2013-03-15 11:13:45

幸せな時間

テーマ:日々のできごと
勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【内川沿い】

こんにちは!
今日のお天気、サイコウです。

こういう日は、まったりカフェかゆっくりお散歩したいとこです。

さらに、
昨日、たくさんのしめきり様を送り出したので、
今日は、なんと、ひとりもしめきり様がいらっしゃらない日!

気持ちの余裕が違います。

●itona、絶賛編集中!

こんな日は、
が、内川のカフェに…
…ではなくて、すごく遅れている「itona」の作業にかかっております。

パソコン itona |富山に生きる女子たちが、自ら綴る情報誌

牛歩で編集しておりますが、
第二号は、第一号にも増して、内容が充実しています。

「itona」女子たちの表現レベルも上がっているし、
編集していて、ほんとに楽しい♪

どの女子も、毎日一生懸命お仕事して、
精いっぱい富山の暮らしを楽しんでる…。

そんな様子を、誰よりも早く見ることのできる私。

ああ、このわくわく感をはやくみなさんにお伝えしたい…。

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【先日の、秘密の試食会】今回の内容と関係ないですけど、真ん中は、南砺のアイドル・ゆうこ先生

普通の読み物なら、ページ割を決めて、
レイアウトを決めて、原稿を書くことが多いと思いますが、
「itona」は、まったくその逆。

女子たちがそれぞれの思うままに書きたいことを書いてくれる。
そして英訳、編集、レイアウトとなります。

人によって分量も見せ方も、変えている。
…というか、変わってしまうんですね。

結局は、写真と文章を配置するっちゅう話なんですが、

それぞれの女子が持っている空気感や存在感も表現したいし、
書くテーマによっては前回とは見せ方を大きく変えたい場合もある。

ひとりひとりから来た写真や原稿を合わせる作業は、
その人と「対話」している時間だと思うのです。

その人の新たな魅力に気づいて、
もっともっと理解したくなるし、
もっともっと好きになる時間。

「itona」の編集作業はボリューム満点ですが、
本当に幸せな時間だと思います。

…できれば、もっと時間をかけたい。

…と言ってたらいつまでたってもできないので、
ある程度で切り上げるわけですが、

こうやって「itona」に参加してくれている女子たちに、
精いっぱいの気持ちを伝えたくて、
一生懸命レイアウトをしておりますよ。

ありがとう、「itona」女子。

ささ。やろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク