2015-03-16 23:46:00

言い訳がまかり通る本

テーマ:日々のできごと

【相方Fから】線香は父に、香典は母に、酒は私に(笑)。

さかのぼってます。
3月16日は、富山市内でお仕事。

今日はしめきり様がいらっしゃらないので、
itona方面のことに着手する。


パソコン itona┃富山に生きる女子たちが、自ら綴る。

新幹線開業前に4号を出すぞ!!って息巻いていたのに、
新幹線が来てから「そろそろ本腰を…」って言ってるこのゆるさを、
ほんとーに情けなく思います。

それでも待っていてくださる方がいらっしゃることは、
もったいないくらい最高に有り難いこと。
まさに富山弁で「気の毒な~」と言いたいところです。

itonaは、私含め全てのメンバーが、
“本業の合間”に取り組んでできているものなので、
どうしても、いろんな都合で遅くなる。

仕事が忙しい。
子育て真っ最中。
家庭の事情で。
いろいろモメ事があって。
なんだかごたごたしていて。
ちょっと落ち込んでて。…などなど、

“本業だったらそれは言い訳にもならないぜ!”という理由が、
まかり通るところが、私は実は気に入っているのです。

なぜなら、彼女たちは、
本業や、めざす道に、人一倍打ち込んでおられるから。
「この日までに!」って言ったら、
どんなことがあっても約束守る人ばかりなんだ、ほんとは。

だから、全ては私の催促が足りないということに尽きる。

書いてくれてるみなさんが、
「おくれてごめんなさい」って提出してくださるけど、
ほんとは矢のように催促すべきなんだ、私が。

普通の出版物なら発売日が決まってるから、
催促にかけるエネルギーってけっこうあるんだけど、
私はitonaに関して、催促したくないと思っている。

毎日、しめきり様の絶対的存在を
思い知りながら仕事している反動なのかもしれない。

…で、超理想的なのが、
みんなのタイミングが、絶妙にあったときに、
早くもなく遅くもなく出す!
…みたいなことができること。

…すごいヌルいことを言ってますよね(笑)。

プロの方からすると、
“そんなものは出す価値すらない”って言われるかもしれない。

そういう牛歩なところも、
なんか独特の雰囲気を出すのに一役買ってるんじゃないか?
…と、思いたい。

…けど、単なる言い訳だよね(笑)。

そんな言い訳してないで、
とっとと取りかかれですよね(汗)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク