2015-04-02 16:18:25

スタッフ募集してます、その2。

テーマ:日々のできごと

新年度。
前回、WEBに募集を出したのは2013年のことでした。

そこから、すこしだけ仲間が増えて、
現在ワールドリー・デザインは3名でやっております。

起業して右も左もわからないまま、
一緒にやりたい!と応募してきてくださった方々には、
本当に感謝しておりますし、

先も見えない小さな会社に身を委ねてくれているスタッフには、
現在もほんっとーに感謝しています。

おかげさまで、
パンフレットや冊子をはじめ、
情報発信ツールの制作が増えてきました。

実は、今年の秋以降、
大好きな内川沿いへの事務所の移転(空き家、リノベします)を予定しており、
グラフィックデザイン寄りだった今までの方向から、
もう少し地域のプロジェクトとかしくみのデザインに
重点を置いていきたいと思っております。
(もともと、私、そっちが専門なんで…)

そのためには、
制作チームの拡充が必須と考えました。

パソコン スタッフ募集します│Worldly Design

小さな会社なので、
制作できる人が営業をするというスタイルを、
貫きたいと思います。

会社にこもって、制作だけはさせません。
なるべく、人にまみれてもらいます。

なぜなら、よいデザインは、
外との関わりという実体験によって、
磨かれていくと感じているからです。

前回のときも書きましたが
重要なのは「工夫」できるということ。

見えない思いをカタチにするお仕事は、
見えるようにするまでに時間がかかりますし、
見えているのはほんの一部です。

そして、一人の力だけでは、
カタチにすることができません。

だからこそ、
様々な人とコミュニケーションできる力は大切です。
…でも「話すの得意です!」っていう人は信頼しません。
…というか、仕事のなかで磨いていけばよい話なので、
ここにはこだわりません。


むしろ、何も言わずに
全ての人の話をズブズブと自分の体の中に浸透させて、
ちゃんと考えて、いっぱい悩んで、
たくさん試行錯誤した上でカタチにできるだけの
辛抱強さ、粘り強さを求めます。


あと、
「この1年で読んだ本、10冊ないわ~」とかいう人は、
そもそも難しいと思います。

デザインもまちづくりも、
たくさんのステークホルダーの意見を聞かねばなりません。

だから、興味のないことにも言及されるでしょうし、
話を理解するために急激に勉強しなきゃいけないことも多い。

そういう意味で、読書量のそもそも少ない方は、
早晩辛くなると思われます。


なんだか、
上から目線な感じで申し訳ありませんが、
一緒によいデザインをしていける仲間、
お待ちしております。

新卒でも、中途でもOKですし、
フルタイムが難しい場合は、パートでのご相談もOKです。

みなさまのご応募、お待ちしております!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク