人は、一人では生きていけない。

集団がまとまって生活していくには、

「仁」という心が必要なようだ。

 

 

いくら自分自身の「運気」とやらが良くても

人間は1人で生きているわけではないから

残念にも周りの人たちが、

脳が緑➡脳が真っ赤

こんな現象に引きずり込もうとしてくれる。

だから自分を知るだけでは上手くは行かない。

ましてや、自分で学ばず

一時的な見識を受けただけでは

一体何が負のスパイラルとなっているのかが

突き止められないから

尚更「脳が真っ赤」に引きずり込まれるのだ。

 

「脳が真っ赤」な人間は「脳が緑」の人間より

仲間をつくり群れを成したがる。

理由は簡単。

人間の本性はサバイバルだからだ。

 

 

その方向性が間違っているのは

心のどこかで分かってはいるが、

サバイバル精神から

相手を傷つけて

勝ち負けをつけようとしてしまう。

 

外出自粛を言われ続け

檻の中から自由に出れない今、

サバイバル精神から破壊王となってしまう人。

何だか増殖中のような気がする。

 

 

END