火の国ブログ

火の国ブログ

日本競輪選手会 熊本支部のブログです!
お気軽にご覧ください~♪



次は活動の様子をアップします!






現場に移動中です。

























午前も午後も個人のお宅の荷物の運び出し等をお手伝いしました。

あの豪雨から3週間以上経過していますが
まだまだ復旧が進んでいない印象でした。

圧倒的に人手が足りてないと思いました。

35度近い炎天下の中での作業だったので
水分と塩分をこまめに補給しながらの活動でした。

現地の人に当時の貴重なお話も聞かせていただきました。


選手達の見事な捌きと体力に
「熊本支援チーム」のボランティアさんも驚いていました。笑











災害ゴミのゴミ捨て場も凄い量のゴミと、
みんながゴミを捨てに来るので大渋滞でゴミを捨てるのもひと苦労でした。







17時まで活動して解散となりました。


コロナの影響もあり県内在住者限定でのボランティア募集という事もあり、まだまだ人手が足りてないと思いました。

選手会では今後も継続してボランティア活動に参加していきたいと思います。

次回は8月7日を予定しています。


皆さん、お疲れ様でした!





こんにちは!

昨日は人吉にボランティア活動に行きました!
選手会からは西島 貢司・松尾 正人・永田 修一・森山 智徳・松川 高大・本郷 雄三の6名が参加しました。





















現地では「熊本支援チーム」という団体と合流して1日みっちり活動してきました!




























豪雨の爪痕がまだまだ生々しく残っています。

平日だった為かボランティアの数も少なかった様に思います。

TVでは伝わらないリアルな現場がそこにはありました。

写真を15枚しかアップ出来ないので
活動の様子はまたアップします!





7月16日、松岡孝高選手(98期)が寄付金を贈呈するため、KMバイオロジクス株式会社を訪問しました。KMバイオロジクスさんは科学及血清療法研究所(化血研)の製薬事業を継承し発足した会社で、ヒト・動物用のワクチン等、開発・製造・供給をしています。


寄付金を贈呈する松岡選手(左)と鈴木総務部長

新型コロナウィルスのワクチンの開発が望まれる中、懸命にワクチンの開発を進められているKMバイオロジクスさん開発費の一部として役立て下さいと松岡選手の発案で寄付金の贈呈となりました。それを受けた企画管理本部総務部長の鈴木直宏さんは「ワクチンの開発・製造には莫大な資金が必要なので非常に有難い。開発に向けて更に頑張っていきます。」とのことでした。

松岡選手は今回のコロナ渦に加え熊本南部に甚大な被害をもたらした豪雨後にもいち早く人吉市内に現地入りしてボランティア活動を行っており、ハードな練習の合間にさまざまな活動をやっている素晴らしい選手です。

松岡選手、お疲れ様でした。
松岡選手の次回出走は7月23日~25日のF1玉野ナイターです。皆さん応援して下さいね😁