荒れた畑が見えるか? | チームビルディング日記

チームビルディング日記

「体験」と「対話」で組織を育てる。


テーマ:
今日、社内ミーティングで年間の目標、方針について見直す話し合いがありました。

photo:01



その中で出てきたのが「荒れた畑」の話。
「今、荒れた畑が見えて居るのだからまずそこを耕そう」
と聞いて、とてもワクワクさせられました。実現すべき姿がイメージできているからこその力強い言葉。
畑を耕すと言ってもよくある新規開拓のような話ではなくて、荒れ放題で改善できる余地がたくさんあるところを改善して行こうというような意味。

自分には見えていなかった現状と実現すべき姿が見えました。

実現すべき姿が見えている人が立ち上がって、イニシアチブをとって行くことは大切。

チームとしてはビジョンのある人がイニシアチブを取れるような環境である事は大切。

これから荒れた畑を開墾して行くのが楽しみです!

河村甚さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