帝京大学サッカー部松本蓮です

 

10月14日に今年度最後のリーグ戦を終え、最低限の目標である1部昇格を果たしました。

しかし、今年1年間は自分のサッカー人生の中で一番苦しい1年となりました。

 

この1年間の最初の半年は怪我をして、復帰しても後期のリーグ戦はあまり出れず、何よりも1位ではなく2位で終わったからです。

この2位という現実を、重く受け止める必要があると感じています。

 

自分の中で優勝できなかった原因が、後期の東大戦の試合の中ではっきりとしました。

 

それを伝えることが今の下級生にとって必要なことではないかなと感じたので、生意気ながら書かせてもらいます。

 

それは、個人個人の考える力とその質が十分でないことです。

4年生には明るい人が多くて勢いもある、それは大切なことで、その明るさがチームの雰囲気を良くしたり、個人的に助けられる時もありました。ですが、その明るさや勢いの原点に、表面的な考えではなく、なぜ今明るく振舞っているのか、なぜ今ピリッとした雰囲気で振舞っているのかを考えて行動できているか、またその雰囲気を感じ取れているかそこまで考える必要があると思います。

結局、積み重なった思考の基盤が自分自信の中に無ければ、勢いを折られた時には何も残らず、試合では力を発揮することができないと確信しました。

そういう人が多い集団は、必ずどこがで勝ちきれないと思っています。

 

逆に常日頃から、何故を考え、思考の基盤がある人は、あのプレッシャーのかかった試合でも力を発揮し、結果を残したと思います。

そういった選手が多いチームこそ、いい集団であり大事な時に勝つチームだと思います。今年度は、僕自身はそういうところに敏感でしたが、皆んなを変えられるまでの力はなく本当に申し訳ありません。

 

しかし、今の下級生には、思考の質が高い人、状況を感じ取って振る舞える人が今年よりも多くいると思います。そういう人がしっかり発信し、また周りもそれを感じ取れる事が出来れば、質の高い集団となり来年はもっともっと良いチームになると思います。そして、田村さんや荒さんはそのヒントを常日頃から様々な形で発信してくれていると思います。

その1つ1つ無駄にせず、自分の中で思考を繰り替えてして、結果を残せるチームになって欲しいです。

 

最後になりますが、監督、コーチ人の皆さま、4年生、後輩、マネージャー、トレーナーそして支えてくれた家族に感謝したいと思います。

 

ありがとうございました😊