とむさん

テーマ:
『偉人伝』なんていうテーマをつくっていてよかったなぁ。と、思っている僕(笑)。最初、本名がタイトルだったんだけど、それはさすがに恥ずかしいかな?と思い、ハンドルネームにします(笑)。

とむさんと最初に会ったのはいつだっけなぁ?よくわからん。確か自分が入ったばかりの頃、第一回会長幹事会の実行委員長(名ばかりの(苦笑))をしていて、なんかやたら濃いおっさん(失礼!)がいるなぁと思ったのが最初かな?
どう濃かったかというと、とむさんがちょうどノミニーに立候補していて、周りのみんなに『誰もせんの?本当に自分でよかとね?』と半分けんか腰で言っていたから(爆)その頃は今より怖かったかもしれません(笑)だから、何かちょっと避けていた気がしないでもないですね。

で、なんか長崎でカラオケで飲むことがあって、その頃の地区代表だったN村Dろうさんと、とむさんと語って、何か知らんけど気に入られ、気に入られたはいいが、気合いを入れろと意味不明の叱咤激励を受け、とりあえずみんなで裸になって暴れていた記憶あります。今考えると無茶苦茶やな(爆)ひどい!ひどすぎる(爆)まわりのお客さんの迷惑ですから!

それからもちょくちょく顔は見ていたような気がするけど、いかんせんその頃の自分はアクト活動に対して積極的ではなく、あまり地区行事等に出ていなかった気がします。

それから、とむさんが代表のときの夏、長崎でキャンプがあったんですよね。これが自分の人生を狂わせました(笑)
先述の通り、アクトにあまり積極的ではなかった僕。このときは現在2740地区代表のがーこ氏が『自分一人しか行くとのおらんとさ!わい行かれんや?楽しかばい!…多分』と、僕を誘い、最初はしょうないな、とあまり気乗りしていなかったんですね。けどねぇ。いざ行く事になってからは、そのころ僕とがーこ氏の超フェイバリットソングだった『楽園ベイベー』をガンガン鳴らしながら、『イェーーイ!!!』と叫びながら参加している僕がいました。…多分、何かの間違いだと思うんですけど(苦笑)[※余談ですが、このときスーパーハイテンションになった僕は、夜、車の中で寝ていたがーこ氏を、まず海の水が気持ちよかばい!ほらほら!本当に入ってきたさ!と、がーこ氏を濡らしながら起こし、またしばらくすると長崎北の坂井さんと青山さんが来たので、がーこ!女の子と飲みよるばい!と起こし、さんざん大騒ぎしたあと、自分の車の中で寝て、朝起きるとエンジンをかけずにクーラーをかかえていたためバッテリーがあがり、誰かあのバッテリーばつなげるヤツば持たんですか?と起こしまくり、本当に迷惑をかけまくったのです(大汗)]
どうでもいい余談が長くなりました。
で、キャンプです!このときに僕の中でとむさんは凄いなぁと思う出来事があったのです。
昼間の話ですが、僕は防波堤付近をウロウロしていたんですが、海の中にはいっぱいアクターがいて、とむさんがその様子を防波堤の上から眺めていたんです。と、そのとき、期せずして、海の中から『トムコール』が起こりました。まぁ、要は飛び込めというコールですね。で、とむさんは『いやいやいやいや、さっき上がってやっと乾いて着替えたとやっけん!勘弁して!』と本当に嫌がっていました。が!やまない『トムコール』(笑)そのとき、その様子を見ていた僕はこう思っていました。『オイやったら飛び込まんな』と(笑)
次の瞬間。僕は我が耳と、目を疑いました。
やむ気配もなさそうな『トムコール』の中、『ったく!!しょうがなかなぁ!!』と吐き捨て、とむさんが服を着たまんま飛び込んだのです!
おったまげました!
すごい男だ!と思いました。以来、僕はとむさんを尊敬しているのです。
この話はもう何回も、色んな人に話してきました(笑)でも、それくらい衝撃的な事件でした。

それから……~長くなりそうなので第二回へつづく~