。

 

 

 

「奴らと同じ歳の時は、俺の方が倍以上仕事できたわ!」

 

なんて思っても、全く意味のないところにしがみついてました。

 

 

 

そんな自分の愚かさに気づくまで結構時間がかかりました。

 

 

それまでの時間は、本当に無駄でしたね。

 

 

 

「昔の自分はもうどこにもいない。また一からこれからの自分を作っていこう」

 

そう思えてからは、仕事が楽しくなりました。

 

そのきっかけを作ってくれたのがテンちゃんの誕生でしたよね〜。

 

 

 

まあ、そもそも私自身は、才能に関して言えば、

 

才能があるなんて思ったことはこれまで一度もないので、

 

しがみついてたものなんて、本当に小さな埃のようなものでしたから。

 

 

 

 

まあ、そんな感じで、

 

若い人たちにも大人にも共通して言えることですけど、

 

人間は、

 

成長しようと思えばいくらでも成長できるのです。

 

 

 

その成長を妨げているのは、他ならぬ自分です。

 

 

自分の才能を信じて前に進むことは良いことですけど、

 

自分の残した成果にすがるのは、格好の良いことではありません。

 

 

それを糧にさらに励むことは良いことですけど、

 

それを自慢することは、格好の良いことではありません。

 

 

壁にぶつかったら、

 

その壁をぶち壊さないと、前に進めない時は必ずきます。

 

 

その時、

 

自分はぶち壊せるのか?

 

自分は前に進めるのか?

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へにほんブログ村

 

 

                                <a href="https://www.photo-ac.com/profile/1147610">HiC</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真