2014-12-02 23:02:07

エキジョシックとやま

テーマ:日々のできごと

【駅女子ックとやま・キックオフミーティング】

さかのぼってます。
12月2日は、富山市内で「駅女子ックとやま」のキックオフミーティング。

3月14日に北陸新幹線開業とともに、JR北陸本線の在来線が「あいの風とやま鉄道株式会社」として民営化されます
富山の東西を、富山湾に沿いながら横断している19駅の周辺の見所やおすすめルートを紹介するぷち旅ガイドブックを、制作させていただくことになった、わが社。

在来線の魅力を、再度見直し、発信するわけですが、
ただ周辺の情報を集めてガイドブックにしても面白くないですよね。

だから、各駅に【駅女子】を任命し、
彼女たちの目線で、
駅やまちを“シック”(上品に、あか抜けて、おしゃれにという意味)に
探訪していただくことにしました。

【駅】+【女子】+【シック】で【駅女子ック】。

パソコン 駅女子ック・とやま(facebook)

もちろん、各市町村や観光協会さん、観光ボランティアさんなど、
地元に詳しい方々にもご協力をいただく予定ですが、
駅やまちへのとっかかりとしての役割や、魅力を発信する役割を、
駅女子に担っていただきたいと思い、
「この方なら!」という方々にお願いしました。


【駅女子ックとやま・キックオフミーティング】

キーワードは「温故知新」。
富山や高岡などの主要な駅とは違って
各駅停車の駅って、大人になるとほとんど利用しません。
でも、実はこういう
「住んでるのに行ってない」「知ってるつもりで体験していない」ところやものにこそ、
地域の宝はザクザク眠っていたりするのです。

また、こういう冊子づくりはすごくエネルギーもお金もかかる分、
こっそりやるのが本当にもったいないと思っています。

つくっている途中や前段階から多くの人を巻き込んだほうが、
メディアとしての効果も期待できますし、
参加する人たちの化学反応で新たな展開が期待できますし、
何より内容そのものが充実します。

わが社がよく冊子づくりをさせていただいているのは、
「編集」が好きだからというだけじゃなくて、
まさにこの「まちづくりへの参加のデザイン」をするため。
会社HPのトップにも書いてありますが
「もっとたくさんの人を当事者に」するためです。


【駅女子ックとやま・キックオフミーティング】

急きょ決まったミーティングでしたから、
みなさんかなりムリをして集まってくださいました。
残念ながら都合が合わなかった女子もいましたが、
それでも集まってみると、ほんとに多彩なメンバーばかり。
アナウンサーもいるし、お菓子づくり職人もいるし、イラストレーターもいるし…。
自分たちの特技を持ち寄るだけで、かなり魅力的なイベントができちゃうメンバーだな~と改めて思いましたね。

…そんなわけで、駅女子オリジナルの感性で、
“あいの風”線の魅力を発掘・発信していきたいと思いますので、
ぜひぜひご注目を!!

来年の3月14日には、在来線の各駅などでGETできるはずです!
楽しんで、丁寧につくりたいと思います!

準備がんばってくれたKさん、Mちゃん、おつかれさま!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク