少しずつ自分の気持ちの整理のためにも

記録していこうと思います。



自宅で趣味のお菓子作りを生かして

ケーキ屋を始めよう‼️と思ったのは

多分 12年ほど前になります。



当時39歳ぐらいかな?

初めてやりたい仕事について

ケーキ屋で働いてみて

新しいことを覚える楽しさと 

うまく仕事をこなせない歯痒さと

自分の思ったことが出来ない

もどかしさの中で

生きてた頃です。



そもそも独身時は

バブルに就職した私は

仕事の中身なんてなんでもよくて

楽して給料が良いところ

そんな基準で会社を選んだので、

会社に愛着は湧いても

仕事に対するやりがいは

全くなかったのです。



仕事することに飽きた感が

出てきた時に

当時付き合っていた夫が

転勤してしまう。

それじゃぁ、と

そんな感じで、夫と結婚して

毎日働かなくて良い

そんな暮らしは天国でした。



こどもと一緒に

こどものペースに合わせて

好きな時間でその日その日を

生きていく。

そんな暮らしが大好きでした。



家族で転勤して歩くことも苦ではなく

転勤先で出会う人々との付き合いや

その場所その場所ならではの暮らし。

とても刺激的で

気に入っていました。



各地でも幼稚園の役員や

子育てサークルなど

色んな活動に加わって

楽しくそれなりに暮らしていましたが、

札幌に戻ってきた頃から

幼稚園の役員をやったり

小学校のPTAをやったりと

本格的に忙しくしていました。



そんな子育てとPTA活動やボランティアに

明け暮れていた頃

働いてみたいな と思うようになったのです。



それも趣味のお菓子作りをもっと

極められるように

ケーキ屋さんで働いてみたい‼️



ちゃんと仕事内容で

自分から仕事を希望したのは

この時が初めてかもしれません。



30半ばでやっとです。🤣



今でも覚えています。

面接を受けて結果

希望のお店に働けるようになったことが

とても嬉しかった事を。



何度か転職していますが、

多分、どの就職時よりも

嬉しかったと思います。



そんなケーキ屋さん勤めも

やっているうちに、

違和感を覚えるように。



もっとこうしたいと思ってみても

ただのパートの一人の意見は通らない

こうだったらいいのにと考えてみても

なかなか現実では採用されない

そんな風に思っているうちに、

とうとう気がついてしまいました。

なんだ、そうだ、

自分でやればいいんだ‼️



そんな風に考えるようになりました。



思いついて、自分でお店をやる‼️と決めてから

始めるまで2年かかりました。



色んな事を調べて

保健所に行ったり

業者さんに相談したり

モデルになるような

お店に行ったり。



まぁ、でも、2年必要だったのは

心の準備や実際の準備というより

その時に抱えていた事柄を

手放すのにかかった時間でした。



小学校でも中学校でも

PTA役員をやっていましたし、

その他色んな事を引き受けていたので

それらを次の人に

引き継ぎするのに

2年かかった気がします。



家を工事して、

外階段をつけて

キッチンを個室にして

今思うと

ひとつひとつ手探りでしたが

とても良い時間だった気がします。



ケーキ屋をオープンした時は

まだガラケー時代。

それでも、知り合いに

一斉メールをしました。



3人の子供がいた事。

それぞれの子どものクラス、学校で

役員やボランティアなどをしていたおかげ?で

知り合いも割と多く



それだけで、その日は

沢山の人が来てくれて

用意したケーキは

全て売れてしまいました。


ありがたいことです。



ケーキ屋を始めて

当時は今よりも

自宅でお店を出す人も少なく、

物珍しさもあって

次第にどんどん知らない人も

来てくれるようになって



おなじみさんが出来たりして

立ち話が長くなって、

まるでカフェみたいになって、

友人が自分のワークショップや

勉強会や講座をやるようになって、

とても楽しかったのを覚えています。



家の周りに駐車スペースがあまりない事

そして、時折

ワークショップや講座が重なり

家の一角では手狭になった事

そして何より

自分の中で何かあたらしいことに

挑戦したくなった事

そんな理由でカフェを

自宅以外の場所に出したいなと

思うようになりました。


そして、数年前からずっと温めていた

クラウドファンディングに挑戦したのです。