C.O.Dフラッシュロッドホルダー取り付け方法 | TEAM N.W カヤックフィッシング(kayak55公式ブログ)

TEAM N.W カヤックフィッシング(kayak55公式ブログ)

船橋法典のカヤックショップ「kayak55.com」スタッフ
ホエールのカヤックフィッシングブログ。シーバス、ブラックバス、アオリイカのエギング、青物、根魚、マダイ、ヒラメやマゴチ……様々な魚種をカヤックから釣る!kayak55.com公式ブログとしてお知らせなども!


テーマ:
kayak55.com「艤装のコーナー」にリンクする記事になります。

カヤックフィッシングにおいては主に「釣りを快適にするためのパーツの取り付け」を指していうことが多いです。

その艤装用品はkayak55でたくさん売っていますが、それをどうやって取り付けるのか!?というのが商品ページだけでは説明がしきれないため、コーナーを立ち上げることになりました。

そのコーナーはこのブログのページにジャンプさせる形となりますので、今後、不定期的に少しづつ艤装のノウハウを掲載していきます。

第ニ回となる今回は!!

C.O.D. フラッシュロッドホルダー

カヤック本体に埋め込むタイプのロッドホルダーです。

主に使われる箇所としては、カヤックのシートの後ろあたりが一般的です。

C.O.Dフラッシュロッドホルダーの商品付属内容は以下の通り。

水の浸入を防ぐウレタンフォームとタッピングビスを使用する際の下支えとなるプラスチックのブッシュが付属します。

ただ、このプラスチックのブッシュを使うとなるとカヤック内部に手が届くことが前提となります。それだったらネジを使って、ワッシャーで支えてあげれば良いので、正直、このプラスチックのブッシュの方は通常は使わないパーツといっていいと思います。

ウレタンフォームは下穴の目安となり、実際にも浸水を防ぐパーツとして使用します。

フラッシュロッドホルダーでは、リベットの方が一般的によく使われるので、リベットでの取り付け方法を記載したいと思います。

これがリベット
最大のメリットは、裏から手が届かない箇所の艤装でも、リベッターという専用工具を使うことで、カヤックの内側で三つ爪が開いて支えてくれるところが特徴です。

※リベットは入荷時期によって黒だったり、銀色だったります。

では始めてみましょう!

今回は、ハリケーンカヤックスのスキマーにフラッシュロッドホルダーをシートの後ろに左右一個づつ計2個設置してみます。

C.O.D. フラッシュロッドホルダーを用意

このプラスチックのブッシュは使わないので廃棄

ウレタンフォームは使います!

ドリルドライバーにホールソーをセット。
後から出てきますが、最終的にはヤスリで穴を調整するので、フラッシュロッドホルダーの直径より小さめの52mmを使用しています。

シート後ろの区画にフォームを置いて場所と角度のイメージを固めます

海外から輸入されたアングラーモデルだと、ロッドが非常に左右に開いている角度での設置が多いのですが、あまりにもロッドが左右に飛び出しているとパドリングにも邪魔ですし、細い場所を抜ける時にもロッドが当たってしまったり個人的には好きではないです。

特に開き過ぎのフラッシュロッドホルダーの角度でネットを入れるとかなり邪魔になるんですよね。

もちろん真後ろにまっすぐに向けてしまうと、クーラーに干渉したり、ロッドを取りにくくなってしまいますので、ある程度の角度は必要ですが、ホエールが艤装する時は、経験値からのある程度の開き角度にとどめています。

フォームの穴がちょうど下穴のサイズなので、位置が決まったらフォームの中央をホールソーで穴を開けます

ガガガッ!!といきます!

穴が開きました!!もう後戻りはできません!

ただ、CODのフラッシュロッドホルダーは真円ではないんです。入り口付近が楕円形なんですね。このままではフラッシュロッドホルダーを差し込むことはできないのです。

そこでヤスリ登場!!

作業効率を考えると、電動ヤスリでもいいと思います。ただ、カヤックは非常に削れやすい素材なので、手削りでもいけます。ホエールは微調整が効く手削り派です。

ちょうどウレタンのフォームが下穴サイズの目安になるので、楕円形になるようにヤスリで削っていきます。

フラッシュロッドホルダーのサイズと比較してあまりにも下穴が大きくなってしまうと浸水の原因となりやすくなってしまいますので、この作業は注意しながら、なるべくぴったりにいくように慎重にいきます。

途中途中で、フラッシュロッドホルダー本体を差し込んでたしかめながらいくといいと思います。

この状態ではまだ穴が小さい、もうちょっと穴を広げないといけませんね

そんなこんなで、フォームの下穴の少し内側ぐらいでちょうどピッタリサイズになりました。

実際にロッドも挿して最終的に角度確認、いい感じ!

穴が空いたら、削りカスを綺麗にクリーニングして、いよいよ固定に入っていきます。

インパクトやドリルドライバーに5mmのドリルビットをセット、リベットもこの段階で用意しておきます

一箇所穴を空けたらリベットを差し込んで、位置をズレないようにしながら……

全部穴を開けていきます

4点全部、5mmの穴が開きました
(リベットは仮に挿しているだけです)

ここまできたら、フラッシュロッドホルダーとリベットを一度取り去って、再び削りカスをクリーニングして、コーキングに入ります。

フラッシュロッドホルダーはかなり大きな下穴が開いた状態になりますので、しっかりとコーキングしておいた方が良いです。

シリコンコーキングを塗り塗り!!

フラッシュロッドホルダー本体側にもベットリといっときましょう!

再び、フラッシュロッドホルダーを差し込み、リベットも差し込みます

最後に登場するのがこのハンドリベッター
この工具がないとリベットを固定できません

ハンドリベッターをリベットに挿して何回かコキコキとハンドルを握って離してを繰り返すと……

パキン!!と、リベットの棒が折れます。こうなると、裏側で三つ爪が開いて固定されているわけです

ハンドリベッターに残ったリベットの棒を一回一回抜き去りながら……

4本全部、リベットを固定していきます

固定完了!!

リベットで挟み込まれてテンションがかかることではみ出したコーキング剤をクリーニングしていきます

これで完成!!

ロッドも挿してみます。うん、パドリングにも干渉しづらい角度でいい感じではないしょうか。

今回はシートの後ろに左右1個づつのフラッシュロッドホルダー設置なので、同じ手順でもう一箇所艤装が必要です。

シート後ろ左右に計2つフラッシュロッドホルダーを打つ時に気をつけなければならないのが……

左右の角度を同一にする点!!

これが案外難しい!!

もちろん、自分の艇の場合、片方は開き気味の角度、片方は閉じ気味の角度……など、左右の角度を変えてカスタマイズしても良いと思いますが、特別な理由がなければ、やはり角度は揃えた方がカッコイイ!

ということで、ホエールは同じようなグリップ長、グリップデザインのロッドを2本用意して角度を目視で確認に使っています。いい感じなのでこれで固定!

完成!!

シート後ろのロッドホルダーはネットであったり、サブロッドであったりを挿しておくのに便利!

これからノーマル艇にCODフラッシュロッドホルダーでの艤装をご検討の方は参考にしてみていただければと思います。

kayak55.comホエールさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス