ダイアトーン試聴会開催致します 【サウンドナビ8インチ&DS-SA1000】 | テクノオートサービス齋藤秀樹のブログ

テクノオートサービス齋藤秀樹のブログ

埼玉県上尾市カーオーディオ、ナビゲーション、カスタム加工専門店


テーマ:

今回で4回目となる店頭試聴会

 

昨年末に完成した弊社製作、スイフトスポーツの展示を致します

 

 

 

半年程、鳴らし込みようやく慣らし運転も完了という事で今回が初お披露目

 

 

システム構成は

 

 

 

メインユニットはサウンドナビ史上歴代NO1の超高音質モデル

 

NR-MZ300PREMI 8インチ。ダイアトーン製としては初のワイド画面ナビ

 

このスイフトスポーツも通常は標準規格7インチサイズですが、パネルをワンオフ加工しワイド画面ナビの装着を実現。スペースに余裕がある車両であれば規格外サイズもワンオフ加工でナビ画面のサイズアップも可能です

 

 

 

 

 

純正然とした仕上がりのワンオフパネル。当店得意のパネル加工の精度をご覧下さいませ

 

サウンドナビの高音質と共に美しい映像美も注目です

 

お好みのDVDなどお持ち込みいただいてOKです

 

 

 

 

 

 

この謎の黒い箱はデジタルサウンドプロセッサーと呼ばれるモノ

 

人間に例えるなら頭脳??

 

それ程までに現代のカーオーディオでは重要視されているユニット

 

【ドイツ製 HERIX ヘリックス DSP PROMKⅡ】

 

車の中では家庭の様に整った環境で音楽を楽しむ事が出来ない為、プロセッサーを駆使し音を調整します。

 

サウンドナビ本体にもこのプロセッサーと呼ばれる十分過ぎる程の調整機能は搭載していますが、今回は贅沢にもHERIXのプロセッサーをメインにした音造り

 

このモデルは日本だけでなくドイツ本国や世界で最も評価されているユニットの一つで話題のハイレゾ音源にも対応

 

 

 

 

映像の世界も4Kや8Kなど技術進歩があり、驚くばかりですが

 

サウンドの世界もここ数年で目覚ましい進化を遂げ、よりリアルな音を手軽に楽しめる時代となりました

 

 

 

 

 

 

そして今回の試機会の目玉

 

ダイアトーンスピーカー DS-SA1000

 

スピーカーの音の好み云々とか、もうそんな次元では無くて圧倒的なリアルサウンドのこのスピーカー

特にツイーターが受け持つ高音域が素晴らしくって、ゾクゾクする様な音像を描きだします

 

ドアの加工、ミラー裏のツイーターインストールなど全てはこのスピーカーをご機嫌に鳴らす為、自分の中では考えられる全ての技術をつぎ込んで製作したものです。

 

特にに注目して頂きたい点はしっかりとした実在感のある音の厚み。この音を実現する為にツイーターのピラー埋め込みなど様々な場所から設置位置には数回のテストを行った上でミラー裏に取付

 

ピラー本体にツイーターを埋め込むのもアリですが、今回のケースではミラー裏がベスト。ドアスピーカーとの距離も最短となり、しかもドアスピーカーの真上にあたる位置も良い結果に結び付いたようです

 

 

ドア自体の加工は全面加工をしつつも純正然とした雰囲気を残したインストールを心掛けております

苦心した点はよりスピーカーの音をダイレクトに届かせる為、かなりの角度を付けて設置してある事

 

通常この様な手法を取り入れますとスピーカーが邪魔になり運転の支障になったり、ドアのデザインも非常にバランスの悪いモノとなりがちですが、全てがシックリおさまる様大胆な加工を施しつつも自然な仕上がりとなる様、製作しています

 

 

 

 

 

 

トコトン選び抜いたユニットをサポートするのは優秀なアクセサリーユニット

 

こちらは国産ブランド ブレイムス HQR-25.2F

 

この怪しい煌びやかな箱はというと

 

外部アンプを搭載するにあたっての電源強化パーツ

 

性能、容量ともに最大クラス

 

 

 

簡単に役割や装着メリットと説明すると・・・

電気のダム??

電気のお助けマン???

 

詳しく説明すると長くなってしまうのでそんなところです。

 

 

 

 

使用ケーブル類はオーディオテクニカ レグザットで統一

 

オーディオテクニカはケーブルの他にもプロユース向けヘッドホンなどが有名

 

レグザットはカーオーディオ向けハイエンドブランド

 

トヨタ自動車でいうところのレクサスといった位置付けでしょうか

 

折角、良いスピーカーやアンプなどもそれらを連結するケーブル類のクオリティが低くては

実力をフルに発揮出来ません

 

 

人間で例えるなら血管の様なもの

 

スピーカーケーブル、電源、RCAコード全てにレグザットを採用しています

 

 

 

 

 

そして車の機構に例えるならエンジンとも言える外部アンプはカロッツエリア RS-A09X

 

世界に誇れる日本を代表するアンプ

 

スイフトのシステムはフロントスピーカーのみとなっており

 

ツイーターとドアのスピーカーそれぞれに1台接続しています

 

このアンプの採用理由は

 

これ以上のアンプは無いのでは???

勿論、私が今迄、取付したり、メーカーのデモカーの視聴など実際に試聴したアンプ中での限られた判断基準となってしまいますが、世界に誇れるアンプの一つである事は間違い無いはず。

 

このアンプも好みがどうとか、そんな事を語るのも煩わしい程、奏でる音はずば抜けたモノを

 

どんなスピーカーでも任せとけって感じの圧倒的な程の駆動力

 

勿論、どんな曲でもさらりと鳴りますし、しかも超繊細に描き切る表現能力

 

カーオーディオフリークなら一度は使っていただきたい

 

末永く付き合える至高のアンプです

 

今回のシステムプランはメインユニット、プロセッサー、アンプ、スピーカー、オーディオアクセサリーとオールスターを揃えた布陣としています。

 

セオリーとしてはスピーカーやアンプなど相性などのマッチングを優先させますが、今回に限りその様な事は一切考えていません。

 

野球で例えるならスタメンを全て4番打者クラスで揃えた感じでしょうか???

 

チョット分かりずらい例えではありますが、今回のスイフトはこの個性豊かなユニット達が良くまとまりました

 

是非聴いてみて下さい

 

 

ダイアトーンサウンドナビ DS-SA1000試聴会

 

 

●6月18日(月〉~6月24日(日) 午前の部10時~12時半まで

午後の部 2時半~5時

 

●場所 弊社特設屋内スペース

 

●どなたでもお気軽に試聴いただけます。ご予約等必要ございません

お気軽にご来店くださいませ

 

 

 

埼玉県 上尾市 テクノオート ホームページ

 

 

インスタグラムはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齋藤秀樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス