テッカムの雑記帳兼日記兼独り言

テッカムが歩む道、歩む上で出会った人々、そしていつか出会えるまだ見知らぬあなたに捧げる、日記というよりは、心情の吐露であり、その軌跡を記し、愚かなる自分自身を叱咤激励、鼓舞するための、いわば劇場型コラム…といったら大げさかな♪


テーマ:
うざすぎるくそエロコメントアンドトラックバックしねよ!まじ!













はいどうも!というわけでやってまいりました!
バトンの時間
でございます!













1.酔うと基本的にどうなりますか?

ハイテンションになって、楽しくなって、鋭い一言を言い出します。普段にも増して。

…普通じゃんっていう(苦笑)


2.酔っ払ったときの最悪の失敗談はなんですか?


青山通りの真ん中で昼すぎまで寝てました。

あと、とある居酒屋のトイレを占拠して出てこなかったりだとか

あと、その場にいる男性全員にキスしてまわったりだとか

電柱に喧嘩売ったりだとか

電柱と語り合って意気投合したりだとか

当時バイトしてた居酒屋に乱入してチーフに追いかけ回され

ドロップキックくらったりだとか

数え上げればキリがありません。

 


3.そのときは何をどれくらい飲みましたか?
 


どうなんでしょうね?飲み方を知らないときのことが多いですから。


4.最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?


二日酔いはいつなんどきも最悪です。


5.酔っ払ったときに迷惑をかけた人にこの場で謝りましょう!
 


解決済み……のはず。。。


6.今、冷蔵庫に入ってるお酒の量は?


発泡酒一本。


7.好きな銘柄は?


洋酒。

ビールかな。

クラシックラガーが一番好きだった。



8.最後に飲んだお店は?
 


今日、つかさっきまで、おなじみのあの店です。


9.よく飲む、思い入れのあるお酒は?


基本的にお酒に思い入れはないですね。

ない。うん。ないです。


10.次にジョッキを渡す人4人



わいどんとりあえず飲んどけ!と(笑)


よかけん飲め!


よかよか!


明日仕事?


おいでん仕事て!


よかけん飲め!!


飲め飲め飲め飲め!!!!!















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、4月2日(日)、鹿島RAC創立25周年記念式典が執り行われた。









地区内外より多数のお客様を迎え、参加総数は100名を超えた。また、OBの方々も多数みえられ、あらためて、鹿島RACの25年間の歴史の重さを痛感した。










個人的には、仕事と諸事情により、実行委員長を辞退させていただき、終盤になってようやくお手伝いができるようになったが、こんな自分の想いをしっかりと引き継いでもらって、しかもメンバー全員がそれぞれの持ち味を生かし、新たなことに挑戦し、素晴らしい式典になったと思う。











終盤になって、鹿島RACのキャッチコピー、スローガンを決定したわけだが、これも手前味噌にはなるが、素晴らしいスローガンができたと思う。










TRY NEXT











新たなステージに挑戦していく、次世代にこころを伝えていく、そういう想いがここにはある。











これからもメンバー一丸となって、鹿島らしく楽しい活動ができればと思う。(仕事が落ち着けば、復帰します。)










最後になったけど、遠くから鹿島の周年に駆けつけていただいた皆様、本当にありがとうございました!











二日酔いと疲れで、頭が朦朧としていますが、とりあえず、ご報告まで。













AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日、もし君がまだ暗いうちに起きて、もしくは朝方まで飲み歩いたりしてみたなら、東天を見上げて欲しい。夜空にひときわかがやく星を見つける事が出来るであろう。“明けの明星”ともいわれるその星こそ金星だ。







どうも。明日なんと5時に家をデッパツいたします“妙に朝早く起きるようになったな爺さん”じゃありません仕事なんだよ(涙)明けの明星・ビーナスことテッカムです。







ていうか、マジで勘弁してください。







さて、金星といえば荒川選手。選手?(笑)いや、選手でいいだろう。







リアルタイムでは当然観る事かなわず、昼休みに会社のホールでVを観たが、いい笑顔だった。素直におめでとう!と言いたい。







だが、俺の涙腺をふと緩ませてしまったのは村主選手のコメントだ。詳細までは覚えていないが







『自分の力を出し切った。この経験を今後に生かしたい。』







と、そのような事を、涙を必死で堪えた様子で語っていた。







太平洋戦争終結を知らせる玉音放送。








『堪え難きを堪え、忍び難きを忍び…』







その言葉が脳裏をよぎった。







もちろん、俺は当時のことなどリアルタイムで知る由もなく、その当時の天皇陛下の心境など察するべくもないが、全てをやり尽くした人間が堪えるというその切なさを表した言葉はいつの世も人の心を打つのだなあ、と思った。







