“理想”と「目標」 | J's Blog

J's Blog

慶應義塾大学トライアスロン部Team J.のブログです。

部員同士の連絡など気軽に使ってください。


テーマ:

 

 “〇”や「〇」は、作者が本来の意味だけでなく、強調したいときやその文章の中で独自の解釈をするときであり、 「注意をするように」 と高校受験の時に学んだものです。受験をしたのはいつだっけと思うぐらい昔になりました笑。が、印象に残ったものはずっと忘れずに残るんですね

 今回、担当するのは29期副将のKUSAMAです(トライスーツの背中でこの名前を見ましたら応援お願いします)。

ひと昔前の趣味は、美味しいランチ(主に焼肉ランチ)探しです。

 

                                                                   (麻布十番 kintan)

実は、自分、チームではスイム副練長とラン練長をしています()。走れない慶應、スプリットの慶應と言われることも最近ありますが逆に言えば泳げるし、自転車も漕げる。もしこれで、泳げて自転車漕げて、ランも走れたらそれはそれで学生の域を超えて、社会人やプロ、そしてアジア・世界で戦えるの「かも」しれません。。かもしれません(positiveに考えすぎたら)。

というような冗談は置いといて、そうではなく、スイムとバイク力において、ラン力が伴っていないから周囲からそういわれているのが事実です。

 

 では“今年”のインカレはどうなのか。

インカレは、1年の時から出場していて、時が経つのが早く、もう3回目の出場です。いまだに2年前のインカレは覚えていますし、時間があっという間に過ぎていきます。一説によると、人生において「トキメキ」が少ないと、時間がたつのが早く感じるらしいです()。

1年の時は60位、去年は31位と半減してきているので、今年も半減して15位以上に入りたいものです。

言葉っていうのはとても難しくて「三度目の正直」があるにもかかわらず、「二度あることは三度ある」という意味が異なるものがあります。矛盾したような言葉ですが、今回はこの2つの言葉を借りてレースをします。

 今回のレースは3回目で、

  1. いままでの失敗から、「3度目の正直」となるレースにする

  2. 半減の話が「2度起きれば、3度目も起きる」   

 ということを信じて、今できること、そしてレース当日にできる100%のパフォーマンスをします。

 

 “理想”は誰しもが思うことで、それに対し近づけるように努力し、求めます。ただ、レース前にしろどんな時でも、「調子があまりよくないとき、感覚が悪いとき、うまくいかないとき」など理想に届かない場合が、必ずどんな選手でも存在します。じゃあその時はどうするのか。

 理想の自分を想像しすぎるのを辞めて、今できる自分のMAXを考えます。そしてそれを引き出すためにどうするのか。そのためには、今の自分の状況を踏まえて、客観的に見なければいけません。それは今までの自分の限界、自分ができること、できないことの区別を確認し、今までの積み重ねを思い出しそれを生かすことが大事です。

  スポーツにおいて、一般的な体のピーク(20代前半)があるのに対し、このピークを越えても活躍できるスポーツはたくさんあります。年齢やスポーツ歴が関係してくるのはこの経験をしてきて生かすことができるということが大事だと思います。特に自転車レースやマラソンといったスポーツは若ければ若いほど有利にはたらくというようなものではないはずです。

 だからこそ、3回目のインカレと3年間トライアスロンに取り組んできた経験が今回のインカレの様々なシチュエーションで生かせるはずです。

 

 なんでこの“理想”の話をしたのかというと、「目標」とも関わってきます。”理想”と「目標」は乖離しすぎてはいけません。

 

チームのインカレでの目標は「団体入賞」

 

去年は漠然とした目標に、現実との力の差が分かっていませんでした。

 そして、去年のインカレの表彰式で拍手しかできない悔しい自分がいました。今年は、この悔しさをぶつけること、そしてチームの目標達成だけではなく、「目標」を達成した後のチームや後輩たちのその先も見通して結果を出します。

 だからこそ今回のインカレにおいて、ただの目標ではなくて「目標」となり得るのです。

 今年のインカレは今まで以上に、記憶に残りずっと忘れられないようなものにします!!

 

 

 次はラスト、29期主将の小池です。(髪色は置いといて笑、)今年の彼は半端ないです。

 

 

Team J.さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス