クリスマスに必ず思い出す話 | 勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
2010-12-25 11:19:32

クリスマスに必ず思い出す話

テーマ:日々のできごと
とやま・定住コンシェルジュのBlog
【中央通りにて】米三前の前のめりのサンタ

富山さま(もし富山をつかさどる神々がいた場合は、こう呼ぶのだろうか)のおかげで、たくさんの雪が降ってくれた翌朝。

積もったばかりの真っ白なわたの上に、さらにひらひらと雪が。
…こうやって確実に積もっていくのね…。

●Yes, Virginia!(イエス、バージニア)

クリスマスというと、私の大好きな宮森さんから教えていただいた、8歳の女の子のお話を、思い出さずにはいられません。

初積雪の写真とともに、お届けします。

$とやま・定住コンシェルジュのBlog
【しんしん】

今から100年以上も前の話です。
…その女の子はヴァージニアと言いました。

お友達との会話の中で「サンタさんなんて本当はいない」という話になり、ショックを受けた彼女は、家族にも相談し、地元新聞社に手紙を書くことにしたのです。

そして、1897年9月21日、ニューヨークの「ザ・サン誌」の社説に、
このヴァージニアへ…いえ、サンタを知る人間すべてへといってもいいかも。
…そんな素敵な答えが掲載されたのです。

とやま・定住コンシェルジュのBlog
【お庭】ふわふわ階段

その社説の一文には、こんな言葉がかかれています。

“Yes, Virginia…”(イエス!ヴァージニア!)

…ヴァージニア、サンタさんはいるよ!…と。

とやま・定住コンシェルジュのBlog
【お庭】ふわふわ屋根

…あまりにも素晴らしい社説なので、読むたびに目がしらが熱くなります。

そのままの文章&訳を読んでいただいた方がいいので、内容はここに書きません。

以下のサイトや検索で、ぜひ調べてみてください。
 →サンタさんっているんですか
 →サンタクロースは実在するのか

とやま・定住コンシェルジュのBlog
【お庭】綿ぼうし

目に見えないから存在しないなんて、そんなわけないよ、そしたら、愛情ややさしさ…目に見えないステキなことも全部ナシになっちゃう。…そんなわけないじゃん。むしろ、目に見えないことに本当のことが隠されているんだ…。
…というようなことを、サン新聞の記者フランシス・チャーチさんは、素晴らしく表現されています。

…毎回、クリスマスが来るたびに、思い出すこのお話。

今朝も、世界中、たくさんのヴァージニアたちが、サンタさんからステキなプレゼントをもらったことでしょう。

サンタさんからプレゼントをもらえることって、ほんとうに愛に満ちた幸せなことなんですね…改めて。

今日は、目に見えないものを信じることができる人間に生まれたことを感謝する日。
…ありがとうサンタさん。ありがとう、バージニア。

みなさんもよいクリスマスを!

…よっしゃ、いってきます!

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]