必死で練習してきたんだろう。







人には見せない努力をしてきたんだろう。








想像を絶するプレッシャーや孤独と戦ってきたのだろう。








様々な想いが爆発してもおかしくはない。








その場面で、ああいう言葉を吐く。……言葉が見つからない。。。







思わず涙ぐんでしまい、周囲に悟られぬように涙を堪えた。







そんな俺が堪えるのと村主選手が堪えるのとは訳がちがう、とは分かっているが。。。








人は誰だって様々な想い、悲しみ、苦しみを背負って生きている。








俺だって人に言えない苦しみや、悲しい想いを抱えたまんまなんとか生きている。ブルーにこんがらがったまんま、いつか射すであろう光に向かって進んでいる。いや、進んでいるんだと信じたい。








『堪え難きを堪え、忍び難きを忍び』日本は戦後、“奇跡”とも言える高度経済成長を成し遂げた。今は、混迷の色合いを強めてはいるが、もともとはそういうメンタリティーを持った国民だ。








今回のオリンピックで挫折を味わった各代表選手が、堪え難きを堪え、忍び難きを忍んだその先に、輝ける未来が待っていますように!








とがらにもなく想ってしまった。








そして、自分にも。









そして、あなたにも。









今日のお言葉


『堪え難きを堪え、忍び難きを忍び』


この言葉を名言だと断定するとすぐに、やれファシズムだなんだと言ってくるヤツがいるが、そんなのは知ったことではない。そういうものを超えた強い意志を持ったお言葉なのだと俺は思う。挫折を超えたところにこそ真の光がまっている。そう信じているし、願っている。














p.s.まさしく昨日の“明けの明星”だった荒川静香選手。彼女にも挫折の季節があり、苦難を乗り越えての栄冠だったようだ。そして、またしてもここで現れるシンクロニシティー。開会式で3大テノールが歌ったのはトゥーランドット。荒川静香のフリーの曲もトゥラーンドット。最後に大好きな曲で滑りたいと思ったそうだ。演技中に笑わないことで有名だった彼女は実に自然な笑顔に満ち溢れていた。

トリノの女神は荒川静香にキスをする運命だったのかも。



しかし眠たい。。。





今日の明けの明星、テッカムはまだ会社であります。って、誰が明星やねん!!





暇だから帰ってもよくね?マジで。。。









。。。まだ仕事“するとかや?”










。。。これを言いたくてわざわざ記事を書き直したバカとは俺のことですが何か問題でも?










AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
名言にカウントできるお言葉を発すること、ができるか悩んでおります、名言ハッスルテッカムです。






しょうがね~。バトンやりますか。






Q1、今やりたい事


海外旅行


Q2、今欲しい物


う~ん。。。と考え込んだということは、物欲があまりないのかも。


Q3、現実的に考えて今買っても良い物


特になし


Q4、現実的に考えて欲しいし買えるけど買ってない物


そんなものがあるのであればとっくに買っている。俺はそんなに暇じゃないし、モタモタしない。


Q5、今欲しい物で高くて買えそうにない物


プリウス。


Q6、タダで手に入れたい物


タダより高いものはないぜ。よってなし!


Q7、恋人から貰いたい物


温もり。優しさ。気遣い。厳しさ。といったもので、“物”ではない。それに貰いたいという感情ともちょっと違うかもしれない。


Q8、恋人から貰って困る物


自分の趣味に合わない衣服。


Q9、恋人に上げるとしたら


ケースバイケース。


Q10、次にバトンを渡す人


つゆさん。お願いします。


もし本当にいやなら、コメントに書いてください。また検討します。





では。



ねむ~。。。。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも。せっかく始めた新シリーズなのに誰もコメ書きに来ないので(笑)、とっとと2回目を書いてしまおうと思っています、テッカムです。






ていうか、このシリーズを始めようと思ったのは、ある人のこんな言葉がきっかけ。俺の東京時代の話を読んだその人の感想。







『リリーフランキーみたいだなって思った。』






誰だ?……ああ。最近売れてるあの本の作者か。







リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


↑これね。






読んだ事なかった。







で、つい最近立ち読みしてみた。それがこれ。








リリー・フランキー
増量・誰も知らない名言集イラスト入り


↑これ。








超面白い!







