自分責めや have to 停止は、心折れない根性をみせるとこ! | 絶対にあきらめたくない! 自分で人生を動かしている感覚を手に入れる思考変換メソッド

絶対にあきらめたくない! 自分で人生を動かしている感覚を手に入れる思考変換メソッド

不安もネガティブも最強オーダーに変えられる!
自分を知って、本音を見つけて、願いを叶えていくメソッドです。

こんにちは、うたえみです。

 

今日は七夕ですねー!

 

七夕って。織姫さまと彦星さまに

思いを馳せるわけでもないんだけど(笑)、

ゾロ目なせいか、なんかうれしい気分。

 

そんな今晩は

わたし的大ヒットおやつ(最後の写真)を

紅茶と一緒にいただこうかな♪

 

あなたにとって七夕は、どんな日??

 

 

 

今日のテーマは

【自分責めや have to をやめるまで】
についてです。
 
・自分責めしてるかな…
・やりたいこと、やれてないのかな…
・やりたくないこと、1つやめてみたけど…
 
自分を大切にすることの中で、
自分責めをやめたり
have to をやめることは大切ですね。
 
 
とはいえ、これって、
文字にしたり、口で言うのは
一瞬で簡単だけど、
実践するとなると、結構大変だよね。
 
自分の習慣や無意識の癖を
変えるだけじゃなく、
周囲の人も巻き込む感覚になることも
あるもんね。
 
 
たとえば、
仕事が多すぎてしんどい have to を
誰かに頼むとなると、
自己中じゃないかと感じたり、
 
断られて傷つくらいなら、
やってやれなくはないから
自分でやればいいって思っちゃうしね。
 
 
なにより、
自分的に勇気を出して
頼ったり頼んだりしてみたのに、
あっさり断られることもなくはないのが
二の足を踏んじゃう原因にもなる。
 
断る・イヤな顔をされることがあっても、
それは相手の反応だから
引っ張られなくていいんだよ!って
言うのも簡単だけど、
勇気を出した分、がっかりするよね。
 
 
だからね、
一度の勇気で全部がひっくり返ると
思わない方が進みやすいよ(*^^)v
 
 
たとえば、
敵とさえ思える上司が、
急に鼻歌ふんふんしながら
アイスを買ってきてくれたとしましょう。
 
「なに?ご機嫌なの?」
「むしろ怖いわ…」って思いながらも、
アイスに罪はないから食べるわよ…
みたいなことになるよね。
 
 
これが一度っきりだと、
「なんだ、昨日のは、まぐれか」
「今日は元通りなのかよ」ってなる。
 
でも、
鼻歌ふんふんが3日続き、
一週間続き、一ヶ月続くと、
 
「そういう人だったのかも?」
「今までは家庭で何かあったのか??」
 
みたいな感じに、
[いいところはあったんだろうな]って
受け取り方になってくるよね。
 
 
つまり、
一度の勇気や変化では、
自分にも周囲にも
馴染まないままで終わっちゃうってこと。
 
 
だから、
自分にとって当然のこととなるまで、 
自分責めは
【気づいたらストップ】し続けるのが大切で、
have to は少しずつ下ろし続けることが大切。
 
 
周囲の反応にブレても全然OK!!
 
 
自分だって自分責めをやめること、
今まで頑張り続けてきたことを
やめていくことに慣れてないんだから、
 
大げさに言うと、
「私にとって have to は止めるものだぜ!」
くらいになるまでは
 
相手の反応も良かったり悪かったり、
ブレるのは当たり前だ!と捉えて
ブレながら進んでいけばOKなんだよね。
 
 
一度や二度のストップで
毎日何時間もやってきた自分責めが
止められると思わずに、
 
一日何度か止めるのを続けていけば、
実は着実に自分軸構築にも繋がって
一石二鳥なんだ!と考えて
少しずつ積み重ねていこう!!
 
 
いつもあなたを応援しております☆
 
 
 

 

 

 

ちょっと前にMAIKOさんが送ってくれた

お菓子たちの中に入っていた、

大人なレモンケーキ。

 

私、レモンケーキ大好きで(また黄色いお菓子)

いろんなのを食べてるわりに

リピートするものもなかったんだけど、

これ、本当においしくて♡

 

それを伝えたら、すぐに送ってくれたの!

(大感動の激写)

この気持ちがうれしいよねー!!

 

実はね…別の方も送ってくれてて、

間もなく受け取るんだ♪

なので、私はしばらくの間、

一日一個食べられるという贅沢を

味わえるのだ(*^^)v

 

 


ランキング参加しています。
ポチしていただけたら、うれしいです♪

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ   

 

 

 

初回限定体験セッション
対面は女性限定です。
遠方の方はzoomでお受けしています。
 

・ぐるぐる思考をストップ!
・あなたが気づけていない本音が見つかる
・叶うオーダーの共通ポイント
・思い込みがさくっと外れる

・思いつかなかったオーダーが出せる

 

まずは体験セッションで、

「オーダーを出すって、こういうことか!」

「妥協しないって、これなんだ!」を

体感していきましょう♪