2009-04-29 06:21:37

食事の風景

テーマ:食の思い出

先日、母と出かけた天ぷら屋さんにて。


その店は、横浜では名店として必ず名を連ねています。

サザンオールスターズ桑田さんの妻原ぼうの実家といえば、ピンとくる方も多いでしょう。

そのおいしさから、客層は老若男女を問わず、リピーター多数。

私たちも、そんなリピーターです。


料理が出るまでの間、この食いしん坊母子は、心ウキウキワクワク。

お酒を飲み、他愛のない会話をしながらも、食べる楽しみと期待で胸がいっぱい。


ふと、隣のカップルをみると…。


お互いメニューを見ながら言葉を交わし、料理を決めて注文。

その直後、双方当たり前のように携帯を取り出し、メールを始めたんです。


「えっ…?」


その雰囲気は、相手がいることを忘れたかのよう。

いきなりカーテンを引いたかのごとく、見事なまでに各自の世界に浸り、接点ゼロ。


それは、料理が出てくるまで続きました。


料理が出されると、実に自然に携帯をしまい、食事を開始。

さっきまでの赤の他人モードは消え、会話も再開。


もちろん、私も相手が母とはいえ、しゃべり続けたわけではなく、それなりの間もありました。

ただ、「間」というのは、会話と会話のつなぎのようなもので、沈黙とは異なります。


でも、お隣さんの空気は、ある意味見事というくらいな切り替えぶり。

そういう設定のドラマを見ているみたいでした。


料理への期待感とかないのかなあ…。

何気ない言葉すらないなんて…。


みんながみんなそうではないのでしょうが、なんともいえない違和感と一抹の寂しさを覚えた光景です。














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-28 01:24:51

もう一度食べたい…

テーマ:食の思い出

実家のすぐ近所に小さなケーキ屋さんがありました。


ショーケースに並んでいるのは、ごくフツーのケーキ。


ショートケーキ各種。

シュークリーム。

エクレア。

チョコレートケーキ。

ロールケーキ。

マドレーヌ。


などなど。


お店のご主人は、いかにも職人という感じの朴訥な御仁。

その人柄そのままに、どれも奇をてらわない味わい深いケーキでした。


当時は、まだまだバタークリームのケーキも多かったですね。

デコレーションケーキには、やはりバタークリームで作ったピンクのバラの花が乗ってましたっけ。


なかでも、秀逸だったのはロールケーキ。

モカロールは、何一つ凝ったところなどない素朴な作り。

でも、とにかく美味しかった!


スポンジケーキと薄く挟んだバタークリームのバランスとモカの風味が絶妙でした。

ロールケーキは、昨今ちょっとしたブームになり、それを専門にするお店もありますが、私の中ではこれに勝るものはありません。


私が、高校生になる頃、このお店はその歴史に幕を閉じました。

商売が厳しくなったところに、ご主人が身体を壊し、店をたたまざるを得なかったのです。


子供の頃から慣れ親しんだ味をもう口にできないと思うと、なんともいえない寂しさがこみ上げてきました。


日頃からケーキはほとんど口にしませんが、ロールケーキをみるたびに郷愁を覚える、懐かしい記憶です。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-03-17 03:05:45

マイカー

テーマ:ブログ

我が家のマイカー。

それは、2台の自転車。


最近みかける電動タイプではなく、自分の走力だけが頼りです(笑)。


両方とも、チェーンの部分がゴムベルトになっている変り種。

ブリヂストン社製で、同じタイプにお目にかかったことはありません。

1台目は18年近く、2台目は14年近く乗り続けています。


実は、なかなかにいいお値段です。

結婚祝いとして1台目、引越祝いに2台目をプレゼントしてもらいました。


チェーンがはずれる心配もなく、踏み込んだときの力が伝わりやすいので、走りも快適。

おまけに、タイヤを数度変えた以外は、これといったトラブルもない働き者。

丈夫で長持ち。

自分で買ったわけではないけれど、充分に元は取りました。


自転車って、適度な疾走感を覚えつつ、周囲の様子や空気を感じることができると思いませんか?


一番よく使うルートは、自分のスタジオがある根岸までの道のり。

いつも通っているけれど、空気の感触・変化や季節ごとに咲く花、緑の移ろいなど、四季のメッセージに気付かされます。


もうすぐ、一番大好きな新緑の季節がやっています。

木々が芽吹き、葉がだんだん大きくなっていく変化を感じながらペダルを漕ぐのは、とってもいい気分。


目に青葉というけれど、若い緑が目にも心にも沁み込んでくるようで、なんとも清々しく軽やかな気持ちになります。

嫌なことがあっても、癒されますね。


唯一の難点といえば、わが地元は坂が多いこと。

坂のある街は風情がありますが、自らが動力である場合(徒歩でも自転車でも)、それなりの気合が必要かと…。


スタジオからの復路は、最後に長くて急な上り坂が待ち構えており、どうがんばっても1/4が限界。

残りは、降りて自転車を引きながら登ります。

お陰で、冬場どんなに寒さに震えながら漕いてきても、ここで一気に自家発電。

サーモグラフで見たら、全身熱を発していること間違いなし。


住んでいるマンションには、電動自転車が増えてきました。

価格も以前に比べたら随分安くなり、購入しやすくなったと思います。


でもね…。


主人も私も、この優秀なママチャリを手放したくないんです。

よほど急でない限り、坂の上り下りには自分の力で対応できるし、何より愛着があるんですよねえ。


最寄り駅から家までの上り坂を登りきれなくなった時、その頃にはこの愛車たちにも寿命が訪れ、自ずと代替わりになるんじゃあないかしら?


多分、その頃には電動自転車は、もっと安くもっと機能がよくなっているに違いない。


のんべい夫婦の私たちは、晩酌にはまずビール。

だから…


音符 私待~つ~わ

   そのビール1ケース

   積んで、いつもの坂登りきれなくなるまで~  

                           












AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。