で、これはいいなと思い、俺もストックしてる名言を書いてみようと思ったわけ。







ま、いわゆるパクリってやつですね(笑)







それはそうと、この本の中に出てくるエピソードの中に『ああ~~!!これ絶対あの人のことだ!!』と思ったのがあった。本書の中では友人Oとなっているが、俺が知ってるその人もOだし、リリーフランキーの知り合いでもおかしくないような人なんで、間違いなかろうと思う。このエピソードも俺、本人から聞いたことあるぞ。超大爆笑!!おもしろすぎ!!興味がある人も興味がない人も別に読んでも読まなくてもいいが、ちょっと気になるなら読むのもアリなんじゃね?








さて、そのOさんと俺はちょっと似たような体質があって、何か知らないけど、こうきわどい人々に好かれるというか、きわどい人が寄ってくるんだよね。俺自体がきわどいから?ほっとけ!







で、今回はまた俺が東京時代にあったきわどい人のエピソードを紹介しようと思う。







音楽学校を卒業して、その音楽学校でのバイトも辞めてしまった俺は、なんとなく『就職でもしようかな?』と考えていた。なぜって?就職したらボーナスが貰えるなと思ったから(笑)。いやほんとに。音楽の器材って高価だから、まとまったお金が欲しかったんだよね。もうほんと世の中なめてた(笑)。しかも、やったこともないシンステムエンジニアになろうと思った。言っておくが俺は普通科の高校卒なので、プログラムとか組んだ事なかったし、今も当然組めない。もうほんとにほんと世の中なめてた(笑)そして何故か採用された。もうほんとにほんと世の中なめてもいいですか?







見事システムエンジニアの卵になった(今思うとわけわかんね~な心底)俺は、新宿に通勤することになった。








スーツをばりっと着て、髪の毛をブルーブラックに染めて真っ当な社会人一年生になろうとまがりなりにも意気込んでた。







これはそんな頃のお話。








ある日、俺は同期入社の同僚(年上)と、お昼ご飯を食べに駅方面に歩いてた。良く晴れた春の心地よい日だった。








そしてこういう日にこそ、きわどい人々はその本性を表しがちなのは周知の事実である。というか、脳内の何かが解除、解放されるのであろう。








俺達が歩いていると、後方から喧嘩でもしているかのような声が聞こえた。耳をすませると……









『おい!てめ~オヤジよ!!あ~!?何とか言えよ!?オヤジ!!』などと言ってるようだ。








はは~ん、どうやら若者が中年のサラリーマンにでもからんでいるのだな。と思って、後ろを振り返ると、思いも寄らぬ光景が目に飛び込んできた。








若者のカップルちゃんに、推定50代の労務者風のオヤジが『おいっ!!オヤジ!!』と横からからんでいたのである!








俺と同僚は……噴いた。








余りにシュールすぎる光景がそこにはあった。








カップルは明らかに狼狽していた。そりゃあそうだ。なんせオヤジに『オヤジ!!』と言われる筋合いなど一つもないのだ。つ~か、ありえん(笑)








俺と同僚は笑いながらも、何やら恐かったのでその場を走って離れた。しばらく走って『何だったんだろうね?今のは(笑)』などと言っていると、にわかに同僚の顔が曇った。『どうしたの?』と尋ねると、あごで後ろ!という合図を送ってきたので、振り返ってみると……あの推定50代のオヤジがすぐ後ろにいた。








俺が『うわっ!!』と思ったそのとき。お言葉は発せられた。














『は~るはどこから~来るのかな~~♪こんばんは~~♪こんばんは~~♪』















……俺達は逃げた。ひたすら逃げて、飯を食うという当初の目的を忘れて新宿駅構内で文字通り笑い転げた。本当に腹が痛かった。








あのね、『こんばんは~~♪』ってとこはその人が持ってる一番低い声だったんだよ。とっても低い声で2度繰り返すわけ。超ごきげんだったね、彼。ごきげんに歌いあげてたね、うん。









今でも俺、そのとき彼が歌ったフレーズ、歌えます(笑)











春はどこから来るか?だって?










知るか!!!!!そんなもん!!!!!












今日のお言葉


『は~るはどこから~来るのかな~~♪こんばんは~~♪こんばんは~~♪』


よくよく考えると、とっても深そうで実はなんにも考えてないというのがこのお言葉の素晴らしさでしょう。昼間にこんばんは、か。業界人も見習ってほしいものである。夜でもおはようございます!って言うな!こんばんはが可哀想だろ!っていう彼からの業界人へのメッセージなのだ!この言葉は!……まあ、違うと思うが(笑)











いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
いえい!みんな元気?




俺あんまし元気くない!





でも元気!……どっちだよ!





