水と光のインスタレーション | 勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
2018-07-28 23:07:23

水と光のインスタレーション

テーマ:会社のこと
 
7/27・28の内川十楽の市と内川万灯に、
ささやかに便乗して開催した「水と光のインスタレーション」。


内川沿いを少しでも長くそして楽しく散策していただきたい!
という思いで開催した自主企画でした。

事業所や民家、建設中の小さな空間を利用した
ささやかな光の展示は全部で4か所。


(1) ゲストハウス予定地のファサード=漁師の家のおも影
(2)ma.ba.lab.の交流サロン=奈呉町ヒストリー紙芝居
(3) ma.ba.lab.の細長い通路=光の路地
(4) 四十物町に建設中のブリッジバー予定地=小さな影絵バー

(2)以外の3か所は、照明デザイナーのYくん監修による展示。

忙しいのに無理やり富山に来てくれたり

ぎりぎりまで調整してくれて、ほんとに感謝!

「奈呉町ヒストリー紙芝居」は、
近隣のみなさまや新湊博物館、富山県映像センターのご協力で集まった古い写真や動画、
2016年の事務所移転から弊社で撮りためた奈呉町の風景写真などを組み合わせた、紙芝居仕立てのものを上映。

 

 


(1)と(3)は、並んでおりました。
(1)は、ほとんどただ民家に光がついてるみたいな感じ。

 でも、ずっとたたずんでいると、ボワーッ…ボワーッ…と、光がゆらめくのがわかったはず。


(2)奈呉町ヒストリー紙芝居、撮るの忘れちゃいましたが、

 来られた地元の方々はけっこう懐かしがっていらっしゃいました。
 

(3)光の路地は、5色のライトを重ねた空間に。
 子供たちが「不気味ー」と言って通っていきました(汗)。
 



(4)小さな影絵バーは、けっこう人気でした。
 ほんの短い影絵の動画なんだけど、
 激しくシェーカーを振るスティーブンさんに、
 「中毒性」を感じた方もいらっしゃったようで(笑)。
 
…今回は、ほんのひそやかな展示でしたが、
人が入れない場所でも、窓枠ひとつだけでも、
こういう演出ができることを知っていただけたらと思って、企画しました。
 
来年はぜひ、仲間が増えるといいなー。
光の通路はもっと不気味じゃない色に変えたいなー。
 
いらしてくださったみなさま、ありがとうございました!
 

 

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]