朝食の風景でございます。

スービックのペニンシュラホテル内の2フロアが学校になっています

なので部屋から朝食場所まで徒歩30秒!

今日のスケジュールはこんな感じです
50分レッスンを7回
頭が麻痺しないか心配です

仕事で英語を使っていますが、メールが主体なのでこんなに話すのは
初めてでございます

マーチ先生とのレッスン風景

まずは自己紹介ですが、自己紹介は趣味でもなんでもいいので、何かしら共通点something in commonを見つけると話が弾みます。

名前以外に、何か話そうと思いまして

子供(24歳)が先月初給料をもらったので、フィリピンから帰ったらおごってくれるの。
楽しみ...と言ったところ

大きい目をくりっとさせてI'm so moved! (感動したわ!) 

そう言ってもらえて私も感動しました(T_T)

マーチさん、お子さんは?と聞いたところ男の子一人いるとのこと。年は離れていますがなんか気が合いそう。とりあえず見つけましたsomething in common

大学の専攻も英語で高校で英語を教えていたベテラン先生で。。。

教え方うまいんだわ~♪痒いところに手が届く気配りで、説明もしわかりやすい。
余分なストレスを与えずにうまくリードしてくれます。同じ語学教師(私は日本語ですが)としても参考になります。

ついでに、下の写真をみせてこの間食べた謎のフィリピン料理を聞きました。

食べ放題(298ペソ!)にあった一番向こうの黒いやつ

ねぇ、この黒はなんなの???

豚の血

ぎゃー!ごめん。ちょっとこみ上げてきた。。。



血ですか。それは食べ慣れないものなんでと言い訳をしながら

その流れから異文化な食事の話題に。。。

よくレストランに飾ってある子豚のくしざき焼き。。。あれを
どう思うか聞きたかったので。。。前置きとして

日本人は魚をそのままの姿で焼いて食べたりするから、水族館で泳ぐ魚をみて
「おいしそー」といって外国人を驚かせるんだけど。。。

ここでよくある豚の丸焼きは私達には残酷にしか見えないんだけど、フィリピン人に
とってはどうなの?

目を輝かせて、おいしそーって思うわ!生きてる子豚が歩いていてもみんな「おいしそー」って思うのよ。

なるほど。と結構キャーキャーいいながら盛り上がりました。楽しいです。

次はローウィーさんとのレッスン風景


日本のテクノロジーといえば?と言われたので

そうねぇ。海外に行くと日本のトイレがいかにハイテクかが痛感します。

やっぱりおしりは洗いたいです。ウォシュレット!

と言いましたところ

いきなりのシモネタにびびりもせず

そのおしりをあらうウォシュレットなるものは見たことも聞いたこともない」
と興味津々でしたので、絵や図を書いて説明。

下の写真はハーバーポイントという巨大なショッピングモールで、入り口出口には警備の人がいて荷物チェックがあります。セキュリティもしっかりしています。







実はスービックってそんなに広くないです。歩いていけるところに全てあります。
よくアメリカにあるような巨大なショッピングモールが2つも徒歩5分と徒歩7分のところにあります。

現地購入が好きなのであえて日本から持ってこなかった、シャンプーやリンス、クリーム、サンダルや洋服を買いました。

冷房の聞いたところできれいなショップでお得な価格のショッピングは
なんでしょうか、狩猟時代の動物的な感覚がよみがえるのでしょうか。時間を忘れて
しまいますね。

スーパーも入ってます。これが楽しみの1つだった南国フルーツ。

マンゴーやパパイヤなどを購入。熟れてるです。マンゴーなんか、手で皮が綺麗にむけます。

ついている晩御飯をキャンセルしまして、明日帰国する高校三年生とその子が「気になる」というイタリアン。生なスービックお役立ち情報を聞きました。

スービックエリアはゲートで仕切られていて他の地区とは一線を画している特別な地域で、トライシクルやジプニーなども立ち入りが禁止されています。

十数年前まで米軍が占領していたところなので、道路も広くてですね、スービックエリアに
いる限り治安は東京と同じでなんかアジア人の多いアメリカのリゾート地にいるような気分です。

マニラはかなり物騒ということなのでスービックは特別なんですね。

こちらは学校裏のプール横のバーです。一度ここで(も)飲んでみよう




AD