どっちでもいいじゃん!さあ、始まったぜ!新シリーズ!題して『お言葉』シリーズ!尻ーず!いえ~い!いえいいえい!パフパフ!!ドンドン!!ジャンジャンジャンジャーン!!





人は言葉なくして生きてはいけぬ。そしてその言葉はときとして深く人を人の心を揺さぶるのであります先輩!






と、いうわけで、あたくしテッカムが今まで生きてきて、深く心に残ったお言葉をご紹介していきたいと思ったり思われたり思わなかったり思ったり。






何度も何度もしつこいようだが、俺は東京に住んでた。つっても神奈川なんだが…あんまりかわんねーからもう東京ってことにしとけ!で、横浜から川崎にお引っ越しをして、しばらく経った頃のお話。






川崎つってもいささか広うござんす。具体的には小田急線、読売ランド駅が最寄り駅になる川崎市多摩区(だったっけ?)のなんとか台っていう住宅街に住んでた。俺。






結構いいとこでさ、落ち着いた感じでちょっと高台で。うん。部屋もロフトなんぞが偉そうについてたし。その下の居住スペースが9畳くらいあった。すんげーいい部屋だった。






まあそれはこの際関係ないんだが。で、その頃おれは学校の近くの焼き鳥屋さんでバイトしてたわけ。結構有名な焼き鳥屋さんで、○良っていうんだけど。青山店ね。







ここからが本題だが、冬のある日のことだった。







バイトが終わり、終電で駅に着いた俺は、その足で駅近くのビルにあったジャズバーでちょっとお酒を召して、常連さんたちとひとしきり楽しいトークをして、さあ、帰ろうかな?と思って外に出たわけ。もちろんひとり。






外はとっても寒かったから、俺は途中のローソンで肉まんか何かを買い、他にも買わなくてもいいもんを大量に買い、とぼとぼと家までの山道を登り始めた。







人通りはほとんどなく、街灯などもない、そんな登り坂をひたすら身を小さくしながら歩いてた。女の子だったら普通に恐いと思う。俺は全然恐くないけど。(鈍感だから(笑))






吐く息は真っ白で、俺は手袋をしていたから相当な寒さだったと思う。そんな中での話。登り坂の途中に何軒かの平屋があった。すんごいボロの。失礼だがボロなもんはボロである。






そこの何軒目かの家の軒先にひとりおばさんが立ってた。






遠目から見て『なんだ?あの人?』と思われるくらいミスマッチな風情だった。だって、超寒いし、微動だにしないし。






近づいていっても、全く動く気配はなく、薄気味悪さを感じながら視界の端でそのおばさんを見てみると、少しうつむき加減でじっと道路の方を見ていた。どんな格好をしていたかはよく覚えてないんだけど、よく牛乳瓶の底のようなメガネっていうじゃん、あれをつけてた。






『なにやってんだろ?この人。。。つか、寒くないのかな?』と思いながらその人の横を通り過ぎようとしたその時!そのおばさんと目が合った。







そのときお言葉は発せられた。






















『っふんっ!!!バッカじゃないの!?』
















……心が凍った。。。






ていうか、マジで恐かった。







口の端を少し上げて、苦笑いのような、蔑むような感じで、低く、そしてはっきりと俺に向けられたお言葉。








俺は目をギョッと見開き、そのままスタスタとおばさんから遠ざかり、少し早歩きになり、そしてダッシュで走り出した!








こえ~!!!!!!!こえ~よ!!!なんだよ!!!なんなんだよあのばばあ!!!!










後ろから包丁でも持って追いかけてくるんじゃないかと思った。








しばらく走ると、サラリーマンが前を歩いてた。







俺は息を切らせながら、そのおじさんに話しかけた。








『す、す、すみませんっ!あ、あの……』







事情を説明する俺。







すると、そのおじさんは







『へ~。それは恐いね。でも、あそこに人なんて住んでたかな?』








なんてまた超恐いことを言い出す始末!








俺は礼を言い、また走り出した。とにかく動いてないと!恐い!








家に着いた俺は、友達に片っ端から電話をかけた。そして何人かに事情を話し、俺がどんだけ恐い思いをしたか訴えた(笑)それでようやく落ち着いて、風呂に入って寝た。







以来、そのおばさんには会っていない。







なんだったんだ?一体?












今日のお言葉


『っふんっ!!!バッカじゃないの!?


シチュエーションによっては、『殺すぞ』みないな直接的な言葉よりも、意味不明な言葉の方が、相手にダメージを与えやすいという好例です。よゐこのみんなは絶対マネしないように!!ほんとこわいから!!








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。