218キロ、誰かから応援され続ける | チームビルディング日記

チームビルディング日記

「体験」と「対話」で組織を育てる。

うちは青物横丁なので、第一京浜から近く、昨日は箱根駅伝を応援しに行って来ました。

ワンセグで今どの辺りを走っているかチェックしながら
「今マックの前を通り過ぎたからもうすぐだ!」

と待ち構えて20人のランナーを応援してきました。


テレビでもたくさんの人が応援しているし、沿道でもこの長い道のり、往復約218キロの沿道をほとんどずっと誰かが応援し続けている。


見方によっては「ただ走っているだけ」なのに彼等は本当にたくさんの人たちから応援されている。


でも本当に「ただ走っているだけ」の人たちだったら誰も応援してくれないはず。自分の趣味で勝手に走っている人たちはいくらだっている。でも特に応援はない。

やっていることは一見似ているけれどたくさんの人から応援され続けているか、誰からも応援されないかの違いは大きい。


応援されるチームと応援されないチームの大きな違いはやっぱりPassionが伝わって来るかどうか。

本気で、全力で、情熱が溢れて周りにまで伝染するから応援する。

メディアや関係者が盛り上げているせいもあるけれど、それはただ選手たちのPassionが多くの人に伝わりやすくするだけの役目。無いものを作っているわけじゃない。




自分はチームビルディングジャパンをもっともっと応援されるチームにして行きたい。
ただ「早いチーム」でも、ただ「強いチーム」でもなく、「応援されるチーム」を目指したい。

そのためにはそれにふさわしい自分たちでなくちゃいけない。


本気で、全力で、誠実に、世のため人のために働こう。





チームビルディング日記-ブログランキング


人気ブログランキング
に参加しています。

ぜひ今日の1クリックを!


アップ