11月25日豊明市より委託を受けて事業を行っておりました障害理解促進事業の最後のイベントであるパネルディスカッションを行いました。

 

三重県からヘルプマークアンバサダーの小崎麻莉絵さんをお呼びして、

共生社会を考える基調講演をはじめ、

ルーチェの藤原さん、豊明福祉会の大谷さんとの障害理解に向けたパネルディスカッションは、

非常に有意義でこれからの福祉の在り方を考える意味で私たちの法人にとってもよい機会でした。

 

また日を置いた中日新聞様にも記事を書いていただき、地域の理解を促せたかと思います。