テッカムの雑記帳兼日記兼独り言

テッカムが歩む道、歩む上で出会った人々、そしていつか出会えるまだ見知らぬあなたに捧げる、日記というよりは、心情の吐露であり、その軌跡を記し、愚かなる自分自身を叱咤激励、鼓舞するための、いわば劇場型コラム…といったら大げさかな♪


テーマ:
日本の文化・芸術で今一番すすんでいる(抽象的だけど)のはなんだろう?

少なくとも映画は違う。これは、予算がつかなくて可哀想ではあるけど、ハリウッドに大きく水をあけられている状況だと思う。

一時期『ジャパニメーション』なる言葉とともに、日本のアニメ文化が脚光を浴びたが、現在、少し失速している感は否めない。反論はあろうが。

音楽も僕に言わせるとひどいありさまだと思う。

ではなんだ?

一番金がかかっていて、エンターテイメント性に優れていて、世界に誇れるものは?

ズバリ!ゲームだと思う。

今日、発売されたらしいが、ローグギャラクシーなるRPGを見るがいい!

アンビリーバボーな世界ざんすよ!!

そこらの映画なんてはだしで逃げ出すような、圧倒的なエンターテイメント世界を構築しています。(いや、実際プレイしたわけじゃないから、あんまり言えないんだけどね)

その他にもバイオハザードなんて、映画に逆輸入されたくらいだし(ミラジョビヴィッチが主演ですね)、メタルギアソリッドなんてすんごいリアリティーだし。


ああ。。


忙しくなってきた。


とりあえずアップ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
企画とか

ディレクションとか聞くと

多くの人が『派手で楽しそう』と思うらしい。

とんでもない!!

すっごく地味で繊細な仕事の積み重ねです。

しかし、発想だけは大きく!

あとはもう嫌になるくらい地味な仕事が待ち受けている訳です。

最近、『the interpreter』という映画を観ました。

主演のニコールキッドマンとショーンペンの演技も素晴らしく、脚本も素晴らしい、とても良い映画でした。しかも始めて国連本部を舞台にドラマが展開するとあって、何かと派手な印象を受けるかもしれません。もっとも、最近のハリウッド映画に慣れている視聴者にはそうでもないのかもしれませんが。

それは置いておいて借りてきたDVDにボーナス映像として、監督のインタビューが収録されていました。

そのインタビューを聞いて、実際の監督業の過酷さ、地味さ、大変さが伝わってきました。

ハリウッド映画監督なんて派手な印象しかないじゃないですか。

でも

人に夢を見させる商売は絶対に楽じゃないんだ!!

ということが一種のシンパシーとともに感じられたのです。

もちろん、そんな仕事と僕の今の仕事ではダイナミクスも全然違うし、比べること自体おこがましいことかもしれないんですが。

でも、コアな部分では一致すると思うのです。

そしてこれが重要なんですが

出来上がったものに自分が感動できるかどうか。充足感を得られるか。もし、イイモノが出来たときには、この仕事を本当にやっていて良かったなと思える事です。

それがなけりゃ、こんな大変で地味で割りに合わない仕事なんて誰がやりますか!!

……結局、仕事は楽しい!!

という結論でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
デザインも

企画も

人を楽しませたり

喜ばせたり

肯定的な感情を恒常的に与え続けることができれば

ほぼ成功すると

今日、確信しました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
印刷物のデザインにおいて、文字は非常に重要な役割を果たす。

書体というものは使いこなすのに若干の経験が必要である。

デフォルトでパソコンにインストールされているものでも、使いこなせている人は綺麗に文字を組む。

デザイナーのパソコンには数多くの書体が入っている。まぁ、それも人によりけりで必要最低限のフォントしか持っていないプロも中にはいる。だが、それでも一般ユーザーからしてみたら、多くのフォントがインストールされている。

この多くの書体をいかに使うかはその人のセンスに負うところが大きい。

最近の流行は、細めのゴシック。いかにもハイセンスに見えて、筆者も大好きである。逆にぶっといゴシックはチラシぐらいでしか使わない。

某首相ではないがゴシックにも色々あって、これは好きずきではあるものの、一応こういう場合にはこれ、こういう場合にはあれを使おうと、ケースによって使う書体を大体、筆者は決めている。

