白やぎさんたら読まずに食べた
 
それでもいいから手紙をかこう♪
 
 
 
おはようございます。
 
手紙のある暮らしを提案している  うちだまきです。
 
初めての方はこちらを読んでくださると嬉しいです♪→プロローグ~白やぎさんたらたべちゃった~


いやーーーー早いっびっくり

もう20日??びっくり

どうしよう……タラー

年末がやってくる

お正月の準備?大掃除??

いや、その前にクリスマスがやってくるびっくり

サンタさんの準備してないガーン



ク~リスマスが
こ~と~し~も
や~ってくる~

悲しかったっ  出来ごっとっをっ
消~し去~るよ~にぃ~



竹内まりやを熱唱しながら
ケンタッキーのCMを思い出しながら
現実逃避気味のママサンタタラー



みなさんのお家には
サンタさん、いつまで来ました??


うちは中学一年の冬に
告白することにしていて。

それまでは
フィンランドのサンタさんに
来てもらっていますサンタ


長女が生まれてから ずっと、
クリスマスには

『パパ・ママからのプレゼント』と
『サンタさんからのプレゼント』

を用意してました。


木製ブランコやさんに電話して
『段ボールに`サンタさんより´って書いてください(。-人-。)』ってお願いしたり


『メリークリスマス!ことしもいい子だったね。サンタより』って手紙を書いてみたり


英字模様のラッピングペーパーで包んでみたり


外国の切手貼ってみたり。




離婚してからも

『ママからのプレゼント』と
『サンタさんからのプレゼント』

のふたつを用意することは
どーしても譲れなくて。


あれ?サンタさん不況??
最近しょぼくない?
なんて思われないかドキドキしながら


それでも
めいっぱいのワクワクを
届けたくて。


どこまで信じてくれてたのかな(笑)


知ってて それでも
気がつかないフリをしてくれてるのかもタラー



だってね。
わたしだって小学生の時
お父さんとお母さんがプレゼントを枕元に置いてくれてるって知ってたもん。


それでもお父さん。
『本当にサンタクロースはいる』
そういって譲らなくて
NHKにまで電話して。


なんでも、お昼にね、
フィンランドのニュースやってたんだって。
もう一回放送してほしいって。
娘に見せてやりたいんだって。


テレビの前に座らされた夜8時45分
国内のニュースに引き続き
海外のニュース。
ちょうどどこかで戦争がはじまったって……


もうニュースの時間も終わりじゃん……
サンタクロースなんていないって……


そう思った矢先
きっと、おそらく
時間は8時59分30秒(笑)

『さて。最後のニュースです。
遠いフィンランドでは
クリスマスプレゼントを配りに
サンタクロースが出発しました~』

って

*写真はイメージ

満面の笑みの女性キャスターが言ったかと思うと、トナカイのそりに乗ったサンタさんがキャスターの100倍くらいのやさしいあったかい笑顔で画面を右から左に駆け抜けていった……

びっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくり


時間にしてわずか数秒。


それでも私の心を動かすのに十分だった。




なんかねー胸がいっぱいになってしまって。


そりゃフィンランドにはそんな人もいるでしょ……っていう冷めた気持ち。

やっぱり空飛んでないじゃん……っていう変な怒り。

トナカイほんとにそりひいてるーっていう驚き。

サンタクロースを映像としてはじめて見た興奮。

『どーせ親がやってるんでしょ』って冷めた子どもになってほしくないっていう父の気持ちもなんとなく理解できて。

サンタさんという存在をあたたかい思い出にしてくれようとした父のやさしさがうれしくて。


トイレにこもって泣いてたなー。




その夜のすずの音。


寒いのに雪の中、
庭ですずをならしている父の姿を想像しながら

クリスマスっていいなぁ

あったかいなぁ

って思ったのを覚えてる。



だから。
私がサンタさん役をしてることも
ばれててもいいと思ってる照れ


今年6年生で
最後のサンタさんからのプレゼントをもらえる息子のために


ママサンタは頑張るのだーウインク


で、欲しいものは

『ルアーセット』だとか。

どこにいけばあるんだーガーン

釣具店???



*大好きなノーマンロックウェル





今日は想い出でできている

明日は希望でできている


人間としての命は燃え尽きても
誰かの支えになるような
生きる力になるような
そんな何かを遺せるひとに私はなりたい。

出逢えたすべてのひとと出来事に
限りない感謝と慈しみの気持ちをこめて。



あたたかいクリスマスを
お過ごしください





うちだまき

手紙のある暮らし

リラクゼーションサロン・シェリール