12,000円の責任 | チームビルディング日記
新型コロナウイルスに関する情報について

チームビルディング日記

「体験」と「対話」で組織を育てる。

12,000円の定額給付金が全国民に給付されることが決まった。

「ばらまくんじゃなくてまとめて使えばもっと良い事に使えるのに!」と、非難されてとても人気のないこの取り組み。

自分は普通に考えれば反対だ。日本中から選ばれた代表が集まって、国民から集めた税金をいかに有効に世のために使うのかを考えるはずの国会が、せっかく集めた税金をまたばらまくなんて。。。

しかし、決定した今思うのは「もしかしたらこれはとても良い事なんじゃないか?」ということ。つまり、税金の使い道を国会任せにして文句ばかり言っている自分たち国民が自分の責任で税金の使い道を考えなきゃいけないという事。

12,000円は天から降ってきたお金ではなくて、自分たちの税金だ。この税金の使い道を人任せではなくて自分でしっかりと考えるというのは全国民にとって素晴らしいチャンスだ。

だから自分が政治家だったら「景気を良くするために地元のお店で12,000円使ってくださいね」なんて言わない。

「この12,000円は私たち全国民の税金です。税金の使い道をこれまでは政治家に任せっきりにしてきたのは私たちの無責任さです。だからこの12,000円の税金の使い道を私たち自身で責任を持って考えて使いましょう!」


最高のチームはきちんと全メンバーがチームのゴールを達成するための責任を負っている。
もしかしたらひとりひとりがちゃんと12,000円の使い方を考えることで日本もより良いチームになれるかもしれない。