明朝系もそうだし、楷書も行書もそうだ。

しかし、最近あまりパソコンに触っていなかったので、フォント、特に欧文が分からなくなってきた(苦笑)。

金に余裕があれば、自宅のパソコンにおもいっきし色んなフォントを詰め込んで、デザインでもしようかなと目論んでいる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕が普段している仕事はデザインです。

もっとちゃんと言うと、印刷物のディレクションです。

最近つくづく思うのは、デザインというのは奥が深いということ。

つい先日、こういうことがありました。

今週末、地元のイベントが開催され、僕の会社もブースを出すことになっているのですが、その前日と当日の新聞広告を僕が創る事になりました。

原稿をもとに自分なりに作りました。時間が極端になかったので、自分で詰めの作業を行わずにまず先輩に見せました。

『よし。こうしようか。』

『わかりました。』

うん。的確な修正指示。この作業で飛躍的にシンプルで良いモノができました。

そして出来上がったモノを上司に見せました。

『よし。こうしようか。』

『わかりました。』

ここら辺までは良かったのです。

が!

そこからが悲惨です。

修正するとあっちの部署の取締役に『いや、前の方が良いんじゃないか?』『わかりました。』すると、前、指示した上司が『何でこうなったんだ?』『……ええ。まぁ。。。』『こうして!』『……はい。。。』

の繰り返し。

うぜぇぇ!!

船頭が多すぎて……。

出来上がったモノは僕の思惑から大きく外れたものになりました。嗚呼。

と、いうわけで、デザインには確固たる答えがないだけに、難しいのです。

一応、最低限の決まり事や、美しさの原則みたいなものはあるのですが、それも見る人の主観によって誤差があるわけですね。

でも、世のトップクリエイターと呼ばれる人は『これしかない!』というものをドーンと出せるんですね。修正のしようがないものを。修正が入っても悪くなる事がないし(普通に考えたら逆のような気がしますが)。

う~ん。反省ですね。最初から僕が有無を言わさぬクオリティーのものを作っていたらこういうことにはならなかったと思います。

でも、まだまだ勉強中の自分から見ても、『おいおいおい!なんだその字詰めは!』とか叫びたくなるようなモノを上げてくるデザイナーは多い。

志はないのか!と思いますがね。

いいモノを作るためには、やはり、日々の心がけというか、単純な仕事においても自分なりの工夫をするとかしていかないといけないんじゃないでしょうか。

その蓄積が、長い年月を経て実力に変わっていくのだと思います。

まだまだ、勉強することがいっぱいですが、日々精進していきたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分が創り上げたモノや状態に対して

満足していたらそこで何の進歩もありません。

基本は大事ですが

自分が積み上げてきた常識や価値観を一旦破壊し

もう一度積み上げて行くことができなければ

人間としての進歩はないでしょう。

創造と破壊。

破壊と創造。

はてしなきこの輪廻の先に

素晴らしいなにかがあると期待して

今日も一日がんばりましょう!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おやすみといいつつ新しい記事を書いてる自分が怖い。。。

時間がないわりには創作意欲が最近すごい。とりあえず曲ができている。そしてさらにちょっとずつ小説でも書いてみようかな?と。

しかしながらえげつないぐらい時間が足りないのです。忙しいのはいいことだが、もう少し時間が欲しい。寝る時間を削るのはもったいないが、この創作意欲をくじくのももったいない。というわけで、自分をちょっとばかり追い込んでみようかな、と思っております。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分の未来を想像してみて、どれくらい先まで想い描くことができますか?

僕はせいぜい半年後くらいだなぁ。目標も今は正直いってたててないかもしれない。けどそれじゃあダメなんですよね。5年後にはこうなっている。10年後にはこうなっているという明確なビジョンがあるのとないのとでは、結果が大きく違ってくる。

けどねぇ、難しいです、実際。まず、自分にそうとう厳しくないと『目標なんてたてないで日々一生懸命やればいいのさ』ってなっちゃいますから。この場合の一生懸命と、目標に向かっているときの一生懸命では密度が違いますよ!『日々一生懸命やればいい』は簡単に『明日一生懸命やればいい』に変わっちゃいますから。だって、そのための逃げ道なんだもん。目標をたてないってことは。

だから、今のうちに宣言しておきましょう。

5年後に今の会社の課長になる!
10年後に今の会社の部長になる!
20年後に自分の会社をつくり社長になる!

これでもそのとき既に47歳!
遅いな。。。

とりあえず5年後の目標だけは達成したいと思います!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふあ。。。眠たい。。。
最近、ずっと眠たいです。頭がジンジンするよ。
何で頭がジンジンするかというと、新しい職場での仕事がとっても集中力と頭の回転と創造力を駆使する仕事だからです。

僕は今、その会社のクリエイティブカンパニー部門にいるわけですけど、その中で大まかに言えばデザイン部門とディレクション部門に分かれます。

デザイン部門は何十人(こんなにいるのは珍しい!)といまして、ここは要はパソコンを使って、原稿をもとに具体的な物件を創っていくわけです。

そして、僕がいるのがディレクションの部門。ここは10人もいないぐらいの部署で、ここにいる人たちがまた頭が切れる!何をするのかといえば、お客さんとの折衝から、マーケティング、企画、デザイン、プレゼン、営業との打ち合わせ、デザイナーとの打ち合わせ、コピーライティングと、もうなんでもござれ!
なんかとんでもないところに来ちゃったな。。。って感じだよね。でもね、すごく楽しいし、充実してます。もちろん仕事中は必死でやらないとできないから楽しんでいるようにはみえないかもしれない。けど、楽しい。

何が楽しいかって、やっぱり頭の切れるヒトたちと仕事ができることが嬉しい。バカはいないわけです。みんな穏やかで、物腰は柔らかいけど、バリバリオーラが出てる(笑)何の生産性もない残業を『能力のないヤツのエクスキューズだ』とバカにしていた僕もここにいるひとたちのことはバカにできない。だってみんなできるんだもん。できてなおかつ残業しないと仕事が終わらない。これは一見きついことかもしれないけど、僕にとっては、とっても嬉しいことです。だってやりがいがめちゃくちゃあるじゃん。

はっきりいって今までの僕はお山の大将だったんだなぁって思います。けっこうコンペとかとっていたし、独創性では誰にも負けない!とか思ってましたからね(笑)それこそ、井の中の蛙、大海を知らずを地で行ってた。だからこそ、日々の地味な仕事が厭でしょうがなかったし、もっとでかい仕事がしたいと思っていた。

今、やっとそれができる環境にあるわけです。これでもう言い訳はできません。追いつめられました(笑)てか、自分で望んで追いつめられました(笑)
昨日はいきなり資料をどんと渡されて『これA4サイズ1ページでわかりやすく説明しなきゃなんないから。コピーも含めて、ラフを創ってください』って言われて(笑)マジ?みたいな(笑)俺がやっていいの?とおもいましたけど。重要なコンペだと言ってたし(笑)

昨日の昼頃言われて、夕方にはできましたけど、それをもとに今日は早速外部デザイナーとの打ち合わせ。(社内デザイナーいっぱいいるけど、重要な案件は社外デザイナーをよく使うみたい)その人も貫禄があって(デザイン会社の社長でした)、『テッカムちゃんね(もちろん本名にちゃんづけですが)』と言われ、『ハイ!テッカムです!よろしくお願いします!』って、新卒みたいだ、俺って(笑)ドキドキの打ち合わせ!こんなにドキドキしたのはいつ以来だろうか?ってぐらい。

まぁ、そんなこんなで楽しいばっかりですが、どうも今日思ったんだけど、ディレクションの部門の新人っていうとかなりのモンだと思われているフシがあってちょっと困る。もうちょっと可愛がってほしいぞ!なんかあるとすぐ『これぐらいできるよね?』って言われるし(苦笑)『できません!』なんて言えませんがな(笑)強がっているうちに仕事を覚えないとマジでやばいぞ!

でも、本当にやりがいがあるし、能力次第ではどこまでもいけそうな会社なんで、一丁気合いを入れて頑張るつもり!

アクトについてちょっと言えば、今まで通りの動きはできそうにもないな。しばらくは。でも、アクトで得た経験は絶対この仕事に活かせるはずだし、逆にアクトに対してフィードバックできる部分もたくさんあるはず。

ちょうどいい具合に来年に代表をすることもなくなったわけだし、来年一年ノミニーに立候補するにしても、仕事をブリバリやりたいと思います。もちろん、アクトをおろそかにするわけではないけどね。アクトに対する想いは例えそうなったとしても、誰にも負けないつもりだから。

これからますます成長していけそうです!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。