ライブ会場で、何かのきっかけがあって

販売した、自宅隠し録り音源。

曲順(基本的にゴシップ幕の内と同じ)も

歌詞カードもない状態でしたが、

ついに、簡単な、楽曲解説、完成。

 

 

1 テポドン音頭1号2号

作者の記憶の糸を辿ろう…。

かつて、ペケキングの名付け親が、

プロレスリングNOAHの試合観戦を企画していた。

大阪府立体育館で観戦後、

打ち上げの居酒屋さんのスクリーンに映っていた

ミサイル発射のニュース。

そこから発想。

根本は、山本正之「パトリオット音頭」。

 

 

2 高橋の高橋は皆、高橋だ

オウム逃亡者がトントン拍子で逮捕。

作者もトントン拍子で現場。

蒲田。

現場のマンガ喫茶の先の雑居ビルに入っている

スナック名がツボだった。

オウム三部作の3作目。

 

 

3 風神雷神デヴィ夫人

デヴィ夫人が健康で現役だから、助かってます。

 

 

4 韓流しりとり1

しりとりは、8、くらいまで存在したような…。

 

 

5 アタシかめまん

今は、旦那さまと

小田急祖師谷大蔵駅から徒歩5~6分のところで

イタリア料理のお店をしているが、

ドナテロという、作者が今でも大好きなバンドがある。

2007年1月大阪で共演したが、彼女らの出身は広島。

レコ発ツアーに付いていった際、

広島駅近辺で一泊する必要があった。

お宿をネット検索していたら、

下から上に「ホテルかめまん」のスクロール。

決めた!

記念に、ひとりムード歌謡デュエットソング、として創作。

PVも、全編無許可で撮影。

この夏も暑かった…。

ちなみに、現在の名称は「アレーホテル広島並木通」。

無料朝食はそのままよ。

 

 

6 おまえ平田だろ?

オウムトントン拍子の1作目。

スーパーストロングマシーンの名場面に乗せて。

 

 

7 麻薬探知犬の大好物

犬シリーズも、けっこう創ったような…。

全国流通版の犬の鳴き声は、人間です。

犬にマイク押し付けてがんばったけど、鳴いてくれなかった…。

 

 

8 革命の満月

とある駅の、

改札から高架ホームまでの階段を昇りながら完成。

この曲のために「ゴシップ幕の内」を全国流通した。

おかげで、ずっとファンだった片岡大志さんの胸を借り、

ラーメンを奢ってもらい、焼酎をたくさん呑ませていただき、

山形、徳山、野毛、で楽しく歌うことができている。

作者がちょいちょい、杜このみが瓜二つやねん~!

とかいうてるのは、この人のこと。

「ゴシップ幕の内」カタログ番号の0502は、

この曲のモデルになった子の誕生日。

ホームページの開設日も5月2日にした。

未だに、この人より美しい人とは出会わない。

未だに、この人が大好きなので、この曲はほぼ歌うことがない。

 

 

9 雄鶏っこクラブのうた

ネットラジオというのかポッドキャストというのか、

詳しくは知らない。

「ゴシップ幕の内」のライナーノーツを書いてくれた

ぶっちょカシワギさんのお店で粛々と収録し、

放送回数を積み重ね、

番組は最終回になった。

最後の最後でようやく出演させてもらった。

ゴルクレも閉店した。

 

 

10 相模原かくれんぼ

オウムトントン拍子の2作目。

橋本駅から現場まで遠かった。

 

 

11 ここに君がいた、こと。

作者の一大事としては、

三木楽器心斎橋店が取り壊しになったこと。

ここの1Fの店員さんの歌。

店内の配置と、その場所での会話、で作詞。

嬉しくて前髪直したくなるわ。名言。

パクリにならない程度に、くるりが入っているところ。

ここが大事。

有名になる前のくるりをめっちゃ応援してたって言ってた。

デモは、ヤマハのSOL2で録音したと思う。

使いやすかった。

自分のライブでも、ピアノとシンセを従えて歌ってみたい。

彼女は、作者と同じ高校で、隣りのクラスだった。

しかもこの頃組んでいたはずのバンドのメンバーが、

今でも扇町パラダイスとかでライブをしている。

1Fの社員店員さんがVJアーティストで、

フライヤーをもらってライブを観に行ったのが

千日前クラブウォーター。

そこでレモンズチェアーに出会い、

レジェンド(ペケキングの名付け親)に出会った。

リトマネンさんとも、ロクちゃんとも。

すべての原点。

この人がいなければ、ペケキング・テリーは始まっていない。

 

 

12 流通音源ハツバイマンのうた

架空のタイムボカンシリーズ風主題歌。

ゴシップ~全国流通のため、調子乗って作曲。

予定ではアニソンに強い編曲家に任せるはずだった。

しかし、担当アニメの劇場版とテレビ用とかの

仕事に追い込まれていらして、根本的に収録を見送った。

自宅隠し録りで、鮮やかに収録!

 

 

13 ラブレターフロムかめまん

もう一度泊まる機会があったのか、なかったのか。

もはや思い出せない。

カップリングと言いたくなくて、かめまんB面と呼んでいる。

こちらはデュエットではありません。

 

 

14 (カバー曲)

レコ発空振りライブと、山形の新庄か酒田で1回…?

革命の満月を歌唱後に続けて歌う、

とあるカバー曲。

 

 

15 無言の屋形船

船シリーズも、けっこう創った…。

ライブでアンコールのお声がかかると、

これを何度も歌います。