ストレッチの授業 | 【てあて整体スクール】院長ブログ・東京大泉と名古屋千種の整体スクール 
2015-08-27 17:46:20

ストレッチの授業

テーマ:整体スクールについて

てあて整体スクールにはストレッチの授業があります。

腰痛や肩こりや膝痛などだけでなく、身体の歪みや調子を整えていくためのストレッチ。

そのストレッチを指導するための授業です。

「ストレッチすると良いですね。」とか「運動不足ですね。ストレッチしといて下さい。」だけでは、患者さんやクライアントさんはどこをどうストレッチすれば良いか分かりません。

どんな風にどこをストレッチするのか、それを教えるための授業です。

ストレッチの内容は一般的なものとスクール独特のものがあります。

てあて整体スクールではコア・ストレッチと言う名前で、10年近くストレッチ教室を続けています。

そこで行っている身体の深層から緩めていくストレッチも指導することになります。

コンテンポラリー・ダンスの床の上でのエクササイズ(準備運動)をアレンジしたものです。

先日はその授業でした。








先日の授業風景です。

スクールの外でストレッチ前の準備運動(ウォームアップ)をやりました。

実は最近の患者さんやクライアントさんは、ストレッチをする前に身体を動かす必要のある人が多い。

一日仕事で椅子に座り、通勤も電車や自転車で殆ど歩くことがありません。

歩くと言う運動は股関節・膝関節・足関節だけでなく、脊椎や肩関節も動くし呼吸も深くなります。

それほど運動不足なので、ストレッチの前に身体を温める運動をします。

それが上の写真。

これは現代舞踊協会で舞踊指導者資格認定講習でも指導した内容です。

見た目よりも以外にキツくて面白い。

それからストレッチを始めます。







床でユルユルしたあとは、開脚のコツなんかも指導します。







終わって基本手技の前に触診をします。








ストレッチをした後に触診をすると、おおよそ背骨(脊椎)の歪みは取れています。

いかに身体を動かすことが大切かが分かります。

あら木は「腰痛の9割は歩けば治る!」と言っています。

実際、腰痛の殆どは1週間位歩けば治ってしまいます。




では整体師の仕事は・・・




早く痛みが取れて身体が軽くなり、痛みが出にくい身体作りをする。

痛みが出た時にどうすれば良いかを教える。

痛みが出る前に身体の微調整をして整える。

そんなことが仕事ではないかと思っています。




△△△ スクール見学 △△△
てあて整体スク-ル 東京校 体験見学会 毎週土日月 >>> 
整体スクール 名古屋教室 体験見学会 9月22~25日 >>>

△△△ アレクサンダー・テクニーク グループレッスン △△△

セラピストのためのアレクサンダー・テクニークWS 9月22日 >>>  

【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

△△△ ストレッチ教室(チャリティー) △△△

コア・ストレッチ教室 東京   >>>

コア・ストレッチ教室 名古屋 9月22日 >>>   


△△△ 大人バレエな人達のためのテキスト △△△

『 大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと体の使い方』 >>>  

『 35歳からのバレエ入門 』 >>>  

てあて・あら木